【第10回MMD杯本選EX】サンダーバードごっこ全長版

「MMD杯」の「サンダーバードごっこ」にオリジナルの全長版が来ていたので。そちらも紹介しておきましょう。

「MMD杯本選」には参加投稿動画は「5分30秒以内」という大会規定があるので、長く作り過ぎちゃった動画は、編集でカットシーンも出てくるわけです。
「サンダーバードごっこ」では、1分20秒弱のエピローグシーンが本選投稿の方ではカットされていたようですが、それの復活版ですね。

【第10回MMD杯本選EX】サンダーバードごっこ全長版


ちなみに今だから白状してしまうと、子供心なりに、サンダーバードのメカは昔から好きだったけれど、じつはマリオネットのルックスや動きは「不気味に感じたり」してました(笑)。

大人になってから懐古して、「あのマリオネットも味があったよなぁ。」と思えるわけで、この辺は思い出補正という感じですかね。

サンダーバードの後継マリオネット劇に『キャプテンスカーレット』というのがあったのだけれど、こちらは、サンダーバードのマリオネットより等身の高くなったリアル志向のモデルにキャラクターはなっていました。

ひとつ前の記事で『サンダーバード秘密基地』のプラモデルについて思い出を語りましたが、サンダーバードの秘密基地に類する存在が「キャプテンスカーレットにもありました。
c0137122_4563248.jpg
それが、この空中「空母要塞」、『スペクトラム基地』でした。↑

当時やはり、プラモデルが販売されましたよ。こいつもなかなかに存在感があったけど、今見ると小降りなモデルだったんだなと意外。(子供の時はなんでも巨大に見えた。)
もっともトイとしてもサンダーバードほどのヒットにはならなかったようなのですが・・・。

こちらに紹介している作例は、これはもう「スターウォーズ」の模型クォリティの洗礼を受けた後のマニアが、昔のあのキットを今のモデラー・スキルで作って塗装すれば(模型の箱絵の配色を無視して、スターウォーズの帝国戦艦的な「白灰色」基調にまとめると)「こんな感じになるよ」という出来映えです。~、これ、もともとオリジナルの劇中プロップはこういう「白基調」の色なんですよね。


でも、ウェザリングとかが今時の解釈なわけで、当時のオリジナルの劇中版のプロップよりもリアリティのある仕上がりになっていますよ。↓
c0137122_4564363.jpg
別の模型マニア様の作例では、こんな「電飾」まで施されて・・・。格好良すぎ・・・。
c0137122_45756.jpg
本編公開当時に発売された模型も、今の職人の腕にかかると新しい命を吹き込まれます。
c0137122_457871.jpg
これはあれだわ・・・。『サンダーバード秘密基地』に続いて、『スペクトラム基地』まで、昔のあのキットが欲しくなってきますよ。もちろん、今から作るなら、こういう名人作例のような方向を目指して頑張って作るわけですよ♪(ムリっぽいかなw)

でも、結果的には視聴者の思い出や人気度は「記号的なデフォルメ」のあった『サンダーバード』の方が末永く愛され続ける事となったようです。

どのジャンルでもそうですが、エントロピーの法則で、ものごとは「複雑化」していくのが常です。

記号的でデフォルメされていた物は写実的なものになっていったりします。

でも、どこかでまた記号的なものに戻ったりするんですよね。

漫画やアニメで言えば、

日本ではリアル志向なものと、デフォルメされたものとが共存してるし、上手く住み分けをしていて、それぞれのジャンルのものが愛されています。
なにもかもが「こうでなければならない」という単一的なくくりはないわけですが。

傾向としては、萌え系の可愛いものを描く描写の背景にも、キャラクターは記号的で歓迎だけれど、舞台は「町」なら「町としてのリアリティ」のある方が、なんだか感情移入しやすくて歓迎されるようです。
無国籍的であることは強味にもなるけれど、あえて「紛うことなき日本の田園風景」や「実在する地名、特定できるロケーション。」を打ち出した方が逆説的に強味になり、日本の日常風景を紹介する事の方がむしろインターナショナルだったりすることがあります。
ちゃんと「取材された舞台」が背景に使われている作品がアニメでも多いですよね。ここしばらくのすう勢としては・・・。

この辺は作品文化的な成熟度とも言えるものなのかな。


 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2013-03-09 06:25 | アニメ | Comments(14)

Commented by ざんぶろんぞ at 2013-03-09 11:55 x
「秘密基地」と言えばもうひとつ忘れはいけないのが「マイティジャック秘密基地」ですね、ただこちらはもう一つ「味」が無かった、、ときつく書いて見ます、、もともと企画自体が「円谷でサンダーバードみたいなのを作りたい」と言うことで始められた企画で「いろんなしがらみ」で肝心の「特撮」に金が廻らなかったのも敗因だと言ってよかった作品でした、まあ当時世界で受けていた「007」と「サンダーバード」をくっつけると言う企画は面白かったんですけどね、、
まあ批判はしますが好きな作品でもあります、物語的には開き直った「戦え!マイティジャック」の方が「脚本」としては面白いのですがこちらは「本当に予算が無い」企画ですが評価としては此方のほうが面白いです、、ではあえてMMDのマイティジャックをば、、hssp://www.youtube.com/watch?v=oHoPa04DN7I
Commented by PINKNUT_INC at 2013-03-10 06:51
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ

「マイティジャック秘密基地」も今井科学の模型でありましたねぇ。
最新記事の方でサラリと触れています(笑)。
 
それにしても、ざんぶろんぞ様は国内の特撮関連の事情にひとかたならずお詳しい。
私は「マイティジャック」はウルトラマンシリーズほどしっかりは見ていなかったので、語れるほどの事がないのですが、印象に残っているのは、冨田勲氏の傑作主題歌です。
冨田さんのオーケストラスコアは、メロディラインの美しさもさることながら、前奏や間奏がいつも格好良いのですよね。「マイティジャック」のスコアも凄くスケールが大きくて格好良くて、あの音楽は大好きだなぁ。
(にしても、MMDでMJ動画があったとは知らなかったなぁw BGMがやっぱり格好良いわぁ!。)
Commented by ざんぶろんぞ at 2013-03-10 07:37 x
マイティジャックの失敗はその責任を企画者に押し付けた(あまりそのあたりは語れませんが、派閥争いですね)為に円谷の凋落の一因になります、さて「秘密基地」に話を戻しましょうか、、

この関連で行くともう一つ忘れてならないのは「謎の円盤UFO ムーンベース」でしょう、こちらはもうオリジナルの方はシャレにならない値段なので、もう手が届きません(笑)まあアオシマから再販が安く出ていますがね、、そういえば「サンダーバード秘密基地」は後に「ロボダッチ」の秘密基地に改修され一時期は入手が難しかった覚えがあります、ただ「中身が非常によく似ていた」ので暇な方々(まあ「ほぼ自分」の事ですね)が予備パーツや改造部品として購入していた覚えがあります、ムーンベースは「マッハバロン」の秘密基地に流用されていた記憶もあります。
今の個人的な「ツボ」は「figma」でして、今週だけでも「ジャンク品」も含めると10体増えてます、、いかんなあ、、(まどか関連4体、ハルヒ関連が2体、化物語が3体、FATEが1体、、どうしよう、、)
Commented by K&K at 2013-03-11 10:47 x
>ざんぶろんぞ 様
>謎の円盤UFO ムーンベース
なぜか「サンダーバード秘密基地」の名前で市販されて
いましたね。自宅に箱だけあります(中身は遠い昔に消
滅しました^^;)

>原口先生
>印象に残っているのは、冨田勲氏の傑作主題歌です。
冒頭に「事件」を匂わせる映像がさらっと流れて、1拍
置いてタイトルとこれが流れてくると、もう他の一切が
目に入りませんでした。「荘厳さ」「期待感」「高揚感
」を音にしたらこうなるんじゃないかと今でも思います
です(^_^)

MJって、しょぼい話の中にときどきとんでもない佳作
が混じっていたと記憶しています(どうしたわけか特撮
が見事な時は脚本がダメで、話が重厚な時は特撮がしょ
ぼかったような気がする。だいたい戦闘中なのになんで
皆さん背広姿なんだろ。ドーベルマン刑事が泣くぞ
^^;)。

Commented by K&K(続きを少し) at 2013-03-11 10:48 x
私が印象に残っているのは以下の2本。

①「祖国よ永遠なれ!!」
昔、友人と徹夜で酒を飲んだ時にこれを(レンタルで)
観て不覚にも号泣してしまいました。誰ひとり「悪人」
がいないのに、Qのスパイ工作で両国の歯車が狂いだし
て最終的に「犠牲」で幕を閉じる、重厚さが印象的でし
た。

②「爆破指令」
これは一にも二にも「MJ号 対 ジャンボー」に尽き
ます。万能戦艦同士の一騎打ち、今思い出しても胸躍っ
た記憶があります。ややMJ側が押され気味だったのも
うまい演出だったかと。天本英世「博士」が活躍した話
だったのも嬉しかった(^^)

位相はだいぶ異なりますが
 「らきすた★まいてぃじゃっく Ver2」
もイケます。少ないコメントが結構急所を突いてる
^^;

ともあれ、(この主題歌は)イントロが最高ですね^^
Commented by ざんぶろんぞ at 2013-03-11 11:47 x
>K&K様
「祖国は永遠なれ!!」「爆破指令」はいずれも「MJ作品」の中では佳作に当たる作品です、私も好きな作品です。
>だいたい戦闘中なのになんで皆さん背広姿なんだろ
これは「wiki」でも語られているのですが、主役の人と円谷プロの「特撮」作品に対する意見の相違が原因だと理解してください、中身はもっとドロドロしていますがね、このあたり特撮作品の偏見と言うより「映画」と「テレビ」と言うメディアの角質と言う方が近いかもしれませんが偏見はあったようですね、先ごろ亡くなられた「本郷功次郎」さんも、ガメラへの出演が決まったときに逃げてまわったけれど社長に頼み込まれて出演したという経緯を語っておりました、しかし年代が経ち多くの映画ファンがプロフィールに「ガメラ」の出演経歴を隠していたにもかかわらず本郷氏が「ガメラ」に出演していたことを覚えており、平成ガメラの製作時に再び本郷氏に出演交渉が来た時は快く引き受けられたそうです、時代は変わってゆくと言うことなんでしょう、
Commented by K&K at 2013-03-11 18:15 x
>ざんぶろんぞ様
>時代は変わってゆくと言うことなんでしょう、
これは別のブログで話題になったんですが、時代に
よって失われたものもありますね。例えば「仮面の
忍者 赤影」の『殺陣』の見事さとか(甲賀幻妖斎
:天津敏さんの存在感とか、黒童子のぶっ飛んだア
イテムも大好きでしたが^^;)、「悪魔くん」の
メフィスト(二人いらっしゃいましたね。二代目は
地獄大使の潮健児さんでしたか)の存在感とか。
あの頃は(俳優の)大部屋があった時代で、演技力
だけで魅せることのできる方が大勢おられた、と
ブログ主に教えていただいて成程、と得心しました
(^^)
Commented by PINKNUT_INC at 2013-03-12 18:02
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ
 
マジで事情通だ(笑)。
ちなみに模型の話に戻すと「ロボダッチの大島」ってのに、イマイのサンダーバード秘密基地が改修されていたというのは今回の記事を書くまで知らなかったのです。
よくまぁ、再改修して再販してくれたなと、それぞれのメーカーさんに感謝です。
 
それと私のコメントが先走りで「新しい記事」を書く前にレスをして、新しい模型関連の追加記事をあげる前に、納谷悟郎さんの訃報を知り、臨時記事を先に書いてしまいました。
 
「マイティジャック秘密基地」や「謎の円盤UFO」に関してはまたあとで軽く語ります。
 
それはそうと、「figma」はなかなかに優れたキャラクター・トイなので(大人のコレクター・ハートも鷲掴み)、もうそれはどんどんやっちゃってください!と応援せざる得ません(笑)。
Commented by PINKNUT_INC at 2013-03-12 18:08
K&K 様
いらっしゃいませ
 
これまた「マイティジャック」の内容にお詳しい。(てか、よくご記憶で・・・。私はすっかりその辺が記憶からこそげ落ちています(汗)。)
ただ、当時すでにベテランの横山まさみち先生が「マイティジャック」を漫画化(というか劇画化)されていたことの方が印象強いです。
Commented by PINKNUT_INC at 2013-03-12 18:23
ざんぶろんぞ様 & K&K 様
いらっしゃいませ(笑)
 
リアルで会えていたならお二人とは、こういう方面の四方山話で旨い酒が飲めそうだ(笑)。(~などと言いつつ、下戸な私はウーロン茶か炭酸で(笑)。)
 
こういう時代の「共有文化」って語り出したら面白いのよね。
だから、子供の時の(あるいは思春期の)思い出とか、好きだったテレビ番組や映画は、まぁ、生涯の宝物でもあるのですよね。
 
そういう意味では、受取手の思い出に長く残るようなエンタメの製作現場に関われた人たちを羨ましく思うし、当時の裏事情、大人の事情とか「じつは・・・」みたいな事もあるだろうとは勘ぐれるのと同時に、やっぱりそれはそれとして「いい仕事」なんだよねぇ、「夢売る仕事」っては思います。
 
で、今でも「模型」や「フィギュア」を買っているオモチャ好きな私がここにいるわけで・・・。
Commented by ざんぶろんぞ at 2013-03-14 22:11 x
しかしfigma増えすぎました(笑)原口様すこし引き取りませんか?
先ほどもウッカリオークションで「巨神兵」を間違えて2体買ってしまいました(笑)
明日は「ニコニコ直販」から「伊吹萃香」(再販)が到着します、本気で「どうしよう、、」って感じです、うーん困った困った、、
Commented by PINKNUT_INC at 2013-03-15 02:25
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ

いえ、だからもう「問題ない」です(笑)。
「figma」でも「ねんどろいど」でも、おおいにやって全く問題ないです!(笑)。
世の中にはそういうシリーズやジャンル縛りではなく、全てのフィギュアをなで切りするみたいにコレクションされている方もおられますから、まだまだ全然大丈夫♪
「伊吹萃香」いいですねぇ。大好きなキャラだ。東方ミュージックにおける、そのキャラクター・テーマ曲の中でも、「萃香」のテーマになってる『砕月』は大好きな曲です。
 
にしても、【 figma 巨神兵 】まで出たか・・・。すげぇな、っとに(笑)。
Commented by ざんぶろんぞ at 2013-03-15 10:07 x
遊んでみました、頭部入れ替えです(笑)一応どちらも中学生でほぼ等身が同じ(胸の無さも同じ)これに比べるとマミさんとかアイリスフィールさんは巨大です(でも設定ではアイリスさんは9歳なんんですねえ、、)
hssp://pics.livedoor.com/u/kabutoganienji/
Commented by PINKNUT_INC at 2013-03-17 03:08
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ

あはは、なるほど。
完成品フィギュアの(キャラの違うもの同士の)頭パーツの付け替えですか。
これ、どんなキャラの頭部も迎え入れてしまえる「万能ボディ」ってたまにあるようですね。
主にちょっぴりセクシーな方面のボディでそういうのがあると、色々なキャラ顔で遊びたくなりそうです(笑)。
本当は「ねんどろいど」なんか全て欲しいくらいのものですけど、それすると結構な大散財だからなぁ・・・。

<< 名優、納谷 悟朗(なや ごろう... 【第10回MMD杯本選】~『サ... >>