『アバター』(Avatar)やってたのかぁ・・・。

昨夜、テレビで『アバター』(Avatar)やってたのかぁ・・・。

うぉ~い、見損ねた~!(てか、せっかくの地デジクォリティなのに、フルでの録画しそこねたぁ・・・。)

というのも、新聞報道の偏向の仕方に閉口して、もう新聞を取っていないのよ私の家。
新聞でいちばん役に立つのは、その日のテレビ番組欄の最新性だ。

それが今はない。

そりゃ、ちゃんと昨今の地デジテレビや地デジレコーダーには番組欄をチェックしながらの予約録画機能はありますよ。
但し基本的に私の行動はアナログ派なんだよね。
何かしながら新聞の番組欄を見るってのは気楽でも、いちいちモニターのスイッチ入れてデジタルの番組欄を毎日見るのは苦痛なんですよ。

つまり、その日のテレビ番組のチェックなんてする習慣はなくなってしまっているんだ、私。

テレビ番組は月刊誌のテレビガイド的なもので大雑把にしか把握していない。だから、「新番組がもうすぐ始まるなぁ」という事以外はチェックはザルなんであります。(しかも1ヶ月先行の番組表ってば、先の予定は「未定」と言う空白欄が多いのですよ。・・・だからと言って番組欄のためにまた新聞取るのもなぁ・・・。溜まった古新聞は捨てるのも重いし・・・。)

これ、テレビ放映の映画枠もけっこう未定だったりする。

それで、知っていれば「きっと予約録画していたハズ」の今回の、『アバター』(Avatar)なんてタイトルも見逃してしまった。
月刊誌のテレビ番組雑誌では空白欄だったから。

くっそ~。

私は好きな映画だったのです。「アバター」

メーターで言えば10点満点の10に振り切れるほど気に入っているわけではないけれど、やはり面白い。

ヒロインのナヴィ族のネイティリなんて、はるか前に「ダーククリスタル」っていうマペットを使った映画があったのだけど、そのヒロイン、ゲルフリン族のキーラに感じたような色気に通じる親和感を私は覚えた。
c0137122_1659304.jpg

要するに、こういうキャラ、嫌いではないのです。
CG臭さは普通にあったけれどね。・・・人類型のCGが事程左様に難しいと言うことです。
「恐竜」や「モンスター系」などの方が、そもそも人が実物を見たことがないだけに本物っぽくは見える。
3DCGとなると、(他の映画で)ワニやヘビでさえCGはCGなんだな、とは思うもの。(もっとも、2005年製の『キングコング』のコングやT-REXは凄かったなぁ・・・。)

でも大事なのはストーリーがちゃんと盛り上がるってこと。
ツボの抑えどころは上手いよね、やっぱり。
そこが出来ているからCG臭はすぐになんら気にならなくなるし、自然描写のとある瞬間には猛烈な感動さえある。

c0137122_16595080.jpg
※このシーン(断崖絶壁と海岸線に挟まれた翼竜族もどきの飛行シーン)は、荘厳なほどの美しさでした。
 
本編そのものは先にDVDで見てたから、地デジで来れば録画する気は満々だったのに。

致し方なし。・・・orz


[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2013-01-14 17:12 | 映画 | Comments(17)

Commented by ざんぶろんぞ at 2013-01-15 10:15 x
私もそうですがこの時間帯はNHKの「ダイオウイカ」の特集を見ていました、(この時間の20世紀FOXのツイッターが面白かったです、hssps://twitter.com/20foxvideo?tw_i=290436271787102208&tw_e=screenname&tw_p=tweetembed
hssp://www.nhk.or.jp/ocean/giantcreature/
この番組は1月17日に再放送されるのでご覧ください、面白かったです。

Commented by ざんぶろんぞ at 2013-01-16 00:06 x
というわけで視聴率でも「ダイオウイカ」が「アバター」に勝ったようです(笑)「アバター」はDVDで見たばかりだったので、、、
hssp://blog.livedoor.jp/carpdon/archives/6208600.html
(念の為に)
1月17日の深夜12時25分(今様に言うと16日の24時25分)に特番の再放送がありますので気になられたらご覧ください。
Commented by PINKNUT_INC at 2013-02-07 21:07
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ
 
ご紹介いただいた、「ダイオウイカ」の特集を再放送で拝見してみました。
 
興味深い内容でしたね。
Commented by PINKNUT_INC at 2013-02-07 21:16
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ
 
ともあれ、海の中の出来事や「巨大生物」に対しての興味は、過剰なほどのイメージを喚起させてしまうので、科学的見地の価値感に認識の希薄な凡夫(私)としては、映像的にはインパクトが少なかったです(汗)。
 
撮影しようとしている研究者や機材、深海艇の方が資料価値あったかな(笑)。
 
にしても、イカの目玉が大きいというのが、露出している部分と隠れている部分との比率のイメージが「?」でした。
 
私的には他の深海魚の生態や姿の方が気になります。
Commented by ざんぶろんぞ at 2013-02-16 16:59 x
そうこうするうちに早くも「MMD10本選」が始まりましたよ、なんかあっという間ですねえ、、、
hssp://www.nicovideo.jp/tag/%E7%AC%AC10%E5%9B%9EMMD%E6%9D%AF%E6%9C%AC%E9%81%B8
Commented by PINKNUT_INC at 2013-02-22 06:50
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ
 
はい。
始まっていますね。
あれこれ見ていますが、個人的には、もう、「(全部、初音ミクの)サンダーバードごっこ」が最高です♪
Commented by ざんぶろんぞ at 2013-02-23 15:40 x
訃報です、声優の本多知恵子さんがお亡くなりになりました。
hssp://www.narinari.com/Nd/20130220635.html
ご冥福をお祈りいたします
Commented by K&K at 2013-02-24 10:23 x
原口先生
ざんぶろんぞ 様

>サンダーバードごっこ
拝見しました。凄いの一言です。
お腹がよじれる程に笑って、見終わると幸せな
「何か」が胸の奥からじわっと湧き上がってくる
ような気持ちがします。

>本多知恵子さん
49才はまだまだお若かった((;Д;)。
Commented by ざんぶろんぞ at 2013-02-24 22:46 x
昨年見つけた「深堀隆介」さんの立体アート(と言うか立体画)が面白いので紹介しておきます。
hssp://vimeo.com/32967940
公式サイト
hssp://goldfishing.info/
Commented by PINKNUT_INC at 2013-02-28 20:51
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ
 
本多知恵子さんという声優さんを実は(認識として)既知ではなかったのですが、検索してみて「重戦機エルガイム」のファンネリア・アム役とか、「機動戦士ガンダムΖΖ」のエルピー・プル、プルツー役がそうだったのかぁ、と思うと感慨深く・・・。
 
ご冥福をお祈りします。
Commented by PINKNUT_INC at 2013-02-28 20:51
K&K 様
いらっしゃいませ
 
「サンダーバードごっこ」、面白いですよねぇ!。
ただ、杯参加作品としては、応援している私たちの期待ほどには再生数がのびておらず、ちと悔しい。
十分に、ファン層のハートは鷲掴みにしているのですが、若年層にはあの凄さが浸透しにくいかも(笑)。
知らない世代が見ても面白いと思うのだけどなぁ。
(「オリジナルの"サンダーバード"との比較動画版」がこれまた余計にウケル。)
 
何かの「賞」は杯参加作品として取って欲しいなぁ、あの動画作品は。

Commented by PINKNUT_INC at 2013-02-28 20:52
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ
 
ご紹介いただいたサイトを拝見して唖然・・・。
 
「絵」なのに、なぜ、あの作業手順で「立体物に見えるの?」という感じです。
でかい金魚絵を描くパフォーマンスも凄かったなぁ。
 
アート・・・。
マジックアートですねぇ。

Commented by K&K at 2013-03-05 07:44 x
>原口先生
>知らない世代が見ても面白いと思うのだけどなぁ。
実写特撮ですけど、これよりさらに前の東宝「地球防衛軍」とか
『(想像の)おもちゃ箱 』を見ているような感覚を共有できれ
ば世代は問わないのではないか、ていう期待がかなりあります。

昔の作品でも、そのエッセンスはあちこちで見掛けますね。
「漫画版のマジンガーZ」設定をそのまま組み込んでいる
某美少女アニメ(ここで受け入れられるかどうかわからない
ので作品名は伏せておきます^^;)の視聴時には微笑が漏
れてしまいました。
Commented by K&K at 2013-03-06 15:42 x
(追加です)
ニコニコに全長版も上がっておりますね。これも良い^^
今年は日本SF作家クラブ発足50周年との事ですが、
アンダーソン作品はその時期のSFファンに与えた影響も
極大でしたね。
Commented by PINKNUT_INC at 2013-03-08 03:35
K&K 様
いらっしゃいませ
  
東宝の往年の特撮映画や、平成ゴジラのビデオやDVDは今でも時々見たりしています。
チープとなった表現でさえ(「モスラ」だったか「ラドン」だったかの町の破壊シーンで、ショーウィンドーのマネキンが吹き飛ばされているミニチュア描写で、明らかにそのまんまのバービー人形らしきものが吹き飛んでいるのには頬杖ついて見ていたあごが手からズッコケました。)でも、それはそれで楽しい(笑)。
 
そういうズッコケシーンは別としても、やはり「名作シーン」は再生産され続けていますよ。
 
それが「文化」ですね。
Commented by PINKNUT_INC at 2013-03-08 03:50
K&K 様
いらっしゃいませ
 
「サンダーバードごっこ」に関しては単独の記事を「秘密基地」絡みでUPしておきましたよ(笑)。
 
良い動画がたくさんありました。
 
拙ブログに書き込みしてくれた事もある「すこしふしぎSFシリーズ」の作者様もいい動画あげてらっしゃいましたしね。
この作者さんの"禁断の惑星【すこしふしぎSF】"は今見返しても涙腺に来ます。
Commented by K&K at 2013-03-11 17:57 x
>この作者さんの"禁断の惑星【すこしふしぎSF】"は今見返しても涙腺に来ます。
拝見しました。不覚にも涙がボロボロと....
この優しい視線はほとんど反則技です。

静かに静かに自然体に、そして淡々と受け継が
れて流れていくイメージと、いつか来る希望と
思いやりに想いを馳せる楽しみが、優しく拡散
していく感触が堪りませんです
(^_^)


たまたま、まどかの最終回を見直した後でもあっ
たもので、もう酷い顔になってたです^^;

(何のかんのでまだ劇場上映が続いているせいか、
 なかなか ソフトにならないですね。劇場版ま
 どか。リファインされ た作画とCVが、ちょ
 うど今作品のような優しい視点を 内包してい
 るので再見を心待ちにしているのですが。
 発売されたら是非御覧ください。レンタルなら
 オープニングだけで元が取れたと感じることを
 保証します^^;)

<< 魔女のひと突き(Hexensc... 300,000 HIT ! 感... >>