アニメ『STEINS;GATE』(シュタインズ・ゲート)が止まらない

アニメ『STEINS;GATE』(シュタインズ・ゲート)、もう5周目、6周目しちゃったよ・・・orz

ツンデレな2人の主役の「夫婦漫才シーン」がなんとも面白かったりします。

アニメ『まどか☆マギカ』も、かけつけ3杯したクチですが、『シュタゲ』の中毒性の凄さは(個人的に)もの凄い(笑)。

シナリオの中にちりばめられたキーワード(情報量)にも感心します。

秋葉原のマップ、町並みのリアルな描写も凄いけれど、『シュタゲ』のドラマ内に登場する名称や、それにまつわる意味の深さや関連付け・・・。

曰く、以下のキーワードの数々(ほんの一部)
※脚注の説明は一番下に註釈しています。

・タイムトラベラー"ジョン・タイター" *1
・世界線(せかいせん) *2
・IBM5100型コンピューター *3
・CERN(セルン~欧州原子核研究機構) *4
・C204型重力歪曲時間転移装置 *5
・LHC(大型ハドロン衝突型加速器) *6
・秋葉原ラジオ会館 *7

 
上記のような「素材的考証」を、原作のゲームシナリオに巧みに関連づけている大胆で整合性の見事なドラマ構成には「舌を巻く」ばかりです。
シナリオ作者、どんだけ雑学的IQが高いのかと・・・。

得てして「天才キャラ」をドラマにキャスティングした場合、作家がどんだけハッタリをかませるか、ギャグかシリアス方向に振るのかで、その作劇能力や、セリフの立て方によって説得力に雲泥の差が生まれますからねぇ。

このシナリオを構成出来るほどの作家の「才能」を評するなら、それこそが"天才的"な次元にある着想だと言わざる得ません。

勉強になる「引用」も多彩でありました。

そのひとつが、ヒロイン牧瀬紅莉栖(まきせ くりす=メインヒロイン)のセリフに登場した、ドイツの哲学者"マルティン・ハイデガー"の言葉です。

『人間は根源的に時間的存在である』~ハイデガー
と言うもの。

これはどういうことでしょう?。

この言葉を解釈するひとつの思索的な手引きがネットにあったので引用してみますね。

ハイデガーは哲学者だから、哲学的な言葉を分析するのは実は解釈多義で容易ではないのです。
で、これをタイムマシンというものがテーマアイテムになっていた『シュタゲ』に習って、これはおおいに「物理学的なテーマだろう」ということで、物理学的な見地で紐解いてみます。
(もっとも以下の論拠は、これとても思索的言葉遊びに過ぎず、「ツッコミどころは満載」な仮説でしかないのですが・・・。)

物理学では、物質が時間をかけて空間を移動するということが原則なのだそうですが。
ふむ・・・・・。

つまり、時間と距離と速度には次のような関係があると言えるわけです。

時間=距離÷速度
(速度=距離÷時間)

もしこの世に、"ある速度で空間を移動する物質"が"存在"しなければ、時間を測定することができないばかりか、時間そのものも存在しないと物理学では考えるのだそうです。

つまり、物質が存在するから時間が存在していると考えるわけですね。

なんという「卵が先かニワトリが先か」状態。

物理学に置ける宇宙論「人間原理」で言えばさらにこうなります。

その「時間」や「物質」を観測出来る存在とは、すなわち"人間"しかいません。
もとより、
「時間」という概念や計測方法を発明したのは人間だし、人間の観測があればこそ「宇宙はこうなっている」という「宇宙」の存在そのものも認識されます。

時間という概念、観測する者"人間"がいてはじめて宇宙は宇宙としてそこにある・・・。

これは『涼宮ハルヒの憂鬱』でも、古泉 一樹(こいずみ いつき)君が『人間原理』について語っています。

『人間は根源的に時間的存在である』~というのは、人間という思索する知性体とって、切り離せない【枷】(かせ)のようなものかもしれませんね。

だからこそ、その呪縛のような、「(人や事象の)存在」を形成する「時間」というものに、なんらかの作為的な干渉をする術(すべ)があるというのなら・・・、これはとてつもなく危険で魅惑的な事柄なのです。

そう、「タイムマシン」には、ロマン以上に重大な禁忌があるのです。

でも、『STEINS;GATE~シュタインズ・ゲート』というドラマの凄いところは、その"禁忌(タブー)とも言えるチカラ"を手に入れて生じた歪みや悲劇、刹那的な享楽や幻のような幸福、そして絶望・・・。

そうしたものを丁寧に描写して、真摯に踏まえながら、要するに
「タイムマシン」によって始まったドラマを
「タイムマシンの否定」で帰結させるという、

サスペンスにも似た緊迫感とテンションで描ききってみせてくれるのです。

アニメ『シュタゲ』では思索的なツールとして「タイムマシン」が使われます。

「タイムマシン」による数々の物理的な「背徳と奇蹟」を目の当たりにしながらも、そのドラマを視聴者が迎え入れて、熱いもの、温かいものさえ感じることが出来るのは、すべては例えばこうしたシーンに象徴されます。

(物語の最初期の頃に)ごく儀礼的に差し出されたヒロインの握手を求める手を主人公、岡部倫太郎は(マッドサイエンティストを自称する)"照れ"から拒否る。
c0137122_1732467.jpg
c0137122_1733976.jpg
c0137122_175219.jpg

だけれど、幾多の試練を経て、ドラマ終盤前の頃に再び差し出されたヒロイン紅莉栖(くりす)の手を岡部が握るシーンは、「時間」をテーマにしたこのドラマにおいて、裏テーマ(むしろ主題)とも言えるものをシンポライズしています。
c0137122_177653.jpg
c0137122_1771665.jpg
c0137122_1772577.jpg


"人と人の心"が触れ合い、絆を結ぶまでの物語。
~人間は量子力学が仕掛ける罠を超越できるのか?。
一人じゃダメなんだ。
人と人がいるからこその世界。
絆、結びつき。そのチカラが成し得るものこそがこのドラマには必要だったハズと気づかされる瞬間。

ここの所の紅莉栖の表情の美しさは「夫婦漫才シーン」があるからこそ、対極的に映えます。(必見シーンのひとつだと言えます(笑)。)


『シュタゲ』という作品に魅了されるのは、人の心と心の"距離や絆を近づけ結ぶ"というのがどういうことなのかを、ちゃんとなんの衒いもなく、しっかりと描いてくれているからなんですね。

時間=距離÷速度

この公式とともに人間という物質が存在するのなら、その中に「心」も数値化出来るような公式はあるのでしょうか?。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
そんなものはありませんよね。

でも、このドラマの成り立ちは、人の「心」、思惑や、願い、祈りといったものが主軸です。
「とんでもない事象やトラブルも重要なファクター」なのですけれど、それが主役ではありません。

背景や舞台の「とんでもない出来事」に身を任せつつ、視聴者は、登場人物達の心理に共感しながら「失望」と「安堵」を繰り返し、やがて「心の救済」を描ききってみせた、この極上なエンターテイメント作品を楽しめばいいのだと思います。

学べることや、勇気を貰えることもあるかもです。

そもそも、

ここにこうしている私たちは、それぞれが、どこかの『世界線』で経験した"想い"を託されながら存在している"私たち"なのかもしれませんものね。
(この2行の言葉の意味は「シュタインズ・ゲート」を視聴して頂ければ自然と分かります。)




*脚注

*1、米国の2000年当時の大手ネット掲示板に、2036年からやってきたと自称する男性が約4ヶ月間ほど当時のネラーさんたちとチャットでやりとりをした。
*2、タイムトラベラー"ジョン・タイター"が提唱した、パラレルワールドにおける「時間軸」とほぼ同義なもの。
*3、シュタゲでは「IBN5100」と改名~リアルな話では、1975年に発表販売されたIBM社初の「ポータブル・コンピュータ」。
*4、~シュタゲでは「SERN」と改名、人体実験40年以上もやっているような悪の組織になっちゃってる。
*5、"ジョン・タイター"が使用したと語ったタイムマシンの名称~シュタゲでは「FG204」型というタイムマシンも登場する。
*6、~タイムマシンの作動理論の中では欠かせない装置。小型のブラックホールを人工的に精製する。
*7、『シュタゲ』の重要な舞台のひとつとなるビル。2011年には解体されて今は(「シュタゲ」の舞台になった当時のままの姿としては)もう無い。『シュタゲ』の舞台となった事も秋葉原駅前商店街に認知されて、同ビル取り壊しの前には"阿万音鈴羽が使用したタイムマシン"がモニュメントとしてビルにめり込んだ形で実物大展示された。展示が終了したあと、ビルは予定通り解体された。・・・ラスト前の企画としては大変に粋なことである。
後に同じ跡地に「新館・秋葉原ラジオ会館」が建設されている。





[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-11-03 05:19 | アニメ | Comments(6)

Commented at 2012-11-03 14:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by PINKNUT_INC at 2012-11-04 09:01
非表示コメント(2012-11-03 14:35) 様
いらっしゃいませ
         
じつに良い作品をご紹介いただきました♪
『シュタゲ』はホントに大傑作ですよねぇ。
 
ちなみに「シュレーディンガーの猫」(量子力学)にまつわる話題は、『シュタゲ』(アニメの)本編内では言及はなかったですよね。
 
ただ、『シュタゲ』の冒頭シーンのあの「事件」に関連して「シュレ猫」理論がまさに当てはまるのかな?(笑&納得)。
  
それはそれとして、「さよなら絶望先生」で初めて「シュレーディンガーの猫」を知った人の方が多いくらいではないでしょうかね。
 
個人的には「シュレ猫」に関しては、「シュレーディンガーのぱんつ」(ネットで話題になった考察プレイ♪w。「ニコニコ動画」でも見られる♪)というオマージュ・パロディが決定打のような気がします(笑)。
 
パラレルワールドを考えると、「まどか☆マギカ」のスピンオフ作品があふれているように、すでに「シュタゲ」にも公式(?)の設定では、TVアニメでは端折られたパラレルワールドの物語があるようだし、何よりも、とりあえず『STEINS;GATE~劇場版』が楽しみですね。
Commented by ざんぶろんぞ at 2012-11-10 14:04 x
予告編来ましたよ
hssp://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=qFn4_fHCGTc
15秒なのはまだ第一弾だからでしょう、、、、
Commented by PINKNUT_INC at 2012-11-17 10:03
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ
 
『シュタゲ』劇場版がオリジナルストーリーというのが楽しみですね♪
 
既出のCDドラマ版のアニメ化でも歓迎なんですけどね。(CDドラマはコンパクトな作りだから、劇場版のプロットとしては尺足りずになるかなぁ・・・。)
~CDドラマもチェック済みだったりする私です w
Commented at 2012-11-18 01:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by PINKNUT_INC at 2012-11-29 09:30
非表示コメント(2012-11-18 01:02) 様
いらっしゃいませ
  
そうですかぁ。
まぁ、今度ご紹介いただいたタイトルも、一応記憶の端にはひっかけておこう(笑)。
 
後味の悪い作品は、よほどテーマ性に不可避の必然性がない限りは、基本、というか、大前提としてやめて欲しいですよね。
途中のハラハラドキドキ、サスペンスとかは、これはエンターテイメントなんだけれど。

<< 「コミックターミナル」、閉鎖し... 新しいメガネができた♪ >>