今 敏(こん さとし)監督のこと

アニメ監督の「今 敏(こん さとし)」さん。
 
勿論、凄い才能のアニメーターであり、アニメーション監督であったということは存じ上げていたし(アニメに専念する以前は漫画家として活躍されていた。)、まだ若くして亡くなられたという一昨年の報道があったときにはずいぶんと驚いた。(今 敏さん、享年46歳)
 
でも正直に言って、当時はそれ以上の個人的な他界された事実への追跡は行っていなかった。
 
ひょんな切っ掛けで・・・、今朝。
 
よく私のブログにコメントを書き添えてくださる方の紹介で、
(ざんぶろんぞさん有り難う。)

音楽家の平沢進さんの話となり。
そのミュージッククリップのサイトから、平沢進さんのディスコグラフィー(discography)には、けっこうアニメとの関わりもあるんだなぁ、とか思っていたところで、
  
アニメ映画「パプリカ(Paprika)」の映像に行き当たった。
   
 
Paprika パプリカ



あ、今 敏さんだ。いいなぁ、やっぱり。
萌え系や、可愛い空気感の方向のアニメもいいけれど、この動画密度や絵の技量の凄さはアーティスティックで、孤高だものなぁ。
 
平沢進さんの音楽もすごくいいし。

原作:筒井康隆さん。・・・これも大好物だぁ。

とか思って見とれていた。
 

 
そして、あらためて、「今 敏監督・・・、もういらっしゃらないんだ。」と神妙な気分になっていた。 

(※YouTubeとか見ていると、今監督のインタビュー映像には、「R.I.P Satoshi Kon」との海外の方からの書き込みも多い。~R.I.P→rest in peace(安らかに眠れ=ご冥福をお祈りします)というような意味。)

  
 
私はなんの気なしに、いままで検索をかけなかった"今 敏"さんへの検索をかけて、そのまま素直に「今 敏 オフィシャル・サイト」にアクセスした。
 
監督の自らの言葉で書かれたであろう、ブログとかホムペの過去記事にでも触れようかと思ったら・・・。
 
『さようなら (2010-8-25 14:23:50) 』
というタイトルを記事の中にみつけた。
 
「!!」
 
ちょっと、怖々クリックしてみて、そこに書かれていた今 敏監督自らの「自分の死」に対しての言葉(長い文章ですが、自らの半生を語るには明瞭にしてじつに簡潔なほどです)を拝読して、しばし絶句した。
    
いわば遺言状のようなものでもあるし、身内や関係者、知人、サイトに訪れるすべての方へのメッセージにもなっているのだけど・・・。
         
 
私は、後半、もう泣いていました。
          
 
ごめんなさい。
今頃の遅すぎた感慨で・・・。
  
「作品」は残っていくのだし、再評価され続けるだろうし、また、何か影響を受けて引き継いでくれる次の才能も芽生えることでしょう。
 
 
 
素晴らしい作品や才能は、そうして、さらに新たな「生」を得ていくのだと思います。
    
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-03-02 07:08 | Comments(4)

Commented by ざんぶろんぞ at 2012-03-02 20:58 x
なにか書くつもりでしたが、原口様に予想以上に書き込んでいただきまして、、、ありがとうございます。

いまはただ『夢みる機械』の完成を待つだけでございます、、、
Commented by PINKNUT_INC at 2012-03-03 11:59
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ
 
コメント、有り難うございます。
また、今回の記事に繋がる投稿にも感謝です。
 
『夢みる機械』、未完成の今 敏監督のアニメ作品があるそうですね。(これも映画・・・だったかな?。)
そうですね。 完成して欲しいと思います。
Commented at 2012-03-04 02:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by PINKNUT_INC at 2012-03-04 17:06
非表示コメント(2012-03-04 02:15) 様
いらっしゃいませ
 
おお、それは・・・。
またしても「修羅の道」を行きなさるか(笑)。
 
いやぁ、本当にああいう方面の作劇は、作家も楽しい作品を描く以上に消耗する覚悟が要ると思いますよ。
 
逆に、あまり同じこともやれないだろうし・・・。
 
興味津々ではありますね!。

<< 【第8回MMD杯】 表彰閉会式... Tda式ミク・アペンド! >>