"ネカマ"やっています

"ネカマ"やっています。
 
"ネカマ"というのは「インターネット上で男性が性別詐称をして、女性を演じている」とか「ネット的おかま」のことを言うのだろう。

詳しくは知らないが、そういう事なんだろうと理解している。

つまりは、「ネット・ゲーム」なんかで、自分の使うキャラクター(アバター)なんかを、『女性キャラ』に設定した場合、これも"ネカマ"ということになるようだ。
 
(※つまりは、その逆の場合もある。そっちは"ネナベ"とでも言うのかな?。)
 
アメーバピグというのがある。
 
仮想空間の町の中で"ピグ"という二等身キャラを操作して、遊ぶものだけど、詳しく知りたい人は各自で「ググれ」と申しておきましょう(笑)。
 
で、その"ピグ"なるアバター作りにおいて、最初に『性別設定』がある。
 
これは、もう「女の子」を作ることにしか私は興味がなかった(笑)。

いや、別に「男キャラ」でもいいのだが、"ピグ作成のテンプレート"の中に、私の感覚に合う男キャラのパーツがなかったのだ。
 
厳密に言えば『女の子ピグのパーツ』も、まぁ、可愛いのだが、私の欲しいパーツが無いと言えば無い。
組み合わせパターンが個人的な感想で言えば「少ない。足りない。気に入らない。」というのが正直なところ。
 
しかし、遊びはじめたら「チャット・ルーム」たる「ピグ町、ピグ広場、ピグイベント」における、他のピグさんたちとの会話や"やりとり"が面白いのである。
 
まぁ、現在は「この辺で妥協」というキャラクターが、これである。
『つくも』と名のらせている。

c0137122_16234918.jpg
♂であることはカミングアウトさせた。
c0137122_16235885.jpg
女の子ピグは男子よりも「着せ替えアイテム」が豊富で、コスプレ・デザイン的な遊びがふんだんである。(それが「楽しい」と思っている。俺って・・・(汗)。)
 
ピグ・キャラの「動き、動作、アクション(アニメーション)」が、じつに愛らしくて可愛い。
   
このヘンは、日本の漫画風土やジャパニメーションのエッセンスが感じられる。
 
ピグの取るアクション(感情表現)で「がーん(精神的なショックを受けた場合)」に額の辺りに「縦の垂れ線が出る」のは、いかにも日本の漫画的な記号である。
c0137122_16245368.jpg
c0137122_1625279.jpg
c0137122_16251094.jpg
「びっくり!」とか「プンプン怒る」とか「悩んで頭の上にモヤモヤが出る」なんてのは、漫画の効果としてよく見かける記号が、そのままピグ・アクションに使われている。
  
そうして、そういうものを操作するのに「日本の漫画やアニメーションに育てられた人たち」の感性・感覚は、じつに巧みで達者なものである。
 
ピグに命が吹き込まれている。
 
こういうツールはたぶん、もっと進化もし、リアルなキャラだって作ることが出来るのだろうが、『可愛い』ということに焦点を絞った狙いはものの見事に利用者のハートを掴んでいるのだと思う。

最近、はまっているのが「ピグの釣りゲーム・エリア」だ。
c0137122_16295822.jpg
これが、なかなかに面白い。
c0137122_1630662.jpg
自分の"ピグ"が一所懸命に釣りする姿がいいのである。
c0137122_16301517.jpg
"ピグ"の存在によって、純粋な「釣りゲー」とは一線を画している。
c0137122_16302472.jpg
はい、釣れました♪

(この「ピグ・釣りゲー」に関しては、私はまったく下手っぴである。腕の良いゲーマー気質の人が、やはりこういうのも上手い。・・・私は、これ以外にもピグ・エリアにおける他のピグ相手の「オセロ」も「神経衰弱」も「大富豪」も、どれひとつ勝てない・・・、というか『弱すぎる』(涙)。優越感を味わいたい人はピグにインして私とゲーム・イベントをすれば楽勝ですww)
  
私は「リアルな描写」も好きだし、それは自らの創作においても、絵的な事でもやれるつもりだが、一方で、『可愛い』『愛らしい』『漫画的』というのは、まことにもって、私にとっても「正義」なのである。
 
(※むしかえすが、例の「18歳未満に見える」なんたらを規制、というファッショが、日本においてのみならず、世界的にも「(日本的風土が好む)かわいい」が認知されてきた趨勢から言えば、どれほど心貧しく荒涼たるものを~偏狭思想の人々が~露呈していることか、呆れ果ててしまうばかりである。)
       
(アメーバピグの米国版「ピコ」もやっている私です。そちらの、ご紹介はまた後日に・・・。)
 
チャットの一面がある「ピグ」なので、利用者側のマナーとか、まぁ、経営側のシステム問題など、いくばくかのトラブルもつきまとうが、魅力的なサイトなのであるのは確かである。

(~なんか「病んでいる感じの"荒らしピグ"」さんに~けっこうたくさん~出会っているし、私もまた、私自身の不徳の致すところで、チャット故の「言葉の足り無さや、肉声なら伝わるはずのニュアンスが伝わっていない事で」予期せぬ事で、チャット相手に誤解されたり、傷付けてしまったりすることもあるようで、あとで平謝りになることが1~2度あった。いや、表面化しなかっただけで失礼はいくらでも"やらかしている"可能性はある。・・・逆に、こちらが"内心傷付いている場面"は実は多い(笑)。そういう所を覚悟して行けば、チャット・ルームも、面白いフィールドなのです。)
 
ピグをやっている方、これから「やってみよう」という方、どうぞ私に会いに来てください。
 
検索方法はあるので、探せば(私のピグが)見つかるかもしれません。
 
ピグにおける"つくも"の部屋です。(チャイナ服のコスプレも出来ます)
c0137122_1642313.jpg
メイド服姿で観葉植物のお世話♪
c0137122_16421159.jpg
お風呂もあります。「まったりと」浸かれます♪♪
c0137122_16421949.jpg
こういう、部屋の構成・内装作りもピグの醍醐味です。
ピグを操作している皆さん、ひとつとして「同じ部屋はありません」。皆さん、独創的です。
 
 
もっとも、"ネカマ"ですので混乱しないようにww
(性別のカミングアウトはしてますけどね)

私の言動は良識的です。(時々、おかしなノリにはなります。"ネカマ"なので。)

ただ、チャットの世界、仲良くなってくると深夜あたり、「ソフト・エロ」な会話も多い事に感心しています(笑)。
(そういう時は、私も率先して”H”ですw)
 
深夜族は皆さん「大人」ですから。
 
~つまり、基本的に、ピグの私には「深夜から明け方に」しか会えないという事ですね。        
   
ピグ設定の"つくも"は、21歳~23歳の女性で動いていますから宜しく♪

「野暮な事はピグの付き合いでは言わない」というのが、暗黙のルールでもあります。
 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2010-06-27 17:03 | Comments(18)

Commented by cyah at 2010-06-28 08:55 x
2アカウント使って、男女両刀使いの方を知っているので、今さらネカマ程度では驚きませんが。
私がやっていた頃はチャット苦手なので、ひたすら走り回っておりました。
Commented at 2010-06-28 08:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ざんぶろんぞ at 2010-06-28 13:20 x
汀様のご様子は見ておりました、楽しそうで何よりでした、実際自分も「ゲーム」等では「反対の性別の主人公」を使ったりしますので違和感はありません(自分の場合ですが、まあないものねだりですし)、それに良く考えれば「PINKNUT_INC 」様のキャラクターもある意味で「ピグ」と同じではありませんか。
Commented by sarukani at 2010-06-28 22:42 x
可愛いキャラを楽しまれて何よりです。
自分もTRPGでは半々(毎度ダイスで決めてます)で。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-06-29 10:16
cyah 様
いらっしゃいませ♪

cyahさん、ピグは私の先輩ですよね(笑)
今はおやりになっていないとのことで、それでも、ピグサイトにはcyahさんの残滓がございまして、プレイ初期の頃の私は、cyahさんの(ピグの)お部屋に何度も通わせていただきました(笑)。
 
お部屋とか調度とかを参考にさせていただいたのですよ。
 
チャットは、・・・私はキーボードのブラインドタッチも出来ないので、非常にとろいのですが、それでも果敢に「会話」しています(笑)。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-06-29 10:16
非表示コメント(2010-06-28 08:57) 様
いらっしゃいませ♪

ネットゲームはやったことがないのですが、ピグは「ネトゲ」の一面もありますね。
 
実際、ログインされてる人たちの行動様式を観察する限り、「通り過ぎる~ふらりと来て、すぐに立ち去る」タイプと、「対人関係やコミュニティを作って定着する」タイプとが、おおまかにあるようです。
 
当然、卒業していく世界なんですけどね。
      
でも、なかなかに大きな収益もあげている看過できないマーケットですねぇ。何がプレイヤーにうけるのかという、そっち目線でも見てしまいます。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-06-29 10:16
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪

ず~っと、初期の頃から(早々に)コメントをいただいておりましたね(笑)。有り難うございます。
ピグの世界観は「仮想現実」という言い方よりも、漫画やアニメの世界観とも重なる部分はありますね。
 
ゲームでなくても、現世の自分ではなり得ない「もうひとつの性別」を垣間見たいのは共通です。
 
絵を描いたり、作劇する動機も、そんなところにありますし。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-06-29 10:17
sarukani 様
いらっしゃいませ♪
 
人との絡みが「最初の怖さ」から「愉悦感になる」ターニングポイントがありますね。チャットは。
 
同時にじつは"トラブルのタネ"も付きまとっています。対人関係のことですから。 
 
さて、今の「可愛い」も楽しいのですが、それプラス、フィクションの漫画とかの設定・発想のユニークさを取り込んだ、もっとユニークなフィールドを作ったらさらに面白いのではないか?、とも思いますね、ピグ。
 
TTRPGの世界観なんか、取り込んだら面白いかも。
 
すごくマニアックにはなりますけどね。
Commented by ざんぶろんぞ at 2010-07-03 14:01 x
さて先日映画「鈴宮ハルヒの消失」に行って参りました、感想は「凄くよかった!」でありました、まだ行かれてない方は是非映画館で見てください(可能な限りですが)、「宇宙ショーにようこそ」も良かったです、さあみんな」「映画館」に行って下さい、この二作は特にそう感じましたよ。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-07-05 14:05
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪
 
そうですかぁ~♪
『名作』という評価は、ウエブの感想欄からでも各所で見かけましたが、それは期待大きいです♪。
 
「映画館」・・・、長らく行ってないなぁ・・・。昨年の「新型インフルエンザ」騒ぎから、なおさら遠のいた(笑)。
うん。劇場で見るのが素敵なのは、よく理解しているつもりなんですよ。
 
グズグズしてたら、DVDになるんだろうね。(もうなってる?なってない?。)
Commented at 2010-07-05 16:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 間地出 外吉 at 2010-07-05 23:57 x
更新が無いと思ってたら、こちらにおられたのですね。
先生、ツィッターにもお越し下さい。
速攻でフォローさせていただきます。
Commented by よろづ屋TOM at 2010-07-10 14:02 x
先生!復活されてたんですね〜。私このひと月ばかりネット鎖国状態にありましたんで、存じませんで。
実は私も立派なネカマです。てか、ネトゲの世界では完全に20代の女性です。
考えようによっては立派な変態さんですが、バーチャルの中は脳の中。むしろ、自分の作品のキャラクターになりきって様々な行動パターンの実験をやりました。

不思議な体験でしたねー。もてましてね、不思議と。この歳になると行動パターンや口調などから相手の年齢って結構推察できますでしょ。
いわゆる“中供”の少年にやたらもてて、ナンパされまくるのです。別におねーさまキャラやってたわけではないんですが。
もっとバーチャルが進化すると『.hack』の世界は当たり前になるでしょうね。問題はMacではダメ…ってとこなんですが。
Commented by ざんぶろんぞ at 2010-07-15 16:10 x
関連性の無いコメントですが、昨日は「アンヌの日」だったそうです、ひしみゆり子さんがオーディションで役を射止めた日だということでした、と言う事は「友里アンヌ隊員」の誕生日と言う事らしいです。
詳細は「あれから40年・・アンヌのひとりごと」を参照
hssp://blog.goo.ne.jp/anneinfi?sess=1ab0be0c99e506719ee196f15730eb49
Commented by PINKNUT_INC at 2010-07-16 03:55
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪
 
ご報告サンクスです。
 
ご紹介サイトとか、折に触れてチェックしてみますね♪
Commented by PINKNUT_INC at 2010-07-16 03:55
間地出 外吉 様
いらっしゃいませ♪

はい。
メイン・ブログの更新を怠りがちで申し訳ないです。
アメーバの方も、気が向いたら覗いてみてください。
ピグに興味のない人には「?」な記述も多いですが(笑)。
 
ツィッターは、正直、私はあまり使っていませんねぇ。

誰かが言ってたけど、言葉が「大海に投げた小石」みたいな感じで、すぐに過去に押し流されるし・・・。
 
自分の「つぶやき」は、不毛感があります。
 
それ言いだしたら、こんなブログも同様なんだけれど、こちらはまだ、文字制限もなければ、自分の「日記」として「記事」として、あとで読み返してみるのも一興ですし。
(それを言うなら、ツィッターもそうか。言葉が精錬されている分、スマートかな?。・・・ケータイ人間で出先からもこまめに投稿する人にはうってつけのツールかもね。)
Commented by PINKNUT_INC at 2010-07-16 05:06
よろづ屋TOM 様
いらっしゃいませ♪
 
ども♪
 
ネカマは市民権を得ている?と思いますが、テレビゲーム系でも、私は「攻撃力に勝るから」という点で男性キャラを育てますが、キャラデザインがいい場合は「女性キャラ」の方を大事にしてましたね(笑)。
 
アバターも、そういう感覚です。
 
チャット要素が加味されるネットは、なんかプレイヤーの個性が良くも悪くものっかってきます。
演じていても、相手プレイヤーと長く会話なんかしてると「ボロ」はお互いに出てきますね(笑)。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-07-16 05:07
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪
 
これまた貴重なサイト紹介を有り難うございます。
 
覗いてみますね♪

<< マグカップ♪ 自分の感性ぐらい自分で守れ >>