「非実在青少年規制法」について/現時点

「非実在青少年規制法」について、一応、ここで今回の「まとめ」的なことを。
 
私の、個人的な所感や、これまでの流れは、以下の当ブログ記事辺りをご参照下さい。
 
☆黙って眺めていてはいけない!。
☆都条例「非実在青少年」規制問題に行動を起こそう。
☆それだけはイヤだから。
☆それだけはイヤだから 2
  
そして、「都条令、議会採決の方向はどうなった?」に関しては、

ここは、私も大変に参考にさせていただいた、「編集家・竹熊健太郎」様のサイトをリンクさせていただきます。
 
◆たけくまメモ /慌ただしい3月。最近の俺。
 
さて、

もうマスコミへの調整(操作)が始まっています。
 
「非実在青少年規制」
    ↑
この言葉が、今回はまず一人歩きして、規制反対派がもっとも注目するところとなったので、今、マスコミやネット報道のニュアンスから、かなり意図的に「言い直し」が徹底されはじめたように感じます。

「非実在青少年」という言葉が火消しされ始めています。
 
偏向している所は、
 
「2次元児童ポルノ規制」と、完全に"露骨な印象操作"の呼称に切り替えられています。
 
あとは、(これは本来の正式な名称なのですが)
「都青少年健全育成条例改正案」という呼称だけに概ね切り替わっています。
 
今後、パブリック的には、こうした名称に切り替えられると思いますが、問題は常に中身なので、皆さん、くれぐれもご注意下さい。
         
で、
 
Twitter(ツイッター)を、議員先生方も積極的に使っておられますが。
 
某議員先生のツイッターによると、都知事に関して、
 
今回の継続審議決定後の都知事の定例会見で発言された言葉によると、
「(条例改正案を)精読していないから分からないが・・・」
「(今回の法規制条令は)幸い継続審査になったので・・・」

というようなお言葉があったご様子。
 
~明らかに条例改正案内容についてはご存じではない様子。

と紹介されています。
 
協議会の会長は石原知事なのですが?。
    
(「幸い継続審議になったので~」)とは、どういう事なのか大きく首を傾げます。
 
「幸い継続審議」になっていなければ、都知事のよくわからないものが法として決まってしまっていた、ということでしょうか?。
 
大阪府知事である橋下知事の発言も、おおいに警戒しないといけません。
「表現の自由も絶対的でない。」という、首を傾げてしまう"憲法抵触発言"
を既にされています。
 
「表現の自由」は憲法に保障された国民の権利ですよ。
     
全国は大阪府の「便乗」にも注視してください。  

さて、

"「都条例改正案」は6月の定例議会に先送りされる"だけです。
 
今般の「非実在青少年」といったようなヘタな造語が突出しないようなものに練り上げられて、やはり法として通す姿勢は堅持しています。
 
法規制反対派の目指すのは「廃案」です。

もしくは「表現の自由」とは、全く無関係な『(規制側にとっての)骨抜き法案』になるまでは、監視を続けないと危ないのです。
     
私たち(クリエイターや愛好者)は、政治的なことには普段はノン・ポリシーです。(生活信条や、自分ルールだけのポリシーくらいはあるけどね。) 
 
それくらいの方が健全だからです。
      
一方で、皆、寝ていたのに藪(やぶ)をつつかれて、火までつけかけられて、吃驚して、「やめて!」と、意思表明もし、行動もしました。
 
焚書思想や、それを肯定するような「法規制」には、身体が自然に反応しただけです。
 
それは今も続いています。
 
同時に、望まない場所に「駆り出された感」や、
「人はなぜ、呼吸をするのか?。(愚問!)」みたいな事を大まじめに答えなきゃいけないような馬鹿馬鹿しい議論に巻き込まれたようなジレンマはあります。
 
「表現の自由」を欲するのは、食う、寝る、性欲、という人間の『本能』と同義にあるような根源的なものです。
 
単に「忙しいんじゃ!」、関わっている暇もないわ、とか。
  
黙って馬鹿騒ぎを見ていたい気分です。

私の本音は。
 
その本音のままの方達や、何も知らないままの方達、反対でも賛成でもなく「関係ないわ」という方々が多かったとも思います。
 
でも、
 
同時に、無視出来ない一定数以上の方々が行動したから何かが変わりました。
 
たくさんの人々が行動しました。
 
某都議先生に言わせると、「今回のような成り行きで、趨勢の決まっていた(採決されてしまうハズだった)ことが、継続審議になったのは前例のないこと。それだけでも画期的な事が議会で起こった。」
~だそうです。
    
終わりではありません。
 
一般市民の「法規制反対のオンライン署名」やら、今後に向けての活動も始まっているようです。(不慣れなので、誤解や混同があるようですが。)
   
「敵」の奸計のせいで、全く時間がなかったので、法規制反対派の皆さん、疲労困憊もしたようです。
 
鋭気を養って、 
 
またいつでも決起しませう。
 
(今般の事は、あとでホムペにも常設して、ブログとリンクを繋げとこうか。)
 


よし、明日からは、ひとまず通常ブログ・モードに復帰だ。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2010-03-21 06:50 | Comments(29)

Commented by 七氏井 at 2010-03-21 10:10 x
>趨勢の決まっていた
日本の議会には(実質的に)自由討議がありません。提出される法案は、事前に
議会事務局に伝えられ、議員の方々の小委員会(これは何度も繰り返され、
徹底的に詰められます)を通して練り上げられたものを事務局側で文章・文言を整理
して、上奏され、それを議員が議会で提案・採決します。
つまり(特定の議員がスタンドプレーで予期せぬ行動でも取らない限りは)提出され
た議案が否決される事は(否定される事があらかじめ予定されていない限りは)通常
有り得ない、と言っていいと思います(最も自由討議が実質ない、というのは実は
議会政治制度を揺るがす大問題であるはずなのですが)。
ですので、今回の件は現在の展開自体がまだ油断できませんね。上記の通り、
力のある議員が小委員会の段階で辣腕を振るえば、とんでもない内容が「非公開
で」進行(or決定)してしまう可能性はまだ充分にあります。
そうした意味では、都知事が内容を御存知でなかったのは制度上当然(!)の事で
あったかもしれません。大阪ではどうなるか・・・
Commented by ざんぶろんぞ at 2010-03-21 10:27 x
「PINKNUT_INC」様が嫌いな政治的発言をある程度はしなければなりませんけど、出来るだけ排除して書きます。
まず今回の「敵」は誰かと言う事です、具体的には書きませんが知事や政治家を動かした物が「敵」だと言うことでしょう、まず「利権」ですね、即ち「金」と考えていいです、何かを規制することで「利権」を得る団体が存在する(あるいはそれをこれから作る)と言うことです、判りやすい構図は「天下の悪法」と言われた「禁酒法」ですね(よろず屋TOMさんのエントリーにも書かれていますが、同じ構図だと思います)、何かを「規制する新しい団体」を作り出し其処に集り「おいしい思い」をする為に、、、、

>と言うことで次は6月です、どこかで「産経新聞」の印象操作を問題にして見ようかなと思っています、、、此処でこの話題は当分の間お休みしましょう、何か大きな動きがあるまで。
>某特撮関連会社
昨年から8兄弟の監督や古いスタッフが突然辞めたりした流れの説明がちょっとありましたが(書けませんけど)、4月からの新体制がどうなるかと言うのがまだ判りません、良い流れになって欲しいと思っています、、、(4月1日の「ウルトラチャンネル」が楽しみです)
Commented by よろづ屋TOM at 2010-03-21 14:25 x
うちもバナーをこしらえて、各ブログのトップに常に目立つようにしておこうと思っています。
実に冷静な口調だし判りやすいので、この記事もリンクさせていただきますね。
ただ、浮上する度に反対運動…ではキリがないでしょうね。
どこかにある“利権がらみ”の構造を浮き彫りにしてそこから崩すという、根本的で効果的な攻撃を能動的にして行かないと、ボランティア的にやっている方はいつの日か必ず負けます。
人間、欲がらみがもっとも粘り強くアクションを起こせるからです。
また、“良心から行動している”と信じている人たちが実はそういう人たちに利用されているだけなのだと知ってもらわない限り、敵に回す必要のない人が敵に回る。
 
ただし、こう言うことはやはり弁護士とか代議士にリンクのある、時間も金も名もある作家さんに旗頭になってもらうしかないでしょう。貧乏人には限界があります。
 
ところで…
わたしは『よろづ』です。『よろず』ではありません < ざんぶろんぞ様。以後、よろしくお願いしますね〜〜〜
Commented by ざんぶろんぞ at 2010-03-22 00:17 x
ありゃコレはすみません「よろづ屋TOM」さま、うっかりしてました。
さてこの話題を止めるつもりでしたが、ちょっと加えます。
小説家「山本弘」さんのブログに「人口1000人当たりのレイプの件数」など詳しいデーターへのリンクがありましたので紹介しておきます。
hssp://hirorin.otaden.jp/
とりあえず内容の解説はしませんので、一度此方も見ておいてください。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-22 01:32
七氏井 様
いらっしゃいませ♪
お詳しいですね。
 
勉強になりました。
 
まぁ、そういうことなんでしょうね。
 
それと、今度のことが「ブービートラップ」という考え方は、当初から感じています。
 
また、どんなに馬鹿げていても、こういう法案を見せられただけでも「示威行為」としては、その目的の一部は果たせてもいます。
 
でも、「よく切れる武器」を持とうとするほど、武器を使いたい正体が、同時に浮き彫りになってきます。
     
分かっているのは、無関心になったり、諦めたら、どんな馬鹿馬鹿しい事でもまかり通るということでしょうね。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-22 01:35
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪
 
「表現の自由」と言っても、それは一般市民の望む形で許されるのも確かな一面です。

世論しか味方がありません。
が、世論がまた移り気や無関心だったりします。

だから、ちゃんと、クリエイターに仕事をして貰っている所は、会社や協会、団体として、もっと上手いロビー活動や、「大人の事情」も斟酌すればいいと思います。
 
クリエイターに綺麗な仕事をして貰うために、業界は「賢くも狡くも」なって欲しいかな、とは思います。
 
これを公に言ってしまっては身も蓋もないので、巧くやってください、と。             
        
今回のように、現場のクリエイターに政治や外交的なことをさせるなよ、とは思ってしまいました。
  
ミュージシャンや画家が作品ではない表現で、政治に巻き込まれている姿は、とううてい馴染みません。
 
良識の鑑のような、ちばてつや先生の戸惑ったお顔を拝見していると、「涙」が出ます。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-22 03:00
よろづ屋TOM 様
いらっしゃいませ♪

TOMさんもお疲れ様でございます。
 
自分でも「政治的なことがイヤだ」と、ついつい声を大きくして語ってしまうこと自体が「すでに政治的」なんだとは感じてしまって、私にも戸惑いはあります。
 
映画「鉄道員」(イタリア)で、組合のストを無視して、黙々と汽車を走らせるアンドレアの姿も、ひとつの在り方だし。

あ、余計な事ですが、ジブリは何も語らないと思います。
(宮崎駿さんあたりは、ゲームも「萌え」も「エロ」も嫌いですから(笑)。)
      
でも、クリエイターが矢面に立つのは確かにヘンなんですよ。本来は。
 
業界、上手く立ち回れよ~、というのも本音(笑)。
 
それでも、尚、楽しいページの片隅には、こうした「降りかかる火の粉(どころか「何も生まない"大きすぎる火"」)」について、リンク出来る"クリック・ボタン"は置いておくべきですね。
   
でも、この一週間ほどの記事は、ブログの顔としてはイヤ。
ひとまず、さっさと過去記事にやります(笑)。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-22 03:00
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪
 
ご紹介サイト、良い記事です。
 
規制反対派の裏付けとして有意義ですね。
(ガチガチの規制派には、データも、説得も無意味ですが(笑)。)
 
でも、迷っている人や、論理的に考える人にはいいですね。 
  
はい。
 
ともあれ、今般の件はひとまず、過去記事に(笑)。
 
但し、おっとりとしながらも、ウラでは我が身や子ども達(作品は作家の子どもです!。)を守ることには臨戦状態です。
Commented by 七氏井 at 2010-03-22 03:07 x
>ともあれ、今般の件はひとまず、過去記事に(笑)。
そうですね。確か「自身を抑えながらも反撃の心は緩めない」のが「押忍」の
精神でしたっけ(空手バカ一代の受け売り^^;)
という訳で、私も別の話題に・・・・・・・ざんぶろんぞさんの情報でそらおとの
サイトを見てみましたが、+1話は無しだとか。DVDの価格はそのままで
最終話のディレクターズ・カット版(って、「妄想全開バージョン」の名称で既
に無償でやってる!!)、正直これは実質的な水増しではと思ってしまい
ますが、第2期が良作になる事を期待してここは我慢かしら?
(でも今月出版された角川歴彦氏の本で述べられている壮大な理念とギ
ャップが・・・やっぱり文句言っちゃいました^^;)
Commented by よろづ屋TOM at 2010-03-22 06:25 x
先生、Twitterで『#hijitsuzai』で検索してもらうと、分単位で誰かがずっといろんな意見交換をしています。
h●●ps://twitter.com/#search?q=%23hijitsuzai

また書き込み時、文末に『#hijitsuzai』と入れると、ツリーに自動的に参加するようになります。
私も『朝まで生テレビ』への投書の呼びかけや、今日東京で開かれるという国際アニメフェスで外国人に対して今回のことを呼びかけてくれ、と提案してみました。これも繰り返し繰り返し書いて、多くの人の眼に触れさせるしかないでしょうし。

Twitterなら140文字以下ですし、発信するだけに徹するなら長文記事を書くよりはエネルギーを使わずに済むように思いますし、時間帯次第ではむしろブログよりも注目度が高いようです。
ゆうきまさみ氏をはじめとする作家さんもかなり書き込みされてます。

忘れていたいけど忘れさせてくれそうにないなら、自分なりにやるしかない。
Commented at 2010-03-22 22:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-03-22 23:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-23 06:55
七氏井 様
いらっしゃいませ♪
 
「そらおと」の第2期とか、楽しみですね。
あのアニメも、妄想力やエロチックさという点では、なかなかのものがありますので、臆せずに、自由闊達に、のびのびとやってもらいたいものです。
 
「そらおと」DVD版は、かなり楽しいですか?。
ものすごぉ~く、気になります(笑)。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-23 06:56
よろづ屋TOM 様
いらっしゃいませ♪
 
いや~、・・・今、「鬱(うつ)」です。
 
とある、ご指摘を(ひとつの冷静な感想として)受けたので、「空回りしてたな」という気持ちになって。
 
"時間稼ぎ"には成功したらしいのはなによりですが。

私も皆さんと同じ立ち位置です。

世論の中の一人でしかありません。

正直「腹が立った」のがエネルギーだったのですが、

これからは冷静に、見極めていこうと思います。
 
皆さんが繋がって、問題視して語ってくれることが頼もしいのです。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-23 06:56
非表示コメント(2010-03-22 22:11) 様
いらっしゃいませ♪
 
実際、疲れました。
 
いてもたってもいられなくて、上手い方法論も見つからずに、あたふたした人ほど、反動の疲労感が大きい感じです。
 
こんな不慣れなこと、(ディベートとかは才覚が要ります)上手く、スマートにやれるハズもないので、私なんかは黙っていた方が良かった人種かも。
  
「でも、しかし」
 
黙っていられなかったんだけど、我ながら、ディベートの下手さにうんざりします。
 
まとめられません。
 
費やしたエネルギーや、語った分だけ損をしたような気になってきました・・・。
 
鋭気・・・、養えるかな?。 
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-23 07:51
非表示コメント(2010-03-22 23:53) 様
いらっしゃいませ♪

そう、仰られると・・・。

ご指摘の点、耳が痛いです。
(リアルタイムでアドバイスをいただいていれば・・・。)
 
この一週間は、明らかにテンパっていました。
 
時間がなかったから。
 
必死すぎて"ぶざま"です。

上手く出来ませんでした。

そう思うと、醜態さらしただけかも・・・(涙)。 
Commented by よろづ屋TOM at 2010-03-23 15:38 x
ええ、私もかなりウツになりました。てか、仕事探さなアカン時にこんな事やってる場合か!…みたいな事もあるんですけど、プロになり損なったとはいえ、マンガとアニメに私は何度も人生を救われた。
今、生きて、道をたどってゆけるのもそれらと創作という自由のお蔭。だから今やってることは自分のためでもあり、恩返しでもある。

でも先生がここで記事にしてくださらなかったら、私知らなかったんですよ、こんな大事なことを。
空回りなんかじゃないです、絶対に。
先生の記事を読んだ私が記事を書き、それを読んだ何人かの方がまた記事にしていらっしゃいました。

Twitterも同様です。確実に伝播していってます。
私、もっと●ちゃ●ねる系みたいなふざけた意見が横行してるかと思ってましたが、みなさんすごく大まじめに取り組んでおられます。
意見も多かれ少なかれ、政治家や大新聞の記者にも伝わって行くでしょう。

私の大好きなイラスト系ブロガーさんから貰った言葉です。
『大きな岩が落ちても、砂一粒でも水面に波紋は広がる』
大切なのは、意志を持って石を投じること。

先生、感謝してます。m(_"_)m
Commented at 2010-03-23 23:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-25 06:28
よろづ屋TOM 様
いらっしゃいませ♪
 
皆さん、疲労感たっぷりだと思います。
ホントに、ひとまずお疲れ様でありました。
 
励ましのお言葉、感謝です。
 
そう仰っていただけると少し、元気も出ます(笑)。
 
結局、動かれた方々は手弁当で(もしくは、それさえも持たずに)活動されていたのですから、疲れるハズです。
 
相手はヒモ付きで動いていると思われるから・・・。
 
そうだなぁ。 
 
黙って静観している方が賢そうに見えるとは思うんだ。
 
でも、例え、低レベルの「イヤイヤ発言」だって、それは意思表示でしょ。
 
非暴力主義と、

完全無抵抗主義とは違うと思うのです。
  
イヤな時は、「イヤだ」って言いましょう(笑)。皆さん。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-25 06:28
非表示コメント(2010-03-23 23:11) 様
いらっしゃいませ♪
 
なるほど。
 
むずかしいところですね。
 
私も「なんにせよ、無差別同然な法規制は反対」なんだけど、反対同意でも、露骨に反論がエスカレートしている「あんまりな」サイトには関わらないものなぁ。
 
・・・なんにせよ、試行錯誤するしかないようです。
 
不慣れなことに巻き込まれてはいるので。
      
アドバイス、有り難うございます。
Commented by 七氏井 at 2010-03-25 10:19 x
>「そらおと」DVD版は、かなり楽しいですか?。
>ものすごぉ~く、気になります(笑)。
それが、「修正部分」はあまり気にならなくなってきました。
むしろ話の流れを止めていた部分がなくなったことで伏線と
思われる細かい部分が当初より明確になって来た感じがし
て、よく作りこんであるなと改めて感嘆しました。

話が変わりますが、29日からのNHK「ゲゲゲの女房」、これ
はなかなか凄そうですね。新人の周りををベテランががっちり
固める布陣は定跡ですが、「コスモス「や「スカイライダー」が
混じってる(コスモスはなんとねずみ男。でもはまってる^^;)。

おまけ:
かの件で、「ハレンチ学園は対象にならない」と釈明した人が
いたそうですが、語るに落ちましたね。たとえ小学生前後の頃
であったとしても、当時の騒がれぶりと「オモライくん」や「ケダ
マン」等の作品群にちょっとでも体感するものがあれば絶対そ
んな台詞は出ないはず。全然調べていない人の言葉ですね。
Commented by 七氏井 at 2010-03-25 20:31 x
連投すみません。何でも、そらおとのコミックスは9巻にOVA
付き限定版が出るとか。当初の予定からすれば、金出して
第一期の限定版買っている側に失礼ではないですかね。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-30 06:05
七氏井 様
いらっしゃいませ♪
「そらおと」DVD版は、やっぱり気になる。
買おうか、どこかで借りてこようか・・・。
 
あ、見忘れた。NHK「ゲゲゲの女房」って、昨日だったのね。
 
ところで、例の法改正案は、「法律」ってのはなんでもそうなのですが、『蜘蛛の巣』みたいなものであるのは誰もが感じている所ですよね。
蝶や小さな虫はひっかかるけれど、カブトムシなんかは突き破っていきます。
漫画家も、ビッグネームには手出しが出来ません。
規制推奨側は、作品の中味を吟味する気なんかなくて、パワーバランスです。
 
なんとなく弱いところだけが虐められるんですよね。
外交も内政も不公平に出来ているのが、世の中のならい、とは思いたくないのだけれど、現実はいつもアンフェアです。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-30 06:05
七氏井 様
いらっしゃいませ♪
「そらおと」関連のセールスに対するクレームでしょうか?。
 
まぁ、これも「新規に優遇」みたいな商法多いですよね。
支えていた旧来からのファンや購買層に報いるアイデアは、いつも乏しい・・・。
 
困ったもんです(笑)。
Commented by 七氏井 at 2010-04-05 02:12 x
>クレーム
はい、「やりたいことは重々わかるけど、釣った魚にもたまには餌
を」レベルのクレームです(汗)
話は変わりますが、昨日遅まきながら「涼宮ハルヒの消失」を観て
来ました。至福の2時間半でした(//▽//)こういう作品が観られる
と、アニメファンで本当に良かったと思いますね。
ただ、EDクレジットの協賛企業に「S〇NKYO」の文字が・・・・・・
ナ〇シコやマク〇スをパチ〇コにした会社ですから、多分ハルヒも
狙っているんでしょうね。もし実現したらCRエヴァみたいになるの
か・・・ハルヒ→アスカ、長門→綾波、キョン→シンジ、小泉→カヲ
ル あれ、意外に違和感が無い^^;
Commented by ざんぶろんぞ at 2010-04-09 23:01 x
とりあえず「京都府知事選」でも候補が「日本一厳しい児童ポルノ規制」をマニフィストに加えました、これが「実在する児童に対する性的被害を無くす」のであれば良いのですが、東京都と同様の「二次元」の規制ならまたもめる事になるでしょう、現在様子見の段階です(まだ一行しか載っていませんので、、)
自公公認「山田啓二」公式サイト
hssp://www.yamadakeiji.com/
Commented by PINKNUT_INC at 2010-04-18 13:02
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪
 
もう、あちこちに飛び火するのは参る・・・。
 
なるよーになる、という見方もありますが、それじゃあ、いかんのです。
戦後、手塚治虫先生や次のトキワ荘時代の巨匠方が築いたものを、神々が既に多く他界されてしまったあとで、後進が「無関心」で、なんにも守れないのでは・・・、悲しすぎますね。
 
とある作家さんが、「どんな法律が決まっても従わない。だからと言って、政治論争には関わらない。規制に反対しなけりゃ、作家ではない、という規制反対派の論調もうざい。自分は、『創作』という形で戦い続ける。橋の上や往来に作品をばらまいても戦う。それでいい。」というような主旨の、なんか、天晴れな事を申されていましたが・・・。
 
個人の意気込みはそれでいいでしょうが、それ、違うと感じます。
 
先人が、そうしてくれたように、後進のためにも、仲間達のためにも「自由に描けるための」発言はしなければね。と、思います。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-04-18 13:02
七氏井 様
いらっしゃいませ♪

「涼宮ハルヒの消失」、それほど素晴らしい出来栄えでしたか。
そりゃ、劇場に行かなかったのは惜しいことしたなー。
 
>第2シーズンで非難囂々だった「エンドレスエイト」までもが伏線になってる映画化。
 
「涼宮ハルヒの消失」のために、あえて不評を買う「エンドレスエイト」をあれだけやった、という噂は聞きます。
 
・・・これは、スタッフ、凄いことをやったみたいですねー。
 
劇場に行かなかった今となっては、DVDしかないな・・・(笑)。(ぜひ、観なければ・・・。)
Commented by 七氏井 at 2010-04-19 01:24 x
>・・・これは、スタッフ、凄いことをやったみたいですねー。
当方の住む埼玉県では、地場のTV埼玉でのハルヒ新シリーズ
(全国で一番早い)放映時に、終結したファンでさいたま市のビジ
ネスホテルが満杯になった、という噂が流れました。

>劇場に行かなかった今となっては、DVDしかないな・・・(笑)。>(ぜひ、観なければ・・・。)
神戸国際松竹は23日まで、TOHOシネマズ西宮OSでは5月1
日からのようですが、なんとか観に行く事はできないでしょうか?
これだけの世界観と情景を収束させるのは劇場スクリーンをおい
て他に無いと断言できます(おそらく、DVDではまた違った情景
になるでしょう)。厚かましいですが、原口先生の視点で見たこの
作品の感想を是非聞きたいと思っています。






<< アニメ『とある科学の超電磁砲/... それだけはイヤだから 2 >>