それだけはイヤだから 2

都条例「非実在青少年」規制問題について。
 
今日、3/19(金)の都議会で決議されるようですね。
 
こういう、流れが昨日までにはありました。

◆漫画家のちばてつやさんら、都青少年健全育成条例改正案に反対する意見を表明 2010年3月16日

◆都の漫画・アニメ規制案 出版4団体が緊急反対表明 2010年3月17日

◆漫画の性描写、都規制案 結論先送りの方向 2010年3月17日

 
で、文士の方々も以下のように表明。
 
◆日本ペンクラブ:児童ポルノ規制の都条例改正案に反対声明 2010年3月18日

今般の経緯を都議会採決前に、一応、まとめている感じなのが、これ ↓

◆都青少年健全育成条例:改正案 漫画、ゲームなど性描写の規制強化 2010年3月18日毎日新聞 2010年3月18日 東京朝刊

※日時は、報道時点の日時で、実際の出来事は大体その前日の出来事。それが翌日に報道されている感じ。
 
~ちなみに、こちら関西の毎日新聞は、「都政」のことなので、まったく、一切、新聞報道していない。関西のこういう問題に対する「報道機関的認識民度」の低さには呆れかえっている・・・。

・・・と思っていたら、なんてことだ。
橋下大阪府知事が!。私たち法規制反対派の真逆の論調で!。~「規制容認かも」みたいな
◆2次元児童ポルノ規制で橋下知事「大阪府も検討」 2010年3月19日
※産経新聞は、ことさら意図的に「2次元児童ポルノ規制」という言葉を使う。偏向しています。(ちばてつや先生を、誌面タイトルで呼び捨てにしたし。)・・・・・・。
                
あ、 ~産経の表現を流用しているネット・ニュースが、それまでの「非実在青少年規制法」というニュアンスをやめて、なんか急に『「2次元児童ポルノ」規制条例案』に呼称が変更されている所が増えている!。
他の所も、「性表現規制条例」とかという表現に切り替わった。
「非実在青少年規制法」というフレーズが、突然に立ち消え始めている。・・・あれ???。
                        
どうした?、マスコミ?。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(涙)。
 
ともかく、大阪府知事様。
 
「都から問題提起を受けた/表現の自由も絶対的でない。(by 橋下府知事)」

関西に住んでいる者として情けない・・・。(神戸っ子です。私は。)

あ、でも、橋下府知事は関西人じゃないんだ!。
 
経歴を拝見しますと「東京都渋谷区のご出身」でした。~(いい意味の、ネイティブな)関西人気質の立場ではないんだ。 
 
上方文化とか、関西人気質を分かっていない。
 
東京に出た作家も、かつては漫画の神様、手塚治虫先生も、関西出身、関西の風土に育てられた人です。
関西から(現在に至るまで)数多くの才能が、東京に討って出て「漫画文化」を大きく花開かせていったものです。関西(大阪も)は、自由な思想・文化の(じつは発祥としての)聖地のひとつでもあるのに。
(「戦前」の検閲思想や、体制に戻そうというのか。)
そもそも文化とは、誕生から成熟まで、清濁を併せ持つ、懐の深いものだ。
 
(「京都アニメーション」のある京都の知事はなんて言うのだろうか?。) 
 
なのに・・・。
(都政のご乱心は、心ある地方は無視するべきなのに。少なくとも様子を見るべきで・・・。) 
 
東京都政の提灯持ちをやるのか・・・。関西で。orz
 
そもそも、東京に一極集中している「出版社」や「関連企業」の現状では、東京都以外の地方の条例は実は通りやすい。
 
現に、地方自治体レベルでの「(漫画などの)有害図書指定」には他県~全国とのバランスも整合性も一切ない。
 
整合性はないのだが、首を傾げるような「有害図書指定」が各地にある。
(古くは、手塚治虫先生の『やけっぱちのマリア』)
 
しかも、今般の『(偏向した内容の)都条例案』に「のる」ような発言の「一番槍」が、関西~大阪の知事から出たのは、「規制反対の立場」の私からは嘆きの溜息しか出ない。
      
一歩も譲る気はないけれど、まぁ、「検討する」のなら、「検討してみます」という、その言葉だけでいいでしょう。
 
そこに「表現の自由も絶対的ではない」というような、すでに「憲法違反な発言」を付け加えるのは、弁護士であり、法律家でもある方の仰る事ではないように思う。

皆さん。「聖地」は日本全国にある。日本文化・漫画、アニメ、キャラクターを愛する人たちは、地元もしっかり見ておかないといけないようです。

【引用文をひとつ】 
"悪書追放運動自体は戦後独特の現象ではなく、明治中期の新聞には「近年の子供は、夏目漱石などの小説ばかりを読んで漢文を読まない。これは子供の危機である。」という記事が載り、これによって悪書である小説へのバッシングが発生したりしていた。"(~Wikipedia から)
   

 
どうなる。
 
近代国家が「表現の自由の圧殺/文化の弾圧」を是とするのか、少しは配慮するポーズ(あくまでも「継続審議」という名のポーズだろう)くらい見せるのか。

それとも、これだけの規制反対派の意見(ほんの一部を紹介したに過ぎない)を、都議会が衆目の中で無視するのか。
    
海外の会議で、「クロマグロの規制」は見送られたが、「クロマグロの規制」、「捕鯨問題」は外国の"日本潰し"。(現実には、「中国」が規制反対する、水面下での影響力の方こそまざまざと見せつけられた感じ。)
今回の「日本文化(漫画、アニメ)の圧殺」は、これも直接の発端のひとつはじつは"外圧"によるものだ。それなのに、"日本潰し"にのっている日本人がいる~その人たちは"日本潰し"だと気が付いていない~。(そこが、ほとんど今般のマスメディアでは報道されていない。)

※画像をクリックして下さい。大きなサイズになって、含蓄のある大事な文章が読めます。
c0137122_17513531.jpg
(作者の漫画家うめ先生が、このイラストに関しては「無断転載可です」との事でしたので、お言葉に甘えて転載させていただきます。)漫画家うめ(小沢高広)先生のサイト
    
正義の反対は悪なんかじゃないんだ。 正義の反対は「また別の正義」なんだよ。(by 野原ひろし)

それでも結局、「大人の事情」や「パワーバランス」なんだ。
『正義』はいつも、なにかに利用されている。(何かの仮面を被っている。)

『正義』はとても狭い。
        
だから、「表現の自由」は、狭義な「正義」なんかよりも、もっと大事。もっと守らなきゃいけない。
               
ともあれ相手は「藪(やぶ)をつついた」。
ノンポリだった多くの人たちが、「自由の敵」が何なのか、あらためて記憶に刻んだ。

 
【ひとまず、リンクの追加】
◆漫画の性描写規制案を継続審議に 東京都議会委決定

いや、まだまだまだまだ、ずっ~と、永続的に安心出来ないんだって。
 
でも、有志が行動を起こさないと、こういうこと(「継続審議~」)につなげる事さえ出来ずに決まってしまっていた、とは言えるのでしょう。
 
諦めたら、ホントに、ダメにされてしまいますから。(永続的に逆監視は続けないとね。)
 
とはいえ、
 
こういう騒ぎに「駆りだされてしまった感」はあるのですよ。
陽動作戦にかかったような、ね。
 
(情報公開の建前があったにせよ)色々と簡単にネットで資料を見ることが出来たし。
 
結局、こちらも利用されているのかも?。とか。
(でも、議事録とか、「重いPDF」も、迂闊にさらされていただけかもしれません。ものによっては、なんかアクセス出来ないようになっている"議事録"や"公開すべきハズの資料"とかもあるようです。こういうのは市民が公開請求したら、包み隠さずに見せてくれるののでしょうか?。)
 
「簡単に手に入りすぎた」のか、「リークされた」のか、「相手があまりにも迂闊だった(だから、これからはアクセス手続きをややこしくするかもしれません。)」のか、いずれが真実なのかは、私などにはよく分かりません。
                    
民主国家においては、主権は国民です。数に頼るというのは、為政者のものではなく、国民の武器です。(だからって、マイノリティを無視して良いということでは絶対にない。若い人ほど投票には行きましょう。)
 
何かの圧力や、間違った思想がまかり通ろうとしたとき、 
 
だから、それでも尚、繋がって繋がって、皆さんの意見を集めることが、いちばん大きなチカラと防御になって、何かのアニメのセリフ(笑)。「屈服させるには高くつく相手だと認識させる」だけでいいんです。犠牲を払ってまで喧嘩をする必要はない。
 
その前に善良な市民の意思は示せます。
 
(・・・ははは。既に、へとへとになってますよ。~犠牲と言っちゃえば、市民にとっては余計なプラスαの労力。時間の浪費が、大きな犠牲だな。そこの所は疲れた。) 
       
普段はノンポリな、個々人の活動に戻らなきゃ。(ただ、いつでも背中で見ているぞ、と。必要な時は行動もするぞ、と。) 
 


なんにせよ、今後は、通常モードのブログに(まもなく)戻る予定。
                       
私は「表現の自由」を、これからも気楽に行使していく。
    
~関西では、3/17(水)から、早朝の帯放送で、毎朝、日本アニメーション「赤毛のアン」が再放送開始されている。
               
「あれ?、こんなデッサン力の絵だっけ・・・。ん?、この動画レベルは・・・。もっと、巧みだった記憶なのになぁ。」と思いながら見ている自分と、やっぱり感動したり、演出の良さ、セリフのユニークさに笑っている自分がいる。
  
輝いている。今、見直しても。(最近「こんにちわアン」てのがあったけど、こちらは、1979年版の方です。)

c0137122_65633100.jpg
成長したアンが、また好きだった。~始まったばかりの今は、とてもユニークな「おデコちゃんな、11歳の少女」ですが・・・。     

マイ・フェバリット。日本アニメとしても名作です。
(当時はアニメを見だした頃に、ルーシー・M・モンゴメリの原作も読んだ。「ハイジ」も、アニメを見てからスビリの原作を読んだものです。)
                        
・・・これから50話、ウイークデーに帯で見られる♪。(OP & ED、音楽がまたいいのよ♪♪。)                        
                                       
                 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2010-03-19 05:21 | Comments(10)

Commented by ざんぶろんぞ at 2010-03-19 17:36 x
疲れました、、、
あーいやなんですが、、次は大阪であります、、
hssp://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK201003190050.html
まだ検討というところですが、,,
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-19 19:18
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪
 
ご同輩、私もへとへとです。(体重が減ったというのは冗談ではありません。この3~4日で2kg、突然に痩せました。はっきり、この「規制問題」のせいで。)
 
大阪知事は、「反都政的であればこそ」頼もしいのに、割と都知事にはかしこまっていたような記憶があります。
こういう事で同調するような発言をするのは・・・。
 
関西人としてガッカリです。
「表現の自由も絶対的ではない」そうです・・・。
 
なんということを・・・。(マスコミの娯楽番組に出ていたお人が・・・。紳助さん相手におちゃらけてみせて「自由奔放さ」を体現されてらしたではないですか。)
Commented by ざんぶろんぞ at 2010-03-20 00:14 x
お疲れ様でした、、、実際に私もやせ、、いややつれました、、
記事紹介
次は6月に、、、
hssp://sankei.jp.msn.com/politics/local/100319/lcl1003191700003-n1.htm
経過報告やはり「産経新聞」ですが都知事の記事、こんな奴が、、、
hssp://sankei.jp.msn.com/politics/local/100319/lcl1003191717004-n1.htm

>同感です「赤毛のアン」はオープニングが素晴らしいです、今でも好きな作品ですよ。
Commented by よろづ屋TOM at 2010-03-20 01:07 x
お疲れ様でした…いや…実際、疲れましたね。ヘトヘトです。
それにしても『2次元児童ポルノ規制』か。さすが弁護士とか屁理屈の巧い連中を抱えてるだけのことはあります。
このタイトルなら心理的に賛成するわけにいかないと思わせますからね。今度は、このタイトルが嘘っぱちであるという事から切り崩してゆくわけですな。
しかし、二次元て何?おお、ということは3Dなら良い訳ですね。これはスゴイ。
屁理屈には屁理屈。アメリカの法廷ものを観てると勉強になります。

ちなみに私はアニメを2次元だなんて思った事はないんですよ。
二次元とは奥行き・高さの概念自体がないという世界ですからね。

ところであれは『橋下』です。『橋本』ではありませんので、気をつけないと全国の良心的なハシモトさんに大変な失礼になります。
伊丹の件といい、横山ノックの方がどんだけ良かったか。私に言わせれば、嘘つきの日和見野郎よりはドスケベのほうが政治家としてよっぽど信用できます。少なくとも商売は理解してはりましたわ。…え?その間に誰か居ましたっけ?知らんなあ。
Commented by よろづ屋TOM at 2010-03-20 01:17 x
連コメすみません。文字制限もですが、あんな話題とアンを一緒にしたくなかったので…
また再放送ですか!前回最終回を取り損ねたので、これでコンプリートできますわっっっ♪やれ、うれし。…最終回は悲しいですけどねえ。

アンは、買ったままずっと読まずにあった原作を、宮さんがコンテ、近藤さんが作監すると『月刊アニメーション』で知って、あわてて読んだらドカンとハマって、次の日に残り9巻全部買って一週間で読破した想い出の作品です。
しかし誰もが「アンをアニメに?無理」と断言までしてたのに、第一話だけで熱狂的なアン・ファンを黙らせてしまった事が記憶に鮮やかです。
当時新人抜擢の山田栄子さんの演技も素晴らしいですもんね。

しかし『こんにちわアン』でプレのアンを描くよりも、アンの青春以降をやってほしかったなあ。もちろん山田栄子さんで…あ。マリラ役が…うーん。

EDで、泣きましたよ。止め絵なのに。当時は今みたいに涙もろくなかったのに。
レコードもLPもあります。シングルの絵はひどいんですけどねえ。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-21 10:36
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪
「へとへとになった。」、「疲れた。」とは、今回の「非実在青少年規制法」反対派が同様にクチにしている感想だと思います。
皆さん、程度の差こそあれ、自分の大事な生活時間の(決して少なくはない貴重な)何%かをさいて、この問題に振り回された人が多かったので・・・。
 
ざんぶろんぞさんが今回、紹介しようとしてくれたふたつ目のサイトは、よほど問題があったのか「閲覧」出来ませんでした。ページが消されていました。
 
こんな騒ぎがなければ、再放送の「赤毛のアン」との再会の新鮮な気分をネタに記事が書けていたことでしょうに・・・。
(オープニング、エンディング共に素晴らしい。私的には、エンディングのメロディラインとオーケストレーションの凄さが、圧倒的な感動です。) 
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-21 10:36
よろづ屋TOM 様
いらっしゃいませ♪
TOMさんも、お疲れさまでございました。
積極的に、ご自身のブログ記事にもしていただいて、そうした作業の集積、「投票のたった1票」が集まっていった結果はあったのだと思います。
 
今回はお役人が作業的に2~3流だったようで、非常に良識的な漫画家や、文士、その他の有識人からも「反対声明」を挙げられ、各出版社や関連会社、非常に多くの一般のファンからも総スカンを喰らうのが自明な条令内容だっただけに、一時撤退やむなしでしょう。
 
バカにしてくれて、なめきっていてくれたから、対処のしようがありました。
 
もっと有能なお役人さんが、マニアやファンをなめずに、何かを企んできたら、これは大変です。(時間的には、すんでのところで今回だって危なかったが、結果は寝ていた子を起こすハメになった。)
 
今後の方が大変です。(敵も学習したから、こちら側にとっても。)
 
あ、ご指摘の点は、こちらの書き込みを拝見する前にも自分でチェックしていて気が付きました。訂正しておきましたよ。どうも♪。
 
・・・あの方を特に嫌いではなかったのですが、今回の件で大嫌いになりました。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-21 10:37
よろづ屋TOM 様
いらっしゃいませ♪

「赤毛のアン」に関しては、先々で、またじっくりとレビューしたいと思っています♪。
 
「赤毛のアン」の原作は私も読みましたが、TOMさんほどの全シリーズ読破って事はないです(笑)。すごいですねぇ。

でも、アニメに関しては、考えてみればもう、近藤喜文さんがいらっしゃらない。
マリラ・カスバート役の声優を務めた北原文枝(きたはら ふみえ)さんも他界されている。(アニメ「赤毛のアン」放送後の翌年に事故死されていらっしゃるんですね。)
 
それでも尚、アニメ版の続編が、なんらかの工夫であってもいいとは思います。
 
「赤毛のアン」のエンディング曲は、私は今のところ全てのアニメやドラマ・テーマ曲の中でも屈指の名曲だと感じています。いつ聴いても感動的です。ナマのオーケストラ・シンフォニーと歌手の声で聴きたいものです。
Commented by ざんぶろんぞ at 2010-03-21 14:12 x
都知事の話ですが、これです
hssp://sankei.jp.msn.com/politics/local/100319/lcl1003191717004-n1.htm
>引用
 --氾濫(はんらん)する漫画やアニメなどが青少年に害悪を与えている状況があるのか
 「ありますよ、そりゃ。ないと思う方がおかしい」
 --(影響があるということの)科学的な根拠が委員会でも議論になり、根拠が示されなかったが…
 「表現っていうのは口頭じゃなくてね、『こういうものがあります』って見てみたいんですよ。ちょっと買いに行くのは気が引けるからね。君、ぜひ、おれに届けてくれよ。それみて判断するから。それじゃ」
>引用終わり
「太陽の季節」と言う映画がありました、そして無軌道な若者を描きそれをまねた「太陽族映画」が作られ、青少年に有害であるとして問題になり、映画業界以外の第三者を加えた現在の映倫管理委員会(映倫)が作られるきっかけとなりました、、、こんな人が読んでもいないものに批判しているわけです。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-22 01:31
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪
都知事の話は・・・、もう、なんかね。
 
特に「産経」の記事は、偏向した印象操作が明かなのがよく分かりました。(常に質問を誘導しています。都合のいいように。終始、片方だけの論理に寄り添っています。政府広報誌みたい。)
       
とはいえ、「長」たる者も、何かの決定には政策的に政党のパワーバランスや後ろ盾(要は数)に頼っています。

で、政党は「自分たちに不利とか損」と思えることは少しはためらいます。
 
切実な"市民の声"もマイノリティでは届きません。

世論に問題を晒し、数に頼るべきということは毎度、"善良な市民"は学ばされています。
               
(投票権を持たない未成年も声にすることは有意義ですよ。)
 
さて、未成年が「(ナニを突き立てて)障子破り」のシーン。にわかに再注目されています。

<< 「非実在青少年規制法」について... それだけはイヤだから。 >>