【東方】Bad Apple!! PV【影絵】

【東方】Bad Apple!! PV【影絵】をぺったんこ。
 
貼っておこう。

【東方】Bad Apple!! PV【影絵】
 
「東方Project」というのを知っていても、知らなくても、・・・いや、むしろ知らないで見た人の視覚的感性を刺激する「動画」だ。

私のブログの、このところの常連コメンテイター(ざんぶろんぞ)様に教えてもらったこの「動画」。
実に凄い・・・。

「BAD APPLE」という曲もなかなか・・・。
 
それになによりも、この映像。
 
なんか、凄く気持ちいい。
 
(※私がブログ記事を書いた時点で、ニコ2動画の再生件数600万アクセスを超えている。まだ伸びるだろう・・・。ニコ2のページにリンクしている「東方」アイテムの売れ行きにも影響している。)
         
         
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2010-02-21 10:18 | Comments(16)

Commented by ざんぶろんぞ at 2010-02-22 00:13 x
紹介しておいてなんですけれど、、
音楽もいいし画も何か惹かれるものがあり、時折何度も繰り返してみたりしていました、一番好きなのは「手」ですね、ちゃんと動いてる、、その自然な動きに見ほれていました。

しかし同じ曲に普通の画を入れられていたら、此処まで惹かれていないかもしれません、、、、
Commented by PINKNUT_INC at 2010-02-22 07:03
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪
 
「影絵」というのは、動きそのものが繊細でなければいけませんが、シルエットが上手く出来ていると、むしろ情報量の補足というか、「想像力」を見る者に与えます。
 
「絵」で見せるのも「作劇」的なことでも言えるのですが、行間を読ませる巧みさや、あえて描かないことで、読む側、見る人の感性に委ねるというのは、「描き過ぎること」より遥かに雄弁だったりすることがあります。
 
「影絵」の少女から想起される「美少女像」は見る人の感性の数だけ存在することになりますから。
         
この「シルエット」で何かを表現する、というのは、私たちの作劇の中でも効果的に使えるかもしれませんね。(現に過去作品にも見受けられるハズです。)
 
でも、全編、それだけでやっちゃう1個の作品というのは見事なものです。
Commented by 間地出 外吉 at 2010-02-25 22:43 x
影絵というキーワードから、藤子不二雄A氏の”黒ベエ”を思い出しました(ジャングルじゃ無い方)。
ご存知ですか?
Commented by ざんぶろんぞ at 2010-02-26 00:16 x
影絵のよいところはやはり想像の部分が入り込む余地が多いのだと思いますね、基本の部分の完成度が高いのもあるとは思いますが、、昔の白黒のテレビ番組(ウルトラQなど、、)でも子供の頃には「色がついていた」と思っていた子供も居ました、かなり一生懸命説得しても納得しなかったので覚えています(いろんな後情報で錯覚していたのだと思いますが、、)
>間地出 外吉さま
藤子不二雄(安孫子)さんの奴ですね、目つきの悪い坊主(?)とハゲワシしか覚えていません(笑)、このあたりの後味の悪い作品群は「笑ゥセぇるすまん」で結集したと思っています(今では絶対にコミック化されないであろう「狂人軍」とかも、、)、A(安孫子)氏の作品はF(藤本)氏に比べて救いの無い作品が多いんですが何故か結構買っているんですよ、、(ハッピーエンドが多い藤本作品の方がやはり好きではありますが)、、
Commented by 間地出 外吉 at 2010-02-26 00:57 x
>ざんぶろんぞ様
なんと、狂人軍までご存知でしたか!
なんというか、悪い夢のような読後感でした。
コミック化を希望しますが、無理でしょうねえ。
Commented by ざんぶろんぞ at 2010-02-27 12:40 x
>「狂人軍」
連載時にしか読んでいませんので大分忘れては居ますが、シュールというかなんというか、、、強引な話の展開も今見ると理解できるんでしょうけど、、、そういえば「怪物くん」もアンチテーゼとして「怪物」をより人間臭く描くのは皮肉やパロディも入っていたのでしょうがずっと好きでした。
そうそうちょっとだけ「ウルトラQ」の色が付いていた話をしましたが、間もなく旧作の白黒作品を色付けした「総天然色仕様」の「ウルトラQ」が公開されます、色合いを当時のカラーフィルムで撮影したような色で彩色するというプロジェクトです、賛否両論ですが私なんかは「是非見てみたい!」クチです、話題になるのはよいことですし。
(以下このあたり詳しく書くと長くなるのでカットします)
ついでに忘れていましたが「13万ヒット」踏みました。
Commented at 2010-03-01 20:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ふじもっち at 2010-03-02 06:55 x
ご無沙汰しております、ふじもっちです。

この曲、ねとらじのアニソンリクエスト番組等で頻繁にかかっているので、よく耳にしますが、動画は初めて見ました。

白黒でもキャラの書き分けがちゃんと出来てるのは凄いですね!影絵なのに「あ、これは霊夢だな」「魔理沙じゃん」「お、チルノだ!」等とわかるのは、キャラが完成されている証拠ですね!

中でも関心したのは、各キャラの「胸」の描き方(笑)
ちゃんと豊かな娘は豊かに、貧しい娘は貧しくなっていて笑えました。

あ、原口さんは「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」8話はご覧になられました?
あれ…どう感じました?
原口さんの感想を聞いてみたいです。

良かったら、またレビューして下さい♪
Commented by ざんぶろんぞ at 2010-03-03 22:48 x
そうそう「実写版」といえば「アレ」の企画が立ち消えになったわけではないことが判明、、、
hssp://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100225_live_action_evangelion/
あー、、なんか微妙というか止めて欲しいというか、、なんというか勘弁してください、、

>追加
面白い広告を見つけました、絵的には好みが分かれるとは思いますけど、、
hssp://www.vimeo.com/9194146
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-06 09:06
間地出 外吉 様
いらっしゃいませ♪
『ジャングル黒べえ』は知っているけど『黒ベエ』は存じ上げませんでした、素直に告白しておきます(笑)。
意外と知らないことも多い自分に驚く。
・・・藤子不二雄A先生の作品、画風ってアクが強いですよね~~~。
なんか、『黒ベエ』ってのもインパクトありそう。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-06 09:06
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪
外吉さんとマニアックな掛け合いになっていらっしゃいますなぁ(笑)。

いや、私も藤子不二雄先生作品で育っておきながら(後のF氏、A氏名義になられてからの事も含めて)、微妙に知らないことも多いのでした。
 
・・・漫画界の神々の一柱とも二柱とも呼称すべき巨匠に対して申し訳ない私なのでした(汗)。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-06 09:06
間地出 外吉 様
いらっしゃいませ♪
・・・あはは。
この話題に入っていけないや(泣)。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-06 09:06
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪
「ウルトラQ」のカラー化企画ってあるんですか?。
 
上手く出来るのなら見たいですよねぇ。
まぁ、モノクロだから(これも脳内変換させる受取手の作業があるからこそ)かえってリアルに見えていたのが、カラー化で残念なことになる懸念もあります。
 
でも、モノクロからカラーで見たら「新たな感動」もあるかもしれず・・・。
  
あ、それはそうと、13万アクセスを超えていますね。
キリ番を踏んでいただいたようで、ご報告有り難うございます。
(色紙だ、色紙。・・・わはは、課題が増えた(汗)。)
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-06 09:06
非表示コメント(2010-03-01 20:12) 様
いらっしゃいませ♪
お互い、健康が大切!、でございます。
お大事に。(遅ればせながら、2月中にお祝いすべきだったことは、また日をあらためて♪。)
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-06 09:06
ふじもっち 様
いらっしゃいませ♪
ふじもっちさん、東方キャラにお詳しいのですねぇ。

「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」はキー局より放送日がかなり遅れている関西圏ですが、毎話見ていますよ~。
第8話は、・・・あれ、きっと「やっちゃった」んでしょうねぇ(笑)。
描写していないカットアウトでエンディングというのが凄い。
 
最終話まで、この調子でいいと思うのですが。
(悲劇描写が来たら凄く辛い。・・・7話の「~精霊流シ」エピソードの回想シーンでもきついのに。)
Commented by PINKNUT_INC at 2010-03-06 09:07
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪
「エヴァ」の実写版は・・・、・・・メカの描写はともかく、役者で14歳の貞本キャラがいないでしょう。
・・・大人がプラグスーツ着たらダメだし。大人に演じてもらいたくはないし。
 
それとも、アバターみたいに主役格キャラまでCGでやる?。
それはヘン。人間をCGにしたら実写版の意味がないし。

で、話は変わって、実写版「ヤマト」のスポットCMが露出し始めましたが、木村拓哉さんが、妙に雰囲気あるのが感心。
・・・ただ、森雪を既存の役者に演らせるのはムリだと思うし、チラリと見た「ヤマト」や「メカ」の描写が、逆にダメなんだよね。・・・リアルではない。3Dとしての整合性はあっても、ゲームのデモ映像に見えて、重量感も存在感もなくて、薄っぺらいの・・・。綺麗なんだけど、「本物?」と思わせるレベルまで持って行けないのなら、ゲーム画面止まりにしておいたら、「ようやる」と感心させられるけど、「実写版です。」と胸を張れるレベルには・・・。
 
う~~~~~~~~~~ん。
 
あ、紹介していただいた、外国のCGアニメCMはユニークでした♪。

<< アニメ『おおきく振りかぶって』... 【第4回MMD杯本選】ミクトラ >>