アニメ『とある科学の超電磁砲(レールガン)』、第16話/「学園都市」

アニメ『とある科学の超電磁砲(レールガン)』、第16話/「学園都市」のレビューです。
 
前回(15話)から,OP&EDアニメが新しくなりましたね。
 
前のが、主題歌のキャッチーさも抜群で、大変に出来栄えが良かったので、全部あのまま行ってもいいんじゃないかと思っていましたが、新しいのも「良い出来映え」です♪。
 
ことにOPアニメが、ダイナミックに動く動く。
テンポも早いし情報量が多い。 
c0137122_2313344.jpg
c0137122_23131040.jpg
c0137122_23131748.jpg
c0137122_23132385.jpg
c0137122_23133063.jpg
c0137122_23133673.jpg
c0137122_23134231.jpg
c0137122_23134957.jpg
c0137122_2313557.jpg
c0137122_2314271.jpg
c0137122_2314883.jpg
c0137122_23141585.jpg
c0137122_23142136.jpg
c0137122_23152717.jpg
c0137122_23142817.jpg
c0137122_23143418.jpg
c0137122_23144058.jpg
c0137122_23144764.jpg
c0137122_23145495.jpg
c0137122_2315183.jpg
c0137122_2315865.jpg
c0137122_23151442.jpg
c0137122_2315214.jpg
c0137122_23153440.jpg
c0137122_23154072.jpg
c0137122_23154726.jpg
c0137122_23155681.jpg
c0137122_231637.jpg
c0137122_23161061.jpg
 
さて、本編そのものは、14話が佐天涙子(さてん るいこ)ちゃん達、補修組の話でありましたし、15話と今回の16話は固法美偉(このり みい)の話だった。(13話で着やせするタイプだったのか、見事な水着姿を披露してくれていた、あの先輩です。)
多角的に、登場人物たち、みんなのエピソードを拾っていっております。(「とある魔術の禁書目録」もそうだったけれど。)
c0137122_23173345.jpg
c0137122_23174446.jpg
c0137122_23175099.jpg
c0137122_23175675.jpg
c0137122_2318357.jpg
c0137122_23181269.jpg
c0137122_23181976.jpg
c0137122_23182520.jpg
c0137122_23183155.jpg
 
学園都市という舞台で起きている『事件』を描くためには、ヒロイズムなテーマにだけ偏らせるのではなく、『学生たちや青春』、そして『大人』たちの「日常」や「非日常」というものを、各々ズームアップもしたいし、広角的にも描きたいのでしょうね。
 
ただ、核になる「主人公」はちゃんと絞ってあるしキャラクターが『立っている』ので、「群像劇もの」が陥ってしまいかねない「視点がブレすぎて、なんだか分からなくなってしまって感情移入がしにくい」というような心配がありません。
 
演出には色々なアプローチがあっていいのですが、「とある~シリーズ」は、その点が巧みで上手いですね。
 
ブレないのに、「とある魔術」のように、対極にいた悪役性キャラ「一方通行(アクセラレータ)」までフォロー出来ていたシナリオには感心しました。(これは逆手を取られた感じだった。)
 
そして、新しいEDです。
c0137122_23184990.jpg
c0137122_23185990.jpg
c0137122_2319694.jpg
c0137122_23191269.jpg
c0137122_23191911.jpg
 
これはこれで、とてもいいのだけど、キャラクターの描線が全部、色トレースになっていた。
とりわけおしまいの方の「緑の色トレース」になっていた所が視覚的にハレーション(光源ではなく、色対比という意味で)を起こしていて、ちょっと視力が弱くなってきた私には辛い。
目がチカチカするのよ・・・。
 
勿論意図があって「演出」としてやっておられるクリエイトな仕事ですが、う~ん。・・・描線は普通に「黒ライン(か、濃い茶色)」でお願いしたいものです。(;^_^A
 
ともあれ、次回も楽しみです。
(予告のナレーションが、「卑猥な罰ゲーム・バージョン」で面白かったです(笑)。)
     
とある科学の超電磁砲 OP2
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2010-01-24 23:21 | Comments(19)

Commented by sarukani at 2010-01-25 00:23 x
今回も良いぃ~話でした☆

徐々に能力者狩りをやらせていた黒幕の目的とかが明らかにされて行く予感ありありで、それって↑のお姉さんなんでしょうね(^^)

この数話で、今クールの登場人物の追加投入が終わったのかな~、等と眺めておりまする♪ 楽しみですね☆
Commented by ざんぶろんぞ at 2010-01-25 01:18 x
うーむ、、、全体的に良いOPなんですが、、、、
一箇所だけどうにも許すことの出来ない部分がありますなあ、、、、
いやあの車の前輪の動きはまるでカウンターが当たっていない、、
スリップしたにしても前輪は動くので氷の上を滑っているにしてもあの動きはありえんなあ、、、、何回か見直しても、、、目に付くだけに、、、うーん此処だけは直して欲しいなあ
Commented by PINKNUT_INC at 2010-01-25 03:26
sarukani 様
いらっしゃいませ♪
仰るとおり、OPアニメで、なんかちゃんと伏線は張っていますよね~。

たしかに、OPアニメで前のが「木山春生(きやま はるみ)との対決シーンのクライマックス」までがハイライトになっていたので、あのエピソードがいったん終わった形では、タイミングとしては15話からが「新OP」になるのは必然だったのかもしれません。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-01-25 03:26
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪
ははぁ~~ッ、そう言われればそうなのかな?。
 
・・・前輪タイヤの後部が外側に振っていないとダメとか?。
・・・いや、前部分が外側に振れているへきなのか?。
わ、わからん。・゜・(PД`q。)・゜・
Commented by sarukani at 2010-01-25 08:12 x
ざんぶろんぞ様
最近では、四輪が別々に駆動するタイプの電気自動車が開発されている様ですが、その場合はどうjなのでしょう?
機械が勝手に制御してまうので、普通に走るとスリップしやすい濡れた鉄板の上も、スムーズに走るというデモンストレーションをNHKの番組で流しているのを観た記憶があります。
Commented by ざんぶろんぞ at 2010-01-25 11:39 x
あんまり専門的には書きませんが、まあこんな感じで、、
あの挙動はまっすぐ走る車が急に向きを変えるために大きくハンドルを切るという挙動を行わないと後輪が滑らない、と言うことはわかるでしょうか、つまり前輪の抵抗を大きくして尚且つ向きを変えるためにハンドルを切る(この場合左に切る)、という動きなんですねしかしそのままではスピンしてしまうので反対側にもう一度ハンドルを切り動きを抑える(今度は右に切る)と言う動きをアニメ上で表しているんです、sarukuni様のおっしゃるのは左側の車輪の回転を制御して方向を変えるということでしょうか?うーん(すると車輪で方向を変える必要さえない訳なのですが、、キャプチャーして詳しく見ると最初のコマでは前輪が動いてるんです)
電気自動車は各車輪にモーターが仕込まれているので駆動ソフトにより空転を始めたら回転を制御すると言う事は可能ですね、今の車でも制動中にスリップをしないようにする装置(ABSだったかな)が装備されている車も多いです、、、

まあ相対的にたいした問題ではありませんので聞き流してください。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-01-28 03:32
sarukani 様
いらっしゃいませ♪
こういう閲覧者様同士の「質問」や「応答」もOKです♪。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-01-28 03:32
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪
なんか難しくなってきたけれど、・・・感心。
 
で、結果論としての「アニメOP」の表現に関しては、私が思うに、あの自動車の描写は、動画職人の「手描き」仕事ではなく、3Dデジタルで作った「車」をそのまま動画として挿入して使ったから、細かい表現は「抜いた」のじゃないでしょうか?。

デジタルでも完璧な再現をすればなんでも出来ますが、かかる費用や手間や時間の手を抜くと、不自然な感じに見えます。

・・・私は、そんなに気にならなかったのだけれど、ざんぶろんぞさんの言うような所までフォローしていたら、拍手ですよね。(そういう事を気付かれても、気付かれなくてもやりそうなアニメ会社は、やはり京アニかな?。)
Commented by sarukani at 2010-01-29 22:53 x
私の録画はアナログなので、解像度が・・・(苦笑)

でも、ドリフトしてるな~とか、抜ける時にちょっとだけフロントタイヤの向きや、ホイールの角度が違ってる様に見えますね。微妙ですが。コーナー突入時の絵の動きは、全然判別つきませんでしたが(苦笑)。

しかし、毎度の事ながら右上の『アナログ』の文字の許せぬ事よ・・・
Commented by PINKNUT_INC at 2010-01-31 05:12
sarukani 様
いらっしゃいませ♪
私もアナログ・デッキしか持っていないので画質はヘロヘロですよ。
で、すんごく気に入った作品はDVD買うしかないってことです。
(それもブルーレイとかが出始めて、差別化始めてるもんな。ハード代、ソフト代に、なんぼほど投入しろというのだ?。)
 
エアチェックは、アニメに関してはテレビ放送は、衛星の有料放送でもない限りは、色々と画質を落としたりわざとやってるみたいだし、まぁー、今のところ「ちゃんと話が分かればいいや」くらいな感じです。
 
許し難いのは、テレビ放送で「お色気が多いジャンル」だと修正が入りまくりで訳が分かんない画面になってるアニメ。
・・・修正の仕方のセンスが非道すぎると、「市販されても、意地でもソフトを買わないぞ。」という気になります(笑)。
Commented by ざんぶろんぞ at 2010-02-13 19:57 x
昨日ニコニコ動画より「とある科学の、、」OPを「アイドルマスター」というゲームキャラクターの人物と入れ替えた動画を発見しました、カウンターを当てるというのはこんな感じです。


hssp://www.nicovideo.jp/watch/sm9689095

いえこだわってるわけではないんですが、、まあ紹介だけ、、、
(やっぱりこだわってるなあ、、)
Commented by 七氏井 at 2010-02-13 21:40 x
>許し難いのは、テレビ放送で「お色気が多いジャンル」だと修正が入りまくりで訳が分かんない画面になってるアニメ。

加害者筆頭はやはり「テレビ東京」でしょうか...
古くは、作品唯一の売り物「人形アニメ」をまるごとカットした映画「レーザーブラスト」に始まり(これは色気じゃないですが^^;)、

どうしようもなくなった(何が?)

 涼風

「パンツが駄目ならノーパンにしてしまえ!!」の

 舞-HIME
 武装錬金
 みなみけ(トウマが脱衣所で慌てる場面なんかかえって色っぽい)

とか(汗)

しかし、宮崎アニメを論じている時とは(我ながら)凄まじい落差
だと自覚しています(大汗)
Commented by PINKNUT_INC at 2010-02-16 08:39
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪
紹介していただいたサイトを拝見しました。
車の事はともかく(いや、正直、いまいちよく分からない私の不得手な分野なので・・・。すみません。でも、なんか迫力の違いと、違和感の有る無しは、なんとなく伝わる・・・。)、それよりも「MAD」の出来栄えが凄かった。
感心して見てしまいました(「なに、これ。」という感じです。・・・熱意の凄さという意味で)。
Commented by PINKNUT_INC at 2010-02-16 08:52
七氏井 様
いらっしゃいませ♪
アニメのお色気やサービスシーンは、どこまでいってもさじ加減でございますよ。
そういうのが「好き」と言っても、破綻しているものは"鼻白む"でしょ。 
例の「ソーマ(soma)アニメ」は、テレビ放送は「わけわかんない」状態だし、だからと言って、あれを無修正で見て楽しいのかと言ったら、やっぱり「どうなんだろ?」という感じ(笑)。(原作の「絵」は達者そうだね。)
 
そういうジャンルこそ、むしろ、より高度に巧みな題材や、巧みな演出が欲しいのであります。
Commented by 七氏井 at 2010-02-16 10:04 x
>アニメのお色気やサービスシーンは、どこまでいってもさじ加減でございますよ。
読んで思わず膝たたいちゃいました。至言です(^^)

>「ソーマ(soma)アニメ」
なるほど、ベースはあれでしたか。

>そういうジャンルこそ、むしろ、より高度に巧みな題材や、巧みな演出が欲しいのであります。
そうすると、原口先生の辛口の批評が回を追う毎に収束していった「そらおと」はやはり良作であると言えますね。

Commented by ざんぶろんぞ at 2010-02-16 13:35 x
紹介したニコ動の関連で今「MMD(ミクミクダンス)杯」と言う奴をやって居ますが、コレを是非見て欲しいですね、そうそう「口の中に何も入れておかないように「して下さい(念のため)
「ミクトラ」
hssp://www.nicovideo.jp/watch/sm9689271
「天国と地獄」
hssp://www.nicovideo.jp/watch/sm9684783
個人的には「ミクトラ」を応援しています
Commented by PINKNUT_INC at 2010-02-20 01:28
七氏井 様
いらっしゃいませ♪

>原口先生の辛口の批評

あははは。
別に「辛口」意識は、そんなにはありません。・・・が、そこそこ、自分の立ち位置ははっきりさせてものは言っていますかしら。時々、書きすぎてるかもね。
 
でも、自分の意見や感想は、そのまま自分に跳ね返ってくるものだと理解しているので、名前も立場もパブリックな場所に晒して述べている意見の「重み」は感じています。(ペンネームであると共に本名ですから。)  
 
自重すべきかな?。
 
「そらおと」は第二期があってもいいなと思っています。
あれは、「原作ストーリーのアクの強さから言えば、アニメ化スタッフは、エンターテイメント要素満載で頑張っていましたね~。

(原作版の作家先生は、萌え系ジャンルにおいて、「絵」のクォリティが大変に高い人だと存じ上げます。)
Commented by PINKNUT_INC at 2010-02-20 01:28
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪
  
事後報告になりますが、ご紹介いただいたサイトの動画が、あまりも面白かったので、私のブログ・ネタとし使わせていただきました。
良いネタの提供、誠に有り難うございます♪。
 
私も「ミクトラ」を応援します♪。
Commented by 七氏井 at 2010-02-20 03:24 x
>自重すべきかな?。
いいえ、自重しないで下さい。原口先生のブログの過去分を現在ラ
ンダムに読んでいるのですが、これをアニメ誌やネット上の意見や
制作サイドの談話と突き合わせてみてあれこれ考えてみるのが私
の大きな楽しみですので(^^)

>アニメ化スタッフは、エンターテイメント要素満載で頑張っていましたね~。
公式サイトの談話だったでしょうか、スタッフの方はアニメ化にあた
って原作者と打ち合わせの上で原作の話の流れを一度ほぐして再
構成したそうです。その無理なく構成された土台の上にエンターテ
イメント要素がたっぷりという事は、いわば豪華なデコレーションケ
ーキを腹いっぱい食せたようなものでしょうか。

でも第二期をやるとなると、現在(原作に)残っているエピソードは
キョーアクなものばかりのような気がします(トモキ六道地獄なんて
どう表現するのか?トモ子〇〇トイレ潜入、なんてとんでもない話も
あります^^;)

<< アニメ『ダンス イン ザ ヴァ... アニメ『とある科学の超電磁砲(... >>