アニメ『そらのおとしもの』~第12話/逃るること叶わぬ螺旋回廊(クサリ)

アニメ『そらのおとしもの』~第12話/逃るること叶わぬ螺旋回廊(クサリ)のレビューです。
 
今回は、まずこのエンディング曲の選択の良さに尽きる。 
 
赤い鳥(往年の名フォークグループ)の「赤い花、白い花」のカバーだったのだ。

本編でもニンフが、これまでのキャラ性からは違ってきているような内容だったし。
ラストシーン、ついには、ただ、ニンフがしおらしく儚げに去っていく場面に、この佳曲が、ふわりと優しく優しくかぶさってきた時には・・・、なんかもの凄く「やられた」感がした。
(これが普遍的なほどに美しい、メロディラインの「破壊力」ってもんです。)
歌がイカロス(声 : 早見沙織さん)で、その声質がこれまた暖かくて優しいの。

そらのおとしもの 第12話EDほろり、と来ました。
 
今回はCパート要らなかった。
 
エンディング曲のところで終わっていた方が、なんぼか素敵な雰囲気のまま終わっていたと思います。
 
本編の一部を紹介。
c0137122_395955.jpg
無表情だったイカロスが、天使の微笑みで、天使おむすびを♪。
c0137122_31085.jpg
智樹も赤面。
c0137122_3101665.jpg
わーっ、イカロスって!
c0137122_3102580.jpg
乳でけぇッッ!!(ホントにでかい。) ・・・じゃ、なくて♪。
c0137122_3103393.jpg
さらに微笑みのまま身をすり寄せてきて、
c0137122_310417.jpg
おっぱいムニョ~~ンッ!!(って、も、どういう場面か分からない人は、本編を見てね。)
c0137122_3104997.jpg
お話しは「三人でデート♪」イベントに突入。(「イカロス・アピール」があったのに、ツーショットにはならない。)
c0137122_3105840.jpg
ニンフを(その気持ちの部分を)救ってやらねばいけない流れだから。
c0137122_31166.jpg
でも、そんな様子にイカロスが感じる『(彼女の)動力炉』の痛み。
c0137122_3111595.jpg
デートの締めに、ニンフから智樹にキスのおねだり。
c0137122_3112574.jpg
(無意指揮下のジェラシーで)見ていられないイカロスは逃げ出す。
c0137122_3113313.jpg
・・・据え膳食わぬわ、で、逃げたイカロスのことは置いておいて、智樹もその気に。(男って・・・。)
c0137122_3114151.jpg
でも、キスはニンフの寸止めで未遂に終わる。
 
ニンフ、「思い出作りの一環」だけのノリで求めたキスだったので、いざとなった時に自らも驚くほどの『智樹を意識している自分の心』に動揺したのだ。
 
ニンフ、イカロスに「悪いことしちゃった。」と思う。
 
ニンフの中で、保身本能と、智樹たちへの思いは、なんとなく自己完結した。
このあと彼女は今回のエピソード(ムリっぽいドタバタシーン)の一騒ぎのあと、そっと去っていく事を決意。
c0137122_3115047.jpg
いつの間にかニンフはいなくなった。

で、そんなニンフの事も気にしながら、智樹は戻ってきたイカロスといい雰囲気に。
c0137122_311588.jpg
手なんか引いて。(まだ積極的に手のひら同士を繋いだり、指をからめたりはしないのね。)
c0137122_312799.jpg
天上界のマスターの命(めい)に背いて、智樹とイカロスたちの側から離れる決心をしたニンフ。なにげにしおらしい。
c0137122_3121565.jpg
そんなニンフを見送るように一羽の小鳥が。
c0137122_3122412.jpg
この小鳥は・・・、第7話で飼育小屋からニンフが逃がした小鳥?。
c0137122_3124230.jpg
お前は自由になれたんだ・・・。
c0137122_3125168.jpg
(良かったね・・・。)
c0137122_312596.jpg
眼下、はるか下に手を繋いで歩いている二人が見える。
c0137122_313877.jpg
さよならアルファ。・・・さよなら智樹。
c0137122_3131617.jpg
自爆コマンドをマスターに入れられてしまっている事を熟知しているニンフは、誰に真実を伝えることもなく、一人っきりで身を引く。
その引き際、去り際は可憐でさえある。
c0137122_313271.jpg
そして、今回は「珠玉のエンディング」が来た。
 
なんと、名曲、赤い鳥の『赤い花、白い花』だ。
c0137122_313361.jpg
淡い水彩タッチの静止画を、ゆっくりとパンしながらクレジットされていくエンディング。
c0137122_3134782.jpg
歌は声優(イカロス役)早見沙織さん。
c0137122_3141737.jpg
こよなく美しく、儚げに・・・。
c0137122_314251.jpg
ラストのこのイラストなんて、私が『過剰演出!。なんか作劇的に幼い!。』と評してしまった、「第10話」のペット殺しのシークェンスを切り離して、「いい絵」として見れてしまえるエモーションを持っている。
 
・・・小鳥を飼ったことがないとか、飼っても懐くほど可愛がった事が無い人には伝わりにくいかもしれないが、雛から差し餌(さしえ)して小鳥を育てると、驚くくらい小鳥はベタベタに人に懐きます。
それはもう、絶対的な信頼感と愛情表現を人に向けてきますよ、小鳥って。
 
だから、このラストの一枚の「ニンフと小鳥」のイラストは、とても切ない。

※しかも、このエンディングの彩色イラストが『4枚だけで構成』されているのも凄い。
枚数以上の奥行き感や、視聴者に「行間を読ませるメッセージ性」と言うか、センチメンタリズムが(良い意味で)豊穣に感じられる。・・・この簡潔さと明瞭さが、かえって視聴者の想像力を刺激するのだ。
 
さて、

話題が逸れるが、私の田舎の親戚で、家畜ではなく、ペットとしてニワトリを飼っていた身内の様子を垣間見たことがあった。

夜店のヒヨコを飼っている内に、なんかどんどん育って、立派な鶏冠の雄鳥になったのだ。

・・・これが人に懐いていて、犬や猫みたいに家の中で飼われていた。

~近くで見るとねぇー、成鳥になったニワトリの雄鳥ってでかくで迫力だよ。怖い!。
あの嘴も、鳥足も、蹴爪も、とんでもない破壊力がありそうで、すんごく怖い。
歩き方とか首の振り方とか独特だもんね。ニワトリって。
なにを考えているのか分かんないところが、客の立場からすると不気味なんである。
・・・が、そのニワトリの「ピーチ」は人には逆らわなかった。
 
鳥の本能として、興味を示したなにかを突こうとしているのを「ダメよ」と叱ると割と人の言うことを聞き分けるし、それでもたまに、悪戯心の方が勝ってやめようとしない時は、「こらこら」と人間が立って行って、胴体を両手で捕まえようとしてやると、ロッキーのニワトリ特訓のように逃げ回ったりはしない。
シュ~っとその場に小さくなって抱き上げられるのを待ってしゃがみ込むのだ。
 
(人間の大人に対しては無抵抗であった。~人間の「子供」は、彼の鳥の天敵であった。~ほら、子供って騒ぐし、うるさいし、ペットを乱暴に扱う場合が多いでしょ。子供からの扱いには苦手意識があったようだが、人間の大人には従順な奴だった。) 

で、抱き上げて「そっちで遊んでなさい」と別の場所に運んでやると、また勝手に散策しながら遊んでいる。
当初、でかさにビビっていた私でも「誰にでも触らせるよ。平気だよ。」と飼い主に言われて、優しく声をかけながら捕まえに行ってやると、簡単に私にでも抱けた。・・・ニワトリでさえ人に懐いたらこうである。
 
脱線したが、「そらおと」の今回のエンディングは、選曲の良さで、その秀逸さに一層貢献したと思います。 
 
久々に、良い回でした。     
                       
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-12-27 05:28 | Comments(12)

Commented by 七氏井 at 2009-12-23 02:33 x
ニンフが飛ぶ場面、率直に「きれいだ」と思いました。
前回までのエンディングが、がんがん動かしまくっていたのから一転、優しい色調のイラストの組合せで構成された「静」への転換が秀逸でした。

以下、いらないオマケ。
 「幼なじみ」
 「天然ボケ」
 「ツンデレ」
 とくれば、次に来るのは「おバカ」ですね。
これを出してくるという事は、2期はほぼ確定かもしれません。
Commented by ざんぶろんぞ at 2009-12-23 02:43 x
自分で言ってて何ですが、、、12万ヒット踏みました、、、朝の5時過ぎに、、(今回は11万9999も踏んでいたりします、狙ってました)

>エンディング
今回は良いエンディングでした、基本ギャグだと信じて最終回を楽しみにしています、、、、大丈夫だよねっ、、きっと(コミックの表紙を見る限りはニンフが出てるので、、)

>Cパート
γ(ガンマ)と言うことは新型?(先入観無しで見るとデザインは面白そうです、より「戦闘的」に見えますが、、
Commented by 間地出 外吉 at 2009-12-23 16:37 x
いい曲ですね。私は30年ほど前、NHKの「みんなのうた」でこの曲を知りました。バックに流れた林静一氏のアニメーションがまた綺麗で、いまだにしっかりと覚えてますよ。
Commented by sarukani at 2009-12-24 02:53 x
「赤い花 白い花」は一人去り逝くニンフの心情がイメージ出来て、物悲しくもステキなエンディングでしたね。

γとの邂逅がニンフを新たに奮い立たせる要因になると良いです♪ このままでは逝けないと・・・
Commented by PINKNUT_INC at 2009-12-25 07:51
七氏井 様
いらっしゃいませ♪
そうですよね。
エンディングのみ切り出したウエブの動画を見ても、なんか感動があります。
 
これは、原曲の旋律と歌詞の(美しさの)普遍性というか、「赤い花、白い花」の『凄さ』ありきです。
はじめて名曲「赤い花、白い花」を知った若年層が、「そらおと」をきっかけに、原曲にも触れているようです。
 
アニメ・スタッフの演出の良さもあり、巧くコラボレーションしていますね。
(本編のギャグシーンは相変わらずハチャメチャでしたが(笑)。)
Commented by PINKNUT_INC at 2009-12-25 07:51
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪
おぉ、ざんぶろんぞ様が12万ヒット目の訪問者ですか。
・・・これはまた、申し訳ないことに年越しになりそうな色紙プレゼントの付加要素が増えましたね♪。
(プレゼント遅れて、誠に申し訳ありません。正月に描きます。「書初め」的な感じで♪。)
 
「そらおと」の今後の展開に関しては、私は特に情報を得る努力もしていないのですが、どうなるのでしょう?。
2クール目には突入しないようだから、あとはDVDで?。
それとも間を置いて第二期があるのかな?。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-12-25 07:51
間地出 外吉 様
いらっしゃいませ♪
NHKの「みんなのうた」ヴァージョンを私は知りません。
林静一画伯の絵なら素晴らしいでしょうなぁ!。
見てみたいけれど、「ようつべ」にもないですね・・・。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-12-25 07:51
sarukani 様
いらっしゃいませ♪
「赤い花 白い花」の存在感や、イカロス声優さんの歌声が圧倒的な出来栄えでございました。
 
・・・ホントに。
このアニメのハチャメチャさと、センシティブサのハンドリングやバランス感覚が、大変に重要なのですが。
笑って終幕というのがいちばんかな?。(感動の方向に持っていこうとするより、「笑い」の方が「そらおと」の正道のような気はしています。)
Commented by 七氏井 at 2009-12-26 02:19 x
そういえば、今回のオープニングのみ「効果音」が入っていましたね(動画サイトにアップされてたものは、なぜかOPがカットされていましたが。でも違法動画に宣伝文って何か違和感^^;)。
13話の題名が「空の女王(ウラヌス・クイーン)」ですから、最終回はかなり動かすのではないかと予想しています。

最近の深夜アニメは最終回はEDを潰してエピローグにあてるケースが多いですが、この作品はEDが傑作だけに・・・さてどうなりますか。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-12-26 23:35
七氏井 様
いらっしゃいませ♪
「そらおとOP」の効果音の挿入は、当然の事ながら気づいていました。
悪くもないけれど、過剰な気がしますねぇ(笑)。
 
シリーズのエンディングがどうなるのか「?」なままです。
まだ13話目が最終話ともアナウンスがなかったし・・・。
 
14話まで行くのですかね。
その先もあるんでしょうか?。
Commented by ふじもっち at 2009-12-27 09:00 x
おはようございます!

以前のコメントにも書きましたが、そらおとのTV放送は13話で終了です。
真の最終回である14話はDVDに収録されます。

今回のED、イラストは原作者である水無月すう先生の書き下ろしですね。
評価が高いのも頷ける、というか当然なのかも知れません。

最終回では、ニンフがγ(ガンマ)と呼ぶエンジェロイド・ハーピー姉妹が、あと次回予告で一瞬、タイプ⊿(デルタ)・アストレアの姿が!
なんか、とりあえずニンフの鎖は切れそうですが、未解決のまま歯切れの悪い終わり方になるんじゃないかと心配…

まぁ実際に見てみないと何とも言えませんが、アストレアは以後の展開で重要な存在ですし、バカデレというキャラで人気があり、特に智樹に対し好意を抱くので、1回こっきりの登場ではファンの反感を買いそう…

風呂敷を広げるだけ広げて、畳まずに終わるというやり方だけはしてほしくないのですが、さて…?
Commented by PINKNUT_INC at 2009-12-28 03:59
ふじもっち 様
いらっしゃいませ♪
なるほど。
ふじもっちさんの情報通りだと、テレビシリーズの(よしんば第2期が決定していたとしても)まとまらない所で放送を切るのは、不安要素の方が大きいですね・・・。
 
見てみないことには判断つきませんが。

>風呂敷を広げるだけ広げて、畳まずに終わる

だけは、ご勘弁・・・。

<< 新しいスキャナ アニメ『そらのおとしもの』~第... >>