アニメ『とある科学の超電磁砲(レールガン)』、ちょいレビュー その2

アニメ『とある科学の超電磁砲(レールガン)』
 
途中レビュー、その2です。
c0137122_4504140.jpg
ヒロインたちは学生で(高校生くらいの発育に見えるのだけれど、ドラマの中心になっているのは、みんな中学生だそうです)、基本、可愛い子ばかりなんだけれど。・・・仲がいいというか、百合っぽいというのか(笑)。
c0137122_4512778.jpg
c0137122_523326.jpg
c0137122_5234761.jpg
そんな中で、大人な木山春生(きやま はるみ)というキャラクターが、なかなかに印象的です。
                     ↓
目つきがかなり悪いです。
目の下のクマがデフォルト状態になっている妙齢の美女というのも珍しい。
(いや、はっきり言って既に美人ではないし。・・・でも素地は美形なんだけどな。)
c0137122_4514577.jpg
そんな彼女が「脱ぐ」描写が何回かある。(なんで、こんな目クマの人がセクシー要員?(笑)。)
c0137122_452795.jpg
自室でもない出先とか、喫茶店で、女性の羞恥を持ち合わせていないかのような脱ぎっぷりの挙動の数々。
c0137122_4522336.jpg
c0137122_4541362.jpg
これには学生たちの方が面食らって怒ってしまう。
c0137122_4542793.jpg
「いや、起伏にとぼしい私の身体を見ても、(べつに)劣情を催す男性がいるとは・・・。」という彼女の意見は、なんの言い訳にもならない。
c0137122_455089.jpg
それに、「絵的」には十分にエロく描かれているので、説得力もない。
 
話題は急展開しますが、私は御坂美琴(みさか みこと)ちゃんが気に入っている。
こういう、柄にないキャラも作ってみせる役者っぷりもあるし(笑)、
c0137122_456427.jpg
黒子という、ヘンな「おねーさま萌え」している百合キャラも、自虐的で面白い。
c0137122_4562116.jpg
御坂美琴に関しては「御坂妹(みさかいもうと)~シスターズ」のエピソードで改めて機会を設けて触れるとして、「とある科学の~」では、アクション・シーンもなかなかのものだ。
c0137122_502132.jpg
黒子って、そんなに男性目線から思い入れの出来る女子ではないのだけれど、いい役廻しで、アクションしながらテレポートするという能力を巧く使いこなしている。
c0137122_4581942.jpg
悪党と対峙するときの、獣的なこういう姿勢とアングルの描写は好きだ。
c0137122_4584361.jpg
女の子が四つん這いに前傾姿勢を取りながら、間合いを計って横移動、次のアクションを起こすというのはエキセントリック。
c0137122_53760.jpg
今回、主にキャプチャーしているのは第8話のものだが、黒子大活躍の回だった。
c0137122_53453.jpg
ちなみに、学園都市で起きている犯罪も、治安維持の印象が徹底していないことも、あの場所自体が色々な事が起きるのを想定しているような「巨大な実験場の様相」なのです。

「学園都市」の成り立ちが、そもそも、かなり非人道的な見地で出来ているようなのだ。

学生達が無邪気にはしゃいでいるのが描写の目線になっているのは、たぶんに作為的で、意図的でもあって、視聴者の目くらましになっている。
 
それは、実社会の私たちも、現在進行形で起きている世の中の闇社会に潜む悪意や、表社会でさえ不条理に生じているお隣さんの事件を知らずに、あるいは知ろうともしないで、概ね安穏と暮らしていることに重なっているのでしょう。
                
でも、だからこそ、このアニメの馴染みやすさというか、エンタメ性の株が上がっている感じがする。
 
こうした不条理を大上段に構えると、それはそれで(巧く演出できれば)面白い作品になるが、仰々しいのはしんどい(笑)。
                
仰々しいというのとはニュアンスが違うが、命の使い捨てっぷりが、凄かったのが、同じシリーズの前作「とある魔術の禁書目録」の『妹たち~シスターズ』のエピソードや、他作品では『ダーカー・ザン・ブラック』というアニメの命の使い捨てっぷりは半端ではない。しかも、(「ダーカー・ザン~」の方は)シナリオの進行の中で、追いつめられて煮詰められてという流れではなく、実にあっさりと、有無を言わさぬ力業なのだ。
            
アニメ、ぼんやり見ていると、テーマを見誤るものが増えています。   
 
「とある科学の~」は、これまでのところ楽しく見られていたが、♯11「木山せんせい」からターニング。ポイントを迎えている。   
     
お話が一段落したところで、いずれまた、レビューしたいと思っています。

                                                                                        
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-12-14 05:12 | アニメ | Comments(18)

Commented by ふじもっち at 2009-12-14 07:45 x
学園都市自体が、かなり非人道的な巨大な実験場の様相、というのは言い得て妙ですね。
この都市には、風紀委員(ジャッジメント)や警備員(アンチスキル)といったボランティアで自主的に治安を守る(それこそ命がけで)組織がありますが、上層部ではそれすら能力を測定する為の実験として捉えている世界なんですよね。

まぁ本質は、「この物語が進行するうえで都合のいい世界」に他ならないんですが(^_^;

でも、ツッコミどころをあれこれ穿るより、素直に「美琴萌え!」「初春萌え!」と言ってる方が100倍楽しめるアニメである事は間違いありません♪

黒子はともかく、佐天と初春の関係は、百合とまではいかないんじゃないでしょうか?まぁ最近は可愛い女の子が主人公、ってだけで「萌えアニメ」と言われてしまう傾向がありますし、女の子の友情を書くと「百合」と言われてしまうのかも知れませんね。

「幻想御手」のラストで、美琴が抗えない宿命を背負ってるという事が木山の口から語られます。
よって、「妹達」を描かないとこの台詞の意味がなくなってしまいます。
オリジナルもいいですが、ちゃんと妹達編も描いてほしいですね。
Commented by よろづ屋TOM at 2009-12-14 14:54 x
あららっっっ。ちょっと自分のトコの整理に追われてたらいつのまにか二本もレールガンネタが上がってる。出遅れたー
( ̄ロ ̄lll)
そうそう、ふじもっちさんが仰るように、佐天と初春は百合じゃなく、これぞ正統派の『エス』でしょう。いずれ二人ともムクツケキ野郎に恋をして卒業して行く。
ええ、もちろん黒ちゃんは『こどものじかん』の黒ちゃん同様、百合傾向ですけどね。それにしても初春の花飾りが気になる…そういえば豊崎さんは今期も大活躍ですなー
Commented by sarukani at 2009-12-15 09:15 x
私も毎回の放映を楽しみにしています。
まだ、原作には手を出してませんが。呪術的なものの捉え方が面白いと観続けていました。無論、おきゃんなギャグの数々も楽しいですね☆

木山先生の目のくまとか脱ぎっぷりは、それっくらいに全部のめりこんで後の事はどうでもいいって感じの、逝っちゃってるキャラを表現してるんでしょうね。

それにしても、キャラの名前が・・・親がつける名前とは思えないものばかりですな(笑)。
初春の頭のお花の展開も気になりますね。あれはレベルアップしてしまうと、もっとゴージャスになるのでせうか(^^;;? 能力的にはプラントコントロール?
Commented by ふじもっち at 2009-12-16 00:16 x
よろず屋TOM様:
フォローありがとうございます♪

>いずれ二人ともムクツケキ野郎に恋をして卒業して行く。

ニュータイプ今月号の月間番組表によると、1/8放送の14話で佐天さんが小学生のような教師のいる高校に特別講習に行くそうです。

小学生のような教師というと…小萌先生!?という事は、そのクラスには当然、あのモテモテ男・上条当麻さんが…

いきなり佐天×上条のフラグが立っちゃうのでしょうか?
でもって、御坂×上条×佐天の三角関係に発展!?
…いや、それはまぁオイラの妄想ですが(^_^;

2クール目も楽しみです♪
Commented by PINKNUT_INC at 2009-12-16 09:30
ふじもっち 様
いらっしゃいませ♪
原作ラノベのを方をちゃんと拝読していないので、なんとも言いにくいのですが、「学園都市」が、どういういきさつで出来たのか?、つまびらかにされていない分、かえって行間を読ませますね。

さてさて、女の子同士が無邪気にじゃれ合っているのは、癒されますね~。
 
こういうシーンがドラマ目線になっているのは、サービスだけではなく、「大切なんだよ♪、彼女たちのこの空間や時間が♪」というメッセージのようにも伝わります。
                                     
「妹達(シスターズ)」は、また見たくもあり、リアルに描くほどたまらないシチュエーションだから、期待と不安の交錯です。(ひどい話なんだもの。)
 
>DVD、BDは8巻までリリース予定なので2クールは確定で25~26話になるのが濃厚。
 
というネットの噂は信じられるのかなぁ・・・。
 
だったら、ラストオーダーまでいかないと納得出来ないので、「とある魔術~」とまんまかぶるし、美坂じゃなくて、アクセラレーターが主役格になっちゃうし・・・。
どうなるんだろ?。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-12-16 09:30
よろづ屋TOM 様
いらっしゃいませ♪。
はい、ホントはね、レビューしないで色々とオマージュしてやりたいくらいの感触があったんですよ。「とある~」シリーズは。(ま、出し惜しみしてても仕方がないから、そのうち「電脳コイル」もレビューしますよ♪。)
     
仰るとおり「とある科学~」の、女の子達の関係は"S"ですよね~。

「とある魔術~」の方は、しっかりコンプリート出来ていなくて、その辺をクリアーしてから、あらためてシリーズ全体を眺めた感想も述べたいと思っています。
 
・・・初春の髪飾り(というか、本物の花ですよねぇ~)は、ホント気になります。
なんで、触れないで引っぱっているのだろう?。(本編中では、正面切って木山さんが訊ねたくらいだよね?。)
  
それはそうと、声優の豊崎愛生さんかぁ。(「けいおん!」の平沢唯ちゃんのイメージが強烈な私です♪。)
失念していたなぁ。道理で可愛いんだ♪。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-12-16 09:30
sarukani 様
いらっしゃいませ♪
はい。貴方も同好の士!。

木山さんの露出平気は、"木山先生"やってた頃から天然みたいです。
私は木山さんに色気を感じています。
自分の「色気」を自覚していて売り物にするキャラ性よりも、こういう天然系の方が、なんかいいです♪。
 
キャラの名前、ヘンですか?。
黒子()、涙子(るいこ)、飾利(かざり)、帷子(かたびら)、etc
・・・ヘンかな(笑)。

それにしても、やはり「初春の髪の花飾り」はやっぱり気になりますね~。

なんか、凄い能力の伏線なの?(笑)。
(謎のまんまでもいいや、という気もする。)
Commented by PINKNUT_INC at 2009-12-16 09:31
ふじもっち 様
再び、いらっしゃいませ♪
ははぁ~、そうですか。
そういう情報の先取りがあると、それはそれで気になりますねぇ。
 
同じ作家さんのシリーズは、世界観がしっかりと構築されていると、色々なリンクはアリですね。
ふじもっちさんの妄想は、シナリオとしても成立しそうです(笑)。
 
14話目の話まで公式にアナウンスされているのなら、2クールは決定ですか。
それは、来年も楽しめるということだなぁ♪。
Commented by よろづ屋TOM at 2009-12-16 11:27 x
豊崎さん繋がりで、『聖剣の刀鍛冶』のリサが可愛くて…なんて萌えまくり記事にコメントまで戴きましたが、あの話もあの絵でエライ重たい設定が見えてきましたね。
まあ一話からして、リサは人間ではないのは分かってましたが…その出自はかなりハードです。豊崎さんならではの“しな”のある頼りなげな声が切ない。
元々上手い声女優さんですが、種々の泣きや叫びも入るあの作品ではさらにワンステップあがれるのではないかしら。

電脳コイルもいずれ読ませて戴けますか!! これは楽しみです。私、アレは映画ブログでまれにみる傑作SFとして紹介させて戴きました。うわー、楽しみ。
Commented by ふじもっち at 2009-12-17 05:20 x
ちょwww
過去にリサに関する記事までwwww

どんだけオイラと好みが似てるんだwwwww

みらくる☆ハッピーディ最高!

あいなまさんは、声だけでなく容姿も可愛らしい方なので、より人気に拍車がかかった感じです。

オイラは、これまでずっと花澤香菜さんのファンで、ゼーガペインの頃から好きだったんですが、原口さんはどうですか?

あ、「妹達(シスターズ)編」に関してなんですが、ネットでもよく「禁書目録と同じ話をしてもなぁ」という意見を見るのですが、

禁書目録の時は、すでに妹達と出会って、一方通行(アクセラレータ)に敗北した後の話、

超電磁砲では、妹達と出会い、一方通行に敗北するまでの話が描かれます。

内容は全然違いますので、充分楽しめると思いますよ!

ただ、原作がまだ妹達編、完結しそうにないんですよね…
だから原作とは違う展開になるかも知れません。

2クールは確定ですので、来年も楽しんで下さいね♪
Commented by よろづ屋TOM at 2009-12-17 15:09 x
≫どんだけオイラと好みが似てるんだ

(O.O; )え? ( ;O.O)え? あ、σ(・・lll)私ですか????

どれどれ…と今ふじもっちさん家にも寄せて頂きました。

ぬぁるふぉどうぅううううっっっ。Σ( ̄▽ ̄lll)//

化物語、みなみけ、かんなぎはマイク貴子まで触れておられる…
私もあの回はその晩のうちに書いてしまいましたがな。
おかげで頭の中に♪しーりげやー♪の歌が刷り込まれて…
これはイカン。匂うぞ、匂うぞ、同じニオイだ。
小鬼だ。小鬼が、おる。パズーに似た、小鬼が…←錯乱
Commented by ふじもっち at 2009-12-18 04:24 x
・・・あ・・・

よろず屋TOMさん、申し訳ございません!原口さんのコメントと勘違いしてしまいました…(^_^;

まぁ、これも何かのご縁なので、オイラもTOMさんのブログをじっくり拝見させていただきました♪

・・・レベルが違いすぎる・・・
TOMさん>(超えられない壁)>ふじもっち
アクセス数60万超えって、150年かけても辿り着けませんわ…

ちなみに、オイラは細々とながら「よろずサークル TOM2 COMPANY’z(トムトムカンパニーズ)」というものをやっておりまして、なんか似てる…という事でずっと気になっていたんです。

ブックマークさせていただきましたので、また遊びに行きますね♪

原口さん、勝手に私信に使っちゃって申し訳ありませんでした…m(__)m
Commented by よろづ屋TOM at 2009-12-18 12:02 x
あ。やっぱり私宛ではなかったんですね。
答えた私は、うあ、ハズカシ。(>_<**) でもほんま、これがご縁で。
いや、こちらに書かれる方々の事はみなさん気になってるんですが、やはりいくら先生がお許しくださってても、余所様のお庭でイチビルのもどーかと。
とか書きながら私も私信に使わせて頂きました。先生、申し訳ありません。

ついでなんで言い訳しますが、ウチのアクセス数、全コンテンツひっくるめて9年分ですから鍾乳石みたいなもんです。スゴイ人ってのは、始めて2年で十万単位をはじきだす先生みたいな人のことですよ。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-12-19 08:51
よろづ屋TOM 様
いらっしゃいませ♪
リサの豊崎愛生さん、いいですね~~♪。
『聖剣の刀鍛冶』は佳境ですね。
魔剣=人というのと、悪魔契約なんてファンタジーが、リアルに存在している世界観の話ですから、今後どういうストーリー展開になるのかがホント気になります。

「電脳コイル」はね~、ちょっとスタンスの似たような話を考えていたのですが、最近、編集さんというか、出版社が(というか会社がね)コケたので、こちらの話も立ち消えになったという凹んだ経緯があったばかりなので、触れる機会を逸していたのです。
 
すぐに私の作品が生かせるのなら、オマージュ作品に関しての言及は控え続けるのですが、まぁ、べつに、もぉ~、いいや。(当面、私フィルターの「電脳コイル」テイストの漫画を描けるフィールドのアテもないし・・・)と言うことで、そのうちにレビューします(笑)。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-12-19 08:52
ふじもっち 様
いらっしゃいませ♪
そうですよね~♪。
リサはアニメ版のキャラ・デザインや声優さんがハマりすぎていて、まぁ、見事です。(原作をコミカライズした漫画版の絵柄とは、また違う感じらしいです。)
 
ちなみに、花澤香菜(はなざわ かな)さんは、私にとって「かんなぎ」のざんげちゃんが断然に印象的です。
「DARKER THAN BLACK -流星の双子-」の蘇芳(スオウ)や、化物語の千石撫子が花澤さんだというのも気が付いたばかりです。

なんだか、皆さんの方が私よりも声優さんにお詳しいですね。
     
ちと、私も勉強しないといけないなぁ。

「とある科学の~」は、私の予測より倍に楽しみが(放送期間が)伸びるようなので嬉しいことであります♪。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-12-19 08:52
よろづ屋TOM 様
いらっしゃいませ♪
あはは。
類友ということで、シンパシーを感じあってくださいませ♪。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-12-19 08:52
ふじもっち 様
いらっしゃいませ♪
やはり類友ということで、ご縁なんでしょうね♪。

ここは、同好の士のサロンみたいになるのは歓迎ですので、「私信」とかは一向にOKでございますよ~。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-12-19 08:52
よろづ屋TOM 様
いらっしゃいませ♪
サロンです♪。
言葉の紳士淑女なら、全てのかた大歓迎です。

「イチビル」ってのもウイットに富んでいるものはどんどん推奨です。
 
あ、私のブログやホムペは、こういう生業の人のサイトとしては、ホントーにささやかなものなんです。
 
4コマ・ブログとかにしたら、ちゃんとリピーターがついてくれるかもなー、という野心(笑?)もなくはないのですが、課題ですねー。
 
今後ともよろしく♪。 

<< アニメ『そらのおとしもの』~第... アニメ『とある科学の超電磁砲(... >>