アニメ『そらのおとしもの』~第9話/嘘から始まる妄想劇場(ストーリー)

アニメ『そらのおとしもの』~第9話/嘘から始まる妄想劇場(ストーリー)のレビューです。
 
関西では、(12/1~12/2またぎの)午前0時からの放送でした。

「天上界」の描写が冒頭(アバン)からありましたが、これは・・・、なんだかなぁ。
(「天上界」の主たちを貶めているのは作為なのでしょうが、ここは、どうにかして欲しい。・・・もう修正が効かないけれど。陳腐と言っては言い過ぎでしょうか?。)
c0137122_4144933.jpg
前話、失態を犯したエンジェロイド・ニンフに猶予付きの仕置き。
c0137122_415023.jpg
いわゆる「ニンフの死亡フラグが立った」というやつ。(イヤな言い方・・・。)
c0137122_4151177.jpg
メインタイトルが始まって。
c0137122_1917962.jpg
いきなり女性のヒップのアップ&パンチラ。(いや、もう、パンチラじゃないし。)
c0137122_4153732.jpg
肉体だけはいい会長さんが、ロリな恰好。(英クンの助手候補だそうです。)
c0137122_4154733.jpg
で、サブタイトル。
c0137122_4155712.jpg
「嘘をつくのが人間ってものさ。」通りすがりの人の言葉を真に受けるイカロスが今回、言葉の暴力を撒き散らかします(笑)。
c0137122_416810.jpg
ここからが、お決まりな「笑い」ルーチンなんだけど面白い(笑)。
いっちゃんの被害者が、そはらさんでした。(いかにも人の評価を気にしそうなタイプだし。)
c0137122_4161836.jpg
「私は貴女が大嫌いです。」by イカロス。・・・とーとつな宣言に、そはら凝固。
c0137122_4162892.jpg
「そはらさんは誰の目から見ても可愛くないです。」by イカロス。
c0137122_4164035.jpg
「優しく見えて、とても暴力的ですし」by イカロス。
c0137122_4165016.jpg
「ビミョーに痩せているところとか。」by イカロス。
「・・・そ、それはダメなのッ?」by そはら
c0137122_417121.jpg
「とにかく、そういう訳で、私はそはらさんが大嫌いです。」
c0137122_4171097.jpg
「私はマスターの側にいたくありません。」by イカロス。
c0137122_424791.jpg
とにかく、イカロス宣言に強烈なダメージを喰らうそはら達。
c0137122_4172153.jpg
分かりますよ。その落ち込み方。(冷静に全否定されたら、誰だってショックです。)
まぁ、今回、いちばん笑って見ていた「一連のそはらリアクション」です。
c0137122_4173180.jpg
ところで、フリーマーケットが舞台の回(実際は縁日でもないし、なんの祭り?。今回の出店。)なので、智樹はいい商売ツールを持っていた。(他の商売はことごとく失敗していた。)
女の子の生写真付き「使用済み下着」。・・・まぁ、悲しいかな、これは高値で売れるかも。
c0137122_4175710.jpg
もっとも商取引成立前に、そはらの「殺人チョップ制裁」が炸裂する。自業自得。
c0137122_4182256.jpg
アバンで、立場上(機能停止にかかわる感じで)追いつめられていたニンフ。
c0137122_4183361.jpg
その割には、今話の智樹やイカロス対策はのどかなものでした。
なんか、智樹の優しい言葉に顔を赤らめる感性があるなら、悪役止めろよという感じ。
c0137122_4184455.jpg
さて、なにはともあれ、イカロスの「とんでも発言」は、智樹に言われた「もっと人間らしくしろ。」という言葉に従って、「人間らしい=嘘をつくのが人間」という曲解だと皆に判明。
つまり、これまでの「ぶった斬り発言」は全て本心の真反対だということ。
c0137122_4185533.jpg
そはら、奈落の底気分から、いっきに昇天。
「私はそはらさんが大好きです!。」
「そはらさんは誰の目から見ても可愛い。」
「暴力的にみえて優しいです。」
c0137122_419674.jpg
うん、うん、それから、あとなんて言ってたっけ?(笑)。
「ビミョーに痩せているところとか」?????(「あれ?。」)
c0137122_419179.jpg
「はい。そはらさんはビミョーに太っているところとかも好きです♪。」
・・・正直すぎるイカロス(笑)。
c0137122_4192823.jpg
ちなみに、会長の評価は「嘘(ウソ) 嘘(ウソ)」て通すしかありませんでした(笑)。
『会長さんはいい人です。』最初に嘘をついたものだから。
・・・まぁ、私も、この組長の娘キャラクター、好きな要素はナイスバディなところだけです(笑)。「うる星やつら」の面堂了子とかも愛しにくい愉快犯キャラで、この手のキャラは愛情が注げませんねぇ。
c0137122_4193826.jpg
今回のエピローグはとんでもなかったです。
c0137122_4195042.jpg
智樹が淡々と語る昔語りに心を動かされて・・・、
c0137122_420149.jpg
智樹のフイをついて口づけ。(フレンチ・キスです。)
c0137122_4201027.jpg
イカロス、発情するキャラでもないし、頬を染めるキャラクター性もまだ確立していない。そこに至らなくてもそうしたものを超えるような素直な愛情の表現だ。
c0137122_4202140.jpg
お待ちかねの今回のエンディングは村下孝蔵さんの「初恋」でした。
(オリジナルより、「そらおと」版、イカロス、五月田根 美香子の女性デュオの方が好きかも♪。)
c0137122_4203444.jpg
エンディング・アニメの構成がお洒落でした。
c0137122_4204577.jpg
第1話~第9話までの、イカロス視点の回想。
c0137122_4205722.jpg
これは、これまでのエンディングの中で、いちばん正攻法。(笑いに振らなかったという意味で。)
c0137122_4211218.jpg
そのスタンスに、今回のエンディング用にチョイスされた「初恋」が巧くリンクしている。
c0137122_4212374.jpg
これは優しくおでこ(銃弾受けても平気だった)を突かれているシーンですね。
c0137122_4213897.jpg
あぁ、夜空に咲く大輪の花火をしっかりと記憶に焼き付けていたのですか。
c0137122_4215335.jpg
そして、今回の第9話。口づけをする瞬間の、智樹の瞳に映っているイカロス自身の姿。(よく見ると、イカロスは接吻の瞬間に目を閉じているのだから、厳密にはイカロスの目線の記憶とするのは不自然。)
c0137122_422641.jpg
でも、そこは気分で「いいよね」と納得出来る、綺麗なエンディングでした。
c0137122_4222429.jpg
とても、後味は良い回でした。
「初恋」としう歌曲にふさわしい流れと、このシーンに至る軌跡の、ナイスな演出でした。

そらのおとしもの 第9話ED
  
こういうのは理屈ではなくて、グッド・エモーションな回は、もうそれだけでいいよね。
とても素敵です。綺麗です。良い意味で感傷的です。

まぁ、笑いなのか、シュールなのか、センチメンタルや感傷なのかという振り子の振り方が明快なのは、清々しいことです。
(っていうか、スタッフが毎回のエンディングに費やすエネルギーは並大抵のものではない。よく考えたら、そこだけでも凄いテンションのアニメだとは思う。)                                            
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-12-01 19:16 | Comments(6)

Commented by ざんぶろんぞ at 2009-12-02 01:23 x
突っ込みどころは数あれど、、まあアレだな「女の子にモテたい」なんていう智樹君の欲望はだな、、喧嘩を売ってるよね(笑)
まずはエンディング「初恋」
hssp://www.youtube.com/watch?v=87kZW5Cd9lg
イカロスの視点での回想シーンと言うのは面白いです。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-12-02 18:03
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪。
「女の子にモテたい」
男子、普遍のテーマです(笑)。
未だに思うのは、女性は「男性にモテたい」と普遍的に思っているのかな?どうかな?ってことですね。
アイドルになりたい子がいたり、そうじゃなかったりするから、これは男子も女子も同じ事か。
「(意に介さない)不特定多数にモテることよりも、大事な一人から思ってもらえる事の方が大切。」というのは陳腐だけれど正論。
 
で、今回の「そらおと」エンディングは、そう言う意味でも「とても良かった」綺麗なエンディング・アニメでした。
Commented by ざんぶろんぞ at 2009-12-02 23:45 x
まあアニメのネタにマジ切れしてるわけではありませんが、、、
智樹君の場合「幼馴染の両思いの彼女」に「彼を慕う可愛い天使」の両手に花状態でまだ望むのか!こいつは!って感じで画面に突っ込んでいました、、馬鹿だね、、わたしゃあ、、

コレで残すはあと四回ですね、本編への突っ込みは最低限でエンディングを楽しみにする事にしましょうか、、(あれっ!前回も同じ事を書いたような気が、、)
Commented by PINKNUT_INC at 2009-12-03 02:06
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪。
(洒落でも)お怒りはごもっとも。
そもそも、男性主人公って難しいです。「いい男」って可愛い女の子を描くより男性目線からだと難しい。(とはいえ、「可愛い女の子」ってのは女性視聴者から『そんな子はいない』というのが、アニメでは横行しているし。)どっちもどっだ(笑)。
  
「そらおと」が着地点で化けたら凄いです。
スタッフの皆さん、なんか画期的なことやってください♪。(ひょっとしたら、この時点でも最終話のシナリオや絵コンテやってたりなんかして。・・・それともラストまで出来上がっているのかな?。)
Commented by sarukani at 2009-12-03 19:37 x
こんばんは、原口先生。相互リンクありがとうございます☆

「そらおと」はワンクールならではの飛ばし方でしょうか(笑)。エンドへ向けてのニンフ死亡?フラグは、私も見ててへなへな~と力の抜けるものでしたが、これで監督さんは堂々と主人公へ追い込みをかける事が出来る(のかな?)。

本編は相変わらずギャグ満載で、えらい勢い(笑)

私も毎回のエンディングが楽しみです。今回はきれいでしたね☆
Commented by PINKNUT_INC at 2009-12-03 23:08
sarukani 様
いらっしゃいませ♪。
相好リンクはもっと早くにしておくべきだったのですが、エキサイト・ブログのツールは分かりにくくて(エキサイト・ブログ利用者同士のリンクはボタンひとつで簡単に出来ますが、他はフォローしていない)、ようやく最近、「こうすれば良かったんじゃないか。」というリンク方法に気が付いたのでした。
というわけで、今後とも宜しく。
 
「そらおと」は、エンディング・アニメが楽しみですね。
あと、Cパート・アニメも。(今回、触れ忘れた『おっぱい戦国時代~Gカップの乱~』(笑)。)
今からでも触れましょうか?、どうしましょうか?。(笑)

<< アニメ『コードギアス 反逆のル... アニメ『そらのおとしもの』~第... >>