『涼宮ハルヒの憂鬱』~第26話「最終回」ではないようです。

『涼宮ハルヒの憂鬱』~第26話のレビューです。

今朝の関西圏の「新聞~テレビ番組表」では(終)マークはないので、10月初旬まで放送は続きそうですね。
    
関西地区、サンテレビでは(野球中継もなく)、定時、AM0:40からの放送予定です。
 
何が放送されるのでしょうか?。(記事を書いている現時点では、まだ不明。)
やっぱり「ライブアライブ」が今夜の本命馬ですけれど。
c0137122_6381211.jpg

本放送を見ないと、こればっかりは分からないのです・・・。
 


放送開始です。

あ・・、やっぱり『涼宮ハルヒの憂鬱』~第26話は
名作「ライブアライブ」です!。

・・・どう考えても、28話まで放送する流れだなぁ。
(「打ち切り?」騒動はなんだったんだ?。)
        

 
『涼宮ハルヒの憂鬱』~第26話/ライブアライブ

キャプチャー画面です。

学祭当日、ハルヒはバニーガール姿でSOS団「自主製作映画」の宣伝。
(あとの伏線になっています。)
c0137122_4415225.jpg
「ライブアライブ」のタイトル。
c0137122_442326.jpg
有希は例の魔法使いコスチュームで、自分たちのクラスの「占い」出し物に参加している。
c0137122_4421241.jpg
キョン、谷口、国木田の雑談の向こうで、なにやら揉めている?小さな人影と、さらに、そこにバニーガールスタイルのシルエットが校舎の外から入ってきている姿が、ここで一瞬、ちゃんと描かれている。(「ハルヒ」以前のアニメで、こんな伏線や演出をするアニメなんて、少なくともテレビシリーズではなかった。)
c0137122_4422161.jpg
じゃーん、鶴屋さんのウエイトレス姿にょろ!。(さりげに、美人、可愛いを自認している。)
c0137122_4423148.jpg
モブ・キャラの女の子たちに、私はむしろ萌えます。
・・・それに、「焼きそば」を作っているのよ!。~私の大好物なんです!。焼きそばを美味しく作れる女性は私には女神さまです。
c0137122_4424012.jpg
はい。部室のウエイトレス姿とは趣の違うみくるちゃん。
c0137122_4425024.jpg
男子生徒のやにさがる顔は理解出来る。
c0137122_4425970.jpg
嗚呼ッ!、だから、名も無きモブ少女の方がレギュラーより萌えますって!!。
(しか~し!、こんなバストラインを強調するウエイトレス姿、アニメでは定番だけど、リアルであるの?。どうよ?。あったら拝みに行きたいよッ。)
c0137122_443885.jpg
で、体育館&講堂で開催されている演目に、軽音楽部ENOZ(エノッズ)の名前。
c0137122_4431519.jpg
映画作りの徹夜明けで、イスでうたた寝していたキョン。その背後では髪や衣服をハンカチで拭いながら生徒たちが続々と入ってきている。
c0137122_4432587.jpg
ハルヒの無意識下の願望と意思が働いたか、「みんな体育館に集まりなさい!」という、どしゃ降り雨が外では急に・・・という感じ。で、避難してきた皆さんが集合しているのだ。
c0137122_4433536.jpg
そこに狙ったようなバンド・コスチュームのバニーガールと魔法使いのふたりが演壇に登場。
c0137122_4434488.jpg
正式メンバーのドラムス、ベースギターの二人に混じって、奇妙ないでたちの二人が異彩を放つ。
c0137122_4435437.jpg
ただ、ハルヒ自身にはなんの「けれん味」もない。何の準備をする暇もなく、ビラ配りのそのままの姿でそこに立ったまで。有希も同様。
c0137122_444395.jpg
合図と共に、ハイテンポなドラミングから演奏開始。
c0137122_4533760.jpg
リードギターは有希。動画は、ギターを演奏する手元を曲通りにアニメーションする。
c0137122_4442195.jpg
演奏者の体の振り、動き、ギターを持つ姿勢の自然な動きを的確にトレース!。
この一連の動画の流れと、曲の前奏の良さから当時の視聴者を鷲掴み。
c0137122_4441211.jpg
シャウトする勢いでハルヒのボーカルが始まる。これが、また、声優さんの歌唱力がいい!。
c0137122_4443053.jpg
曲の旋律や歌詞自体がキャッチーで、これは、もう、圧倒している。
c0137122_4443873.jpg
会場内に集まった生徒たちも一気にヒートアップ。キョンの視線も舞台に釘付け。
c0137122_4444769.jpg
良い演奏、曲、歌唱には、もとよりそういう「チカラ」がある。それが音楽だ。
c0137122_4445696.jpg
いままでの流れで「謳うハルヒ」の伏線などなしに、ここに来ていきなりぶつけてくる演出。
c0137122_445542.jpg
その謳う表情の描写も極端なアップのレイアウトになって、
c0137122_4451486.jpg
さらにヒートアップ!。
c0137122_4452346.jpg
「萌え絵」というか、この手のキャラの表情付けとしては、過剰、崩壊寸前、
c0137122_4453249.jpg
ていうか、完全に崩している、が、一連の動画の中では瑞々しいほどに迫ってくる。
c0137122_4454170.jpg
加えて、的確に本物のギター演奏者の姿をトレースし続ける有希の姿が格好良い!。
c0137122_4455181.jpg
身体を演奏の自然な流れの中で前後させる。ライブの人がやるリアルさがそこにある。
c0137122_446175.jpg
この説得力と興奮は、視聴者も心の中で拍手喝采だ。
c0137122_4461174.jpg
観客のやんやの歓声を浴びながら、一曲目を演奏し終わったハルヒたちは、その反応をダイレクトに体感する。
c0137122_4462141.jpg
充実感、安堵と喜び。至悦・・・。
c0137122_4463189.jpg
ハルヒの表情の良さは、等身大の女の子の姿がそこにある。
c0137122_4464296.jpg
ハルヒの「いい顔」はつづく。
c0137122_4465262.jpg
ミニコンサートは2曲目に入っていく。
c0137122_447363.jpg
その演奏や歌声は、店番のために講堂に集まらなかった皆の所にも届いていた。
c0137122_4471380.jpg
日を変えてハルヒ自身の口から、あのコンサートをすることになったいきさつが語られる。
c0137122_447233.jpg
あの日、生徒会の学祭執行役員と軽音楽部がもめていた。遠景の小さなシルエットで既に先出している、あのシーンだ。
c0137122_4473448.jpg
そこに、ビラ配りから戻ってきたハルヒが行き会う。
c0137122_447454.jpg
病気や事故で2人が演奏が出来なくなった軽音楽部メンバーの事情を知ってハルヒが助っ人を買って出た。
有希を巻き込んで、あの演奏となった。 
そんなことをキョンに話して聞かせるハルヒは、じつに穏やかで厚情である。
c0137122_4475674.jpg
軽音楽部のメンバーたちがハルヒにお礼を言いに来た時は、キョンを巻き込んだ。
c0137122_448778.jpg
感謝の言葉を謝辞するような謙虚さがこの娘にはあったのです。
(映画を作っていたいた時の、「みくるは私のオモチャ」発言に比べたら、どれほど人間が出来たことやら。それは、キョンがハルヒに悟らせたようなものだ。)
c0137122_4482197.jpg
ハルヒは、そのあとも感慨に耽る。
c0137122_4483266.jpg
何を感慨に耽っているのか。
c0137122_4484797.jpg
あのライブの演奏で高揚した感情や充足感は本物だった。
「この世の不思議探し」をしているベクトルとは違うステージにも、大きな感動があることを知った、やはり年齢相応な等身大の女の子。
c0137122_449039.jpg
ハルヒを気にしてやってきたキョンの眼差しが、ハルヒにはちょいと癪にさわる。
c0137122_4491166.jpg
草をひきむしり投げつけようとして、
c0137122_4492235.jpg
逆風に吹かれて、自分がかぶる(笑)。彼女にしては間抜けすぎる所作。
c0137122_4493330.jpg
キョンが意地悪く笑う。見透かしているのだ。「ハルヒの照れ」や「可愛げ」を。
c0137122_4494436.jpg
ハルヒはそんなキョンの余裕が面白くないのだけれど、彼女のことだからすぐに立ち直る。
c0137122_4495599.jpg
『私たちの次の目標が出来た!』とばかりに、SOS団による「バンド演奏」と「映画第2弾」。・・・そして、キョンの手を引く。しっかり握って。
c0137122_450643.jpg
私の「やる気」の責任を貴方が取らなきゃいけないの!、という論理か。
あるいは、一人では出来ないことが、「仲間」がいれば出来ること、キョンが側にいてくれれば出来ることがある!という確信を、彼女は無意識下で悟っているのだ。
c0137122_4501699.jpg
それは、仲間意識や、あえて言えば、「(恋というのにはまだ微妙な距離があるが)信頼」という揺るぎない感情で動いていることにハルヒは気が付いていい。
c0137122_4502776.jpg
そんな(この話数の)ラストシーンであった。
c0137122_4503793.jpg
全シリーズの最終回にしていいエンディングである。
 
実際、
  
「ハルヒ」を一度も見たことなかった人が、このアニメ作品に入る「切っ掛け」になったのが、この~ライブの~話数だったという人は案外と多いのではないでしょうか。
  
いえ、私もそういう人たちの一人でして、1~2年遅れてから、この2006年度版のアニメを見た一人です。

ネットでこのライブ・シーンを切り出した動画を見て、いっぺんに虜になりました。
で、(第一期の)DVDを全巻(全7巻)買うに至ったわけなのです。

だから、全話まるごとの「流出」は版権上も大きく不味いだろうけれど、インターネットの功罪の「功」部分はいくらか認めざる得ない、なんて立場なんだよなぁ。                       
             
・・・今期、あらためて放送の『新作話数~笹の葉ラプソディ~から追加されたDVD』に関しては、悩んでいる最中です(笑)。         
   


そりゃそーと、関係ないけど、また歯医者通いをはじめている私です。
 
2年ぶりかな。
 
かぶせていた奥歯の人工歯がボロリと取れた。
10年前くらいに治療した所だから、経年によるものだね。
         
まだ、神経のある所だったから、今回、神経を抜かれた。
   
うう、今、麻酔が切れてきた。(ど~ってことないやいッ。いや、ホントに鋭い痛みはない。神経がもう抜かれたから。)
           
歯医者のドリルの音は、未だに苦手です。    
             
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-09-26 01:11 | Comments(16)

Commented by ざんぶろんぞ at 2009-09-25 09:54 x
キャプチャーお疲れ様でした、
>「ライブシーンを切り出した映像」
同じく私もそこから入りました、懐かしい話であります(笑)



Commented by よろづ屋TOM at 2009-09-25 11:04 x
私は♪みんみんみらくる♪からだったのでキツかったな…(;´д`;)
おまけに最初は放送順がメチャクチャでしょ。予告編も意味を成してないし。
いまでこそ絶望先生みたいな破滅系アニメもどーってことありませんが、テレビ放送の常識を破壊したってだけでショックの連続でしたから。
「こんなことまでやっていいのか」とあれだけ驚いたのはザンボット3以来でしたよ。

ところで流出といえば聞こえが悪いですが、遅かれ早かれいずれは最初から広告付で制作会社が配信するようになると思いますよ。
今はテレビ業界が失いつつある利権にすがるために版権にかこつけて抵抗だか妨害だかしてるようですけど、結局はネット配信でCM込みで流す方が世界相手の無差別放送になりますし、場合によっては古いビデオ録画のように想い出と共に永久に残るCMになるし、スポンサーもそのほうがトクだと考えるでしょう。

事実、YouTubeやニコ動も市民権を得てきてますし(NHKがそのための番組やってるなんて!革命的です)ちょっと前の事を思えばはるかに無料配信動画も増えてますし。

ふふふ、ますます地デジは意味を失ってゆくのです。壁の崩壊は近い。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-09-26 05:31
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪。
なるほど、やはり似たような経緯の視聴者が、けっこういらっしゃるということでしょうねぇ。
ネット情報は、もはや外せない情報源であります。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-09-26 05:32
よろづ屋TOM 様
いらっしゃいませ♪。
ははぁ~、リアルに最初期放送からご覧になられましたか。
ある意味、正当な視聴者さまでございます。
 
「ハルヒ」のシャッフル放送の予告編は、ギミックが分かると感心しましたね。
  
それにしても、インターネットは凄いです。
15年前には無かったようなことが、今は色々とあるわけですが、その中でも最たるものが、インターネットと携帯電話でしょうね。
 
とはいえ、紙媒体は愛し続けたいものです。
Commented by ざんぶろんぞ at 2009-09-26 13:04 x
ふと思うのは「けいおん」の企画自体はこの「ライブアライブ」が原点のような気がいたしております、、(原作はありますけど、きっかけとして)

Commented by PINKNUT_INC at 2009-09-26 19:17
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ♪。
「けいおん」は良かった!。
どこの製作会社でもない、「ライブアライブ」をやった京アニさんがやったから尚更に良かった!。
ざんぶろんぞさんの視点は、良い解釈ですね。
他のアニメ作品でも、「ライブアライブ」があったから出来たシーンというのがたくさん見受けられます。
パワーのある映像は影響力があります。
Commented by ぴーと at 2009-09-26 21:25 x
私も初見の時、あまりに衝撃的だった演奏シーンを深夜に7~8回リピートして次の日寝不足になった思い出があります。これで作画陣が死にそうになったのが演出家追放の遠因かもという説がありました。しかし3年経って改めて見ても素晴らしい回だと思います。

>アニメでは定番だけど、リアルであるの?
いにしえの東京には、今は伝説となったアンナミラーズというものが存在してですね(略
Commented by PINKNUT_INC at 2009-09-27 05:05
ぴーと 様
いらっしゃいませ♪。
「ライブアライブ」は出色のエピソードとしてアニメ史に残りますよね。
 
ははぁ、にしても業界の裏話は眉唾ものです。
何が起きているか、やっているのか、マイナスに転じた時の正体は当事者たちにも分かっていない事が多いものです。
スタッフの話はいつでも「?」のままです。
 
ちなみに、「アンナミラーズ」が分からなくて、検索してみて納得しました。・・・どこかで見たことがあるウエイトレス服ですね。
フィギュアでも見かけたことあるなぁ。
なるほど、原典はこれですか(笑)。
Commented by よろづ屋TOM at 2009-09-27 14:45 x
むむ、これでまたfigma『メイド鶴屋さん』値段がつり上がるなあ。
早めにゲットしておいて良かった。(^_^;)
いま、我が家ではみくるちゃんがこの姿。めがっさ可愛いです。代わりに鶴屋さんがチアガールになってます…カチューシャつけたままですが。

“あんみら”といえば、私も江口寿史氏の『エリカの星』で登場して知ったんですよ。
ご覧になったように、あっちはショッキングピンクが基調な上にギリギリミニスカートで生足、さらにバージスラインで切り替えがあるためにこんな上品ではないですよね。
こっちはグレータイツに長袖…色気のなんたるかがちゃんと解った人のデザイン。

そらそーと、あの作り方してたらコス全体にソースの匂いがしみついてるやろなーとリアルに考えてしまう…鶴屋さんのロンゲなんて匂い取れませんよ♪

ところで…

今回の補足編を観た後のせいか、バンドメンバーのアクシデントもハルヒの無意識の思惑のせいな気がして怖くなりました。長門の即席ギター名人がそうなら、むしろそう考えるほうが自然だと思うのですが。
Commented by ぶぎょう at 2009-09-27 21:32 x
ハルヒ打ち切りの噂がでたのは月刊TV番組雑誌で東京MXテレビ ハルヒ26話(終)
となっていたことが元らしいです。まあ9月末で切りも良かったし エンドレスでの謝罪もあったことから 打ち切りの話が先行したみたいです。地方局の最終回のマークは付いていなかったようです。これでDVDが売れてしまうとエンドレスエイトのようなやり方をユーザーが容認したことになって、あとから同じようなやり方のものが出てくるんでしょうかね。
DVDの売り上げは落ちてはいますがほかの作品よりややよい感じのようです。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-09-28 00:35
よろづ屋TOM 様
いらっしゃいませ♪。
フィギュアや関連グッズの需要は、アニメでもコミックでも元の作品の人気で、ものすごく市場に影響しますからねぇ。
タイミングがねぇ。
世間がどうあれ、マイブームな時がタイミングなんですけれど。 
  
ウェイトレス服に関しては、私は「クラナド・アフターストーリー」に登場したファミレスの制服や、「苺ましまろ」で伸恵おねーちゃんがバイトしていたファミレスの衣装がとても好みです♪。
(TOMさんのウェイトレス服へのこだわりや目の付け所には、私、完敗です(笑)。) 
 
ところで、「ハルヒ~ライブアライブ」のエピソードの流れに関しては、それはちょっと深読みというより、そう読んだらそら怖いですがな。
それはないという方向でも受け入れましょうよ(笑)。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-09-28 00:36
ぶぎょう 様
いらっしゃいませ♪。
「ハルヒ」の打ち切り騒ぎは、まー、しかし、徹底して(正確な)予告情報がない分、ファンは振り回されていますね。
全部、終わってみるまで分からないです。
 
今、関西では、他の深夜アニメなど、関東圏の放送とはズレているので、番組改編時期の調整で、一晩に2話放送が立て続けに続いたりしてます。あちこちのタイトルで。(迂闊に流していると、ホントに見損ないますし録画失敗します。)
 
「ハルヒ」の新しいDVDは、本当にビミョーですねー。
まぁ、ネットの書き込みや感想は、無力だったり、害になったり、力になったりもしますから。
 
アニメや漫画の製作者さんたちは上手く咀嚼してほしいですね。
 
そりゃ、市井の意見は考慮の材料にはなるでしょう。
(逆に、あえて「蛮勇が必要」なときもあるのでしょうが。)
Commented by 誰やん at 2009-09-30 19:03 x
9月12日のブログみましたか?いちよう、9月8日のブログに書いておいたのですが。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-10-01 00:28
誰やん 様
はい。いらっしゃいませ♪
ご指摘のページでお返事させていただいております。
Commented by 誰やん at 2009-10-01 18:33 x
どうやら原口様、「誰やん」てほんと誰?などよくききますが少しだけ教えまーす(^皿^)
名前    

好きな食べ物     チョコレート


嫌いな食べ物     きのこなど


今欲しいもの      金、wiiなど


性別           女性

これくらいしかないのですが、よろしくー(^皿ー)ー★
Commented by PINKNUT_INC at 2009-10-03 08:18
誰やん 様
ほとんど、謎・・・。
「♀」という項目にだけ、反応した私。
(ただし、自己申告なのでこれも謎。)

<< 『涼宮ハルヒの憂鬱』~第27話... クレヨンしんちゃん >>