アニメ『フォトン』の楽しさ♪

アニメ『フォトン』をとーとつにレビューです。

少し前の(いや、かなり前かな)作品だけれど、久々に見て面白かった。
(1997年から1999年にかけて発表されたOVA、30分×全6巻)
 
当時、そんなに製作者にまで感心はなかったのだけれど、見直してみて気が付いた。
 
監督が舛成孝二(ますなり こうじ)さんなのだ。
 
ブログでアニメ・レビューをはじめてから、ここしばらくのアニメ作品を数年分モニター仕直しているのだが、迂闊な見方をしていると繋がっていない相関関係に気づいたりもする。
 
舛成孝二さんと言えば、私はOVA作品『R.O.D -READ OR DIE-』でハマった。
倉田英之さんや落越友則さんといった才人スタッフとの絡みも勿論だが、アニメーターさんにも恵まれているんだな~くらいに思っていたけど、『R.O.D -THE TV-』、『かみちゅ』とかの仕事っぷりを見ていると、監督~舛成孝二というのが神憑りな秀作ブランドとして刷り込まれた。
※未見の方は、『R.O.D -READ OR DIE-』『R.O.D -THE TV-』『かみちゅ』といった作品の視聴をお薦めします。アニメの面白さを堪能させてくれること請け合いの傑作揃いです。~当ブログでも、過去記事でこれらのタイトルには個別に言及しています。(アニメ・タグで検索すると見つかります。)~ 
 
そして今さらながらに・・・おや、もっと前の『フォトン』も舛成孝二さんだったのか、と気が付いて納得したり、感心したり。
        
まぁ、『フォトン』は問答無用のお気楽なエンターテイメントです。
 
ヒロインの露出度がやたらと高いのですが、これは成り行きの無邪気さで、性的なためらいが微塵もない。
むしろ、スポーティーで清々しく笑えます。
(決して18禁アニメでもR指定作品でもありません。)
 
ドタバタ・コメディなので。
 
※キャプションもお楽しみ下さい。

舛成孝二監督のクレジット(今作が初監督だそうです。)
c0137122_8164230.jpg
「フォトン」というタイトルは、そのまま主人公(男の子)の名前。
c0137122_8164934.jpg
宇宙船同士のバトル・シーンから始まる。(一方的にやられてますが。)
c0137122_817270.jpg
ヒロインのキーネ・アクア(VC:黒田由美)
c0137122_8171745.jpg
仇役パパチャアリーノ・ナナダン(VC:山寺宏一)、船内に転送侵入。
c0137122_8172550.jpg
ドン・ファン気取りのパパチャが、宇宙スケールで女性たちを泣かせる話。
c0137122_8191244.jpg
気丈なヒロイン、キーネは甘言に騙されずに逃げ回っているのだが、
c0137122_8192491.jpg
なんか、非常事態回避のアイテムが見つからず、自らの衣装をチェック。
c0137122_8193866.jpg
どんどん脱ぐ。(どこかにあったハズ)
c0137122_8194987.jpg
脱ぐ。
c0137122_820081.jpg
脱ぐ。
c0137122_8201055.jpg
脱ぐ。(パンツの脱ぎ方、手の添え方の動画が実にリアルです。)
c0137122_8202150.jpg
あ、パンツの縫製にアイテム発見!。
c0137122_8203174.jpg
~このあと危機回避には成功するが、キーネの宇宙船は、とある惑星に不時着。キーネは、不時着のショックにも耐えるために非難カプセルを兼ねたポッドでコールド・スリープに入る。
 
一方、その惑星とは「砂の星」(いわゆる「スターウォーズ」っのタトゥイーンぽい感じね。)
辺境の荒れ地とSFマインドが同居している変な空間。(でも、妙に落ちつく。)
c0137122_8204282.jpg
この男の子が主人公、フォトン・アース(VC:竹内順子)
あろうことか、この子を中心にハーレム・エンド的な展開になっていく。
c0137122_8205163.jpg
フォトンの幼なじみでトラブル・メーカーのアウン・フレイヤ(VC:堀江由衣)
c0137122_821418.jpg
サインペン(神器-しんき-)で、寝ているフォトンに「バカ」と落書き。
c0137122_82859.jpg
あれやこれやの展開のあと、砂漠の海の狭間にあるジャングルにフォトンは迷い込み、ドラマ冒頭での不時着時に地中まで突っ込んでいた、キーネの宇宙船に偶然辿り着く。
c0137122_8281238.jpg
キーネのコールド・スリープ・ポッドが侵入者の衝撃で自動的にご開帳。
フォトンは、ほとんど(単語以外の)言葉を発しない子。(フォトンの年齢設定が不明。発育の遅い中1~2くらいかな?。)
c0137122_8281935.jpg
情緒的に小学生低学年か、園児並のフォトンにもキーネの美しさは分かる。
c0137122_8282627.jpg
が、行動が(悪意はないのだが)おバカ。眠れる姫の額に・・・。
c0137122_8284488.jpg
「バカ」と書く(笑)。・・・ここは笑うしかない。動機は意味不明(笑)。
c0137122_8285045.jpg
でもフォトンも男の子。『おっぱい』は好き♪。プニョプニョ♪ツンツン♪。
(イエ、ダカラ、幼児的精神年齢の無邪気さです。マザコンだから。)
c0137122_8294388.jpg
コールド・スリープは解けているのだから、そりゃキーネも目が覚めます。
c0137122_8295043.jpg
見知らぬ不法侵入者が、にこやかに自分の胸の中。
c0137122_8295786.jpg
蹴りッ!!!!!!!。(ドゲシッ!)。
c0137122_8301136.jpg
続けて狼藉者に対して問答無用で波状攻撃!。(亜法という特殊能力)
c0137122_8301828.jpg
なんだかわからないけど謝っているフォトンに容赦なし。
c0137122_8302518.jpg
ビーム!命中。通常の相手なら粉砕か大ダメージ。
c0137122_8303273.jpg
が、フォトンには効かない。(彼は特異体質で実は「強い子」なんです。)
c0137122_8304131.jpg
キーネ、愕然。
c0137122_8305782.jpg
特殊能力が効かないのなら、徒手空拳で直接アタック。
ここら辺りの動画の密度が気持ち良いほど滑らかで濃いです。
相当な量の画像を載せていますが、ドラマではこの数十倍の密度で縦横無尽に動き回っていました。空手、少林拳、徒手空拳な動き炸裂。
c0137122_831850.jpg
画面は、ほんのほんの一部。ここの攻防、尺がたっぷり。
c0137122_8311850.jpg
キーネちゃんの肢体やバストのショットももっと多いけれど外した方です(笑)。
c0137122_8312591.jpg
キーネ、スタイル格好良いし、フルヌードがもはやHではなく、
c0137122_8313398.jpg
そのフォルム、動きの連続性は美しくさえある。
c0137122_8322917.jpg
それを、フォトンはいとも簡単に、全ての攻撃をひょいひょいとかわす。
c0137122_8323723.jpg
ただ、謝りながら逃げるだけ。
c0137122_8324442.jpg
だって、キーネは話を聞こうともしないのだもの。
c0137122_8325163.jpg
キーネは(脱出前の)悪党パパチャとの闘いの続きモードなだけだ。
c0137122_8325817.jpg
ここは分かる気がする?。股下をくぐられると思わず乙女の羞恥が炸裂。
c0137122_833699.jpg
こうなるとキーネちゃん、恥をかかされた、ただのムキ。
c0137122_8331744.jpg
戦う気のない相手にすかされ続けて、
c0137122_8332422.jpg
ついに鏡面状態の船内壁面に
c0137122_8333264.jpg
アニメーター、憐れみの慈悲もなく大激突させる。(美女台無し。)
c0137122_83339100.jpg
激突の痛みで、ようやく我にかえった乙女キーネ、すっぽんぽんなのに気づく。
c0137122_8335269.jpg
んでもって、もっと彼女は驚く。フォトンと自分の額の『バカ』の文字
c0137122_834164.jpg
「なんでこれを書いたのよ?」というキーネの問いに、フォトンは気まずそう。
c0137122_834820.jpg
それが誤解を招く!。異星間文明の遭遇。キーネには『バカ』という文字が分からなくて、意味深な「文様」にしか見えないわけで、彼女の種族にとってこれは宗教的な儀式。
同じ文様をお互いの体に付けるのは『婚姻(こんいん)の証』となるのだッ。
・・・またしてもあろうことか、キーネ、フォトンに力負けした事実も重なりここで顔を赤らめてしまう。わっ、わからん乙女心!。
c0137122_8341688.jpg
フォトンを旦那様として受け入れる気になってしまったキーネ。
c0137122_8342432.jpg
事情があって砂漠を旅してきたフォトンの臭さに怒りもせず、お風呂に誘う。
c0137122_8343912.jpg
で、一緒にドボン。(上のコマとか、キーネのスレンダーな手足の長さ。当時、私の描く漫画にも影響を与えて、私の描く女性の等身は、ほぼ、こういう感じを好むようになった。)
c0137122_8344877.jpg
この絵柄ってメリハリがあるよね。
c0137122_8345549.jpg
今のアキバ系、萌えキャラも好きだけど、画一的すぎると没個性。
c0137122_835330.jpg
とはいえ、顔をとことん崩すの、梶島正樹キャラから始まっている気もする。
c0137122_8351162.jpg
フォトン「あいつら、やっつける。おまえ守る約束した。」
c0137122_8371557.jpg
お子ちゃまなフォトンですが、実はハートはナイト。
c0137122_8372351.jpg
しかも、棍棒一本でもメッチャクチャに強いのです。
c0137122_8373080.jpg
跳躍力が半端ではないし、怪力で、速いし、バトルは全てがウルトラ級。
c0137122_8373796.jpg
そうそう、あとはとにかく女性陣のやりとりが終始面白かった。
c0137122_83744100.jpg
ここまで恋の鞘当てでもっていがみ合えるのは、いっそ爽快です。
c0137122_8375826.jpg
ちょっとは姫キャラ要素もあったキーネのこの表情は凄い(笑)。
c0137122_838710.jpg
殿方の前では見せない女同士の攻防は醜くも、なんかラブリー♪。
c0137122_8381581.jpg
「貧乳ステータス」の前の時代の作品なので、やたらと巨乳にこだわっている。
c0137122_8382283.jpg
爆裂なおっぱいが新キャラとして登場すると、
c0137122_8383063.jpg
「あんたの負け!」と、貧乳アウンからの逆襲を受けるバスト自慢だったキーネ。
c0137122_8384511.jpg
マグナム・ボディ・キャラは他にも登場していました。
c0137122_8385394.jpg
そんなおバカ展開の中で、パパチャが憎まれ役で活躍。(やられ役ですが)
c0137122_839022.jpg
それが物語の佳境、ラストに近づくと、ちょいと深刻な要素が入ってきて、
c0137122_839720.jpg
キーネを消失させてでも、彼女に刻まれた「情報」が欲しくて非道い事に。
c0137122_8391474.jpg
冒頭にバトルがあったように、結局、権力や宇宙を統べるような力~。
その謎や、「単に退屈だから戦争してみた」みたいな支配層の描写。
c0137122_8392443.jpg
おバカっぷりから、意外なカタルシスに物語は展開していきます。
c0137122_8393350.jpg
愛する人を女性として愛したい可憐な肢体。それを、ただ、単なる「宇宙支配の力を得るためのキーワードを隠している」記号としてしか見ないマッドな輩に蹂躙されるキーネ。(実はパパチャ以外にも、もっととんでもない敵が出てくる。)そんな狂った嗜虐者たちから、「おまえ守る」と約束したフォトンは、ヒロインたちを救えるのか?。
c0137122_8394181.jpg
「バカ」と額に書いたまま活躍する、フォトンの愛と正義が清々しいです。
c0137122_8394914.jpg
 
『フォトン』以降、舛成監督の後年の作品には、より強いメッセージ性もあり、「映画」、「映像」の可能性をアニメならではの切り口で、時にダイナミックでスピーディーに、あるいは詩情豊かにリリカルに演出してみせられますが、私、アニメ、映画、物語というものはステージの住み分けがあったり、どれが上等で、どちらがどう上とか下とかあるハズもないという観点でいます。 
 
色々なものがあってこそ楽しい。 
      
だから『フォトン』のような「おバカなもの」も大好きです。
 
『フォトン』が登場していた時代のアニメ群て、そんな痛快さがあったなぁ。
好きです。そういうの。(というか、私はアニメや漫画の「健康的なお色気」は、全く問題なし論者です。適度なリビドーやエロティシズムがなければ人類は滅びます。)
 
断っておきますが、『フォトン』はエロではありませんよ。
「おバカ」な方です。
久々に今見ても楽しかった。(※キャプションなしで画像だけ並べていると18禁ものに誤解されそうだが。)
 
で、なら、私は自由かと言えば
  
そんな私にも許容出来ないものがありますよ。
 
「ジェノサイドもの」でしょうか。
人を殺す作品は(人の死、ではなく、ただ、嗜虐性に傾いているもの)、アニメなればこそ躊躇って欲しい。
(「しゃがら」という漫画を描いていた作家のセリフとしては説得力がないかもしれませんが(笑)。・・・あの時は若かった。)
 
最近のテレビアニメで、突出して、残虐性という意味で扇情的なものが増えているのが、ちと気になる私でした。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-08-12 08:50 | Comments(8)

Commented by よろづ屋TOM at 2009-08-12 12:07 x
うわー。アップするだけでもお疲れ様でした。
キャプションなしで拝見してますが、スクロールしてたらなんか昔アニメの生フィルムを手に入れた時のあの感覚がよみがえってきましたよ。
このままでもAのでは…なんて書いたら怒られそうですが。

友人から読子さんを薦められて、そのままテレビシリーズにどっぷりハマりまして。(テレビシリーズなのに放映を知らず、レンタルですが)そしてかみちゅ。ハッと気づくと私も舛成さんに“黙ってついていってた”ファンになってました…ただ、私90年代はアニメから遠ざかってたのでこの辺のは知らないんですよ。
近所のTSUT◯YAは品揃え悪いんでこーゆー昔のは絶対無いな…

残虐性といえば、テロリズムバンザイな奴とか、遊びで殺しをしたがるキャラやそれを妙に醒めた見方をする主人公側のキャラが出る話には不愉快な気分になりますねえ。
それがそいつらがそうなってしまった経緯がちゃんと描かれるか、見え隠れするなら意味もあるんですが『フルメタ』『パトレイバー』『バーディ』またZ以降の『ガンダム』ではどうも憎々しい悪役欲しさに出してるようにしか見えないのが安っぽくて説得力に欠けるように思います。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-08-13 03:55
よろづ屋TOM 様
いらっしゃいませ♪
はい、すみません。
はっきり言ってアップ画像の量、やりすぎです(笑)。

ただ、他にアニメ「フォトン」に関して、今、あまり触れられていないようだし、画像的にもネットで拾えないので、自分でやっちゃいました。

ご覧いただき有り難う御座います。
 
ちなみに「R.O.D」は大好きですね。今でも最近作と比べても高得点です。
舛成さんもさることながら、脚本家、倉田英之さんのお仕事も注目していてアニメ「かんなぎ」は傑作だったと思います。
『かみちゅ』みたいなセンシティブな作品をもっと作っていただきたいし、見たいと願っております。
 
ちなみに話が変わりますが、私が最近作で「う~ん」と思ってしまっている作品のひとつは、はっきり書くと、アニメ「シャングリ・ラ」です。(原作の方は知りません。)
 
TOMさんが、ご自分のブログで、かなりディープに「ガンダム」を含めた論説を展開されているのには感心しております。(ファースト・ガンダム以外は知らないのでガンダム関連にはあまり言及出来ない私なので書き込みは遠慮させていただいておりますが・・・。TOMさんのエネルギーは凄い。)
Commented by よろづ屋TOM at 2009-08-13 22:09 x
恐れ入ります。ご覧いただいてたんですね〜!感激です。
でもガンダムは私も他のアニメと同程度にフツーに観てきただけなんで、どっかから「ソレは違う」と突っ込まれるんじゃないかとハラハラしながらアップしてました。
実際、Z以降はほとんど観てませんよ。
ホントは突っ込み所満載だと思いますが、みなさん堪忍してくださってるんでしょう。

『かんなぎ』にはもうメロメロです。記事も何度か書き、『TINAMI』のかんなぎイラスト祭にも一番乗りに参加したほどで。(つぐみちゃんメインですが…沢城みゆき嬢が好きで)
エネルギーと言えば、倉田さんがらみの作品はほんとにパワーくれますよね。
かんなぎ放映当時かなりウツだったんですが、あの作品が毎週カンフル剤になってました。

ガンダムと戦争のネタはこれで終わりますが、次の記事はまた男の子向き食玩ネタ。よろしければまたお越しください。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-08-14 00:36
よろづ屋TOM 様
いらっしゃいませ♪
TOMさんがブログ記事で書かれていたような、「戦争」に関しての考察は大切なことだと思います。
実際に、第二次大戦時における爪痕や今でも生々しい記憶、記録を残す現地に足を運ばれて「考えた」という話は真摯に拝読すべき内容でした。
 
因果なことに、私などはアクション映画の影響で「銃器」が好きという嗜好があるんですが(汗)。
(男は仕方がない所があるんですね。)
 
『かんなぎ』、そんなにハマっておられましたか(笑)。
アニメ版の構成は秀逸でした。いたく賛同します。
 
私、「絵」の嗜好から、「好きな絵柄」、「好きなキャラクター」という感じで入っていく方なんですけど、でも、いちばん大切なのは「物語」です。
良い脚本ですね。
それを理解した(優秀な)演出家が気合いをいれた仕事をした作品は輝いています。 
 
どんなにヴィジュアルが良くても、お話しがダメだと残念なものになりますね。
 
僕たちは「いいお話し(楽しめるとか含蓄があるとか色々な意味で、いいお話し)」が好きなんだと思いますよ。
ジャンルを問わず。
Commented by とおりすがり at 2009-10-07 20:03 x
「フォトン」といえば構成(要するに脚本)を担当した黒田洋介さんによる小説版(富士見ファンタジア文庫)も良いですよ。
黒田さんの作品(黒田さんが関わっている作品)は、「(おちゃらけているようで実は)深い作品」が多いので好きなんです。

Wikipediaのフォトンの記事は、やたらと薄っぺらい記事になっていますがww(小説版については一言も触れていないしw)
Commented by PINKNUT_INC at 2009-10-08 06:51
とおりすがり 様
とおりすがりさんは、アニメ関連の書籍の方にも精通されていらっしゃいますか。(感心・・・。)
 
小説版の方までフォロー出来ていない私が言及すべき感想ではないのかもしれませんが、ファンとしての立場でさえ、黒田洋介さんの手がけた「アニメ」は、私の「好き」と「苦手」が別れてしまいます。
 
先日放送が終わった「ファントム」というアニメは、シリーズ構成で関わられていたようですが、・・・あれは残念でした。
 
ファンの勝手な戯言なのかもしれませんが。

勿論、大好きな黒田作品もありますよ~~♪。
Commented by Power-Factory at 2009-12-18 02:05 x
>舛成孝二監督のクレジット(今作が初監督だそうです。)
ラムネ&40があるでしょう。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-12-20 09:31
Power-Factory 様
いらっしゃいませ♪。

あ、ホントだ。
「OVA:NG騎士ラムネ&40 EX ビクビクトライアングル 愛の嵐大作戦」のことですね。
「ますなりこうじ」名義でしたっけ。初監督作品ということです。
 
では、『フォトン』は、漢字表記の「舛成孝二」名義での初監督作品、と、訂正させていただきます♪。

<< アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』~第... 涼宮ハルヒの憂鬱~エンドレスエ... >>