焦った、焦った。・・・嗚呼、タブレット・ペン。

私はタブレット・ペンで、もっぱらパソコンを操作している。
 
馴れというのはえらいもので、もはや「マウス」ではパソコンが扱えないのだ。
 
ところが、愚かな私は数本あるタブレット・ペンをすぐに行方不明にする。
「すぐに」と言っても、まー、一年に4~5度くらい。
 
大抵、予備があるから困らないのだが。
(行方不明になったものも、ひょんな所から見つかったりする。)
 
なんで、なくすのかというと、よく部屋から「何か用事を」思い立ったり、人に呼ばれたり、玄関に訪問者があったりした時に、作業中のタブレット・ペンを持ったまま出てしまう。
 
このあとが悪い癖、その室内の出先で、ペンを置いてしまうのだ。
 
そうして、置いたペンを持ち直さずに部屋に戻って、今、玄関で受け取った荷物はてもとにあるのに「あれ、ペンは?。」ということになるのである。
 
『だったら、その玄関に置いてきたんでしょーが。』と思ったら甘い。
玄関に行っても無いのである。
もっと、途中のどこかに置いてしまうのだ。
 
・・・それっきり数日間見つからないなんてことがざらにある。
     
この度、続けざまにストックのタブレット・ペンまで全てなくして、青くなった。
 
もう予備がない。(部屋のどこかにはあるハズ。・・・でも、捜している時ほど見つからない。)
仕方がないので、マウスを持って操作を試みる。
c0137122_9191665.jpg
・・・これが、まったく操作がおぼつかない。(劇汗)
タブレット・ペンを扱う10倍の時間がかかってしまう。
焦った。
左クリック、右クリックも間違う。
(マウスに馴れ、タブレット・ペンを使わない人は、逆に、まるでペン・ツールが扱いづらいらしいが。)
 
私は、「お絵描き」とかだけにタブレット・ペンを使っているわけではない。
ウエブ・サーフィンやホムペ管理やインターネット・ショッピング等、全てにおいて、タブレット・ペン愛用者なのである。
 
マウスだと10倍遅い・・・。
  
これでは、作業にならないので、仕方なく、ネット通販で新しい「タブレット・ペン」を発注する。
(ものにもよるが、1本¥6,000~¥10,000もするのである。)
       
「新しいのが届くまで、数日間はガマンしよう・・・。」
と思った直後に、HDDビデオデッキのリモコンの影から、なくしたハズのタブレット・ペンが見つかった。
 
やれやれ・・・(笑)。
       
ま、発注した分はそれでいい。
何本あってもいいからだ(笑)。
         
 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-06-10 19:16 | Comments(6)

Commented by ぶぎょう at 2009-06-10 20:36 x
タブレットでマンガを書かれる先生はどの割合いらっしゃるんでしょうか?
これが、前から疑問でした。
未だに専門学校などではアナログでの工程を教えるそうですが、アシスタントにはいるとやっぱりアナログ作業メインということでしょうか、アナログ原稿しかうけつけない雑誌社もあるようですが??
ちなみに私はタブレット購入してから一回もペンを換えた事がなかったりします。もう8年目ですけどペン先すら購入時のものを使用しているというところですw貧乏性ですねw
Commented by いき♂ at 2009-06-10 20:58 x
タブレットペンは細いから狭い所に入り込んじゃうんですよね。
……私はマウスしか使えない派ですが(絵、描かないし)
ペンタブに慣れるとマウスが使えなくなるというのは聞いたことがあります。
それにしても10倍ですか……。
操作するの、もどかしそう(笑)
Commented at 2009-06-10 23:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-06-11 02:53
ぶぎょう 様
いらっしゃいませ。
以前、ぶぎょうさんが、「タブレットペンで直接、絵を描いています。」という主旨の話を伺って感心したクチです。
 
私は「つけペン」の扱い方に、絵を描くエネルギーを費やしてきました。
今でも、鉛筆と白い紙(原稿用紙)が作画の絶対アイテムなんです。
 
ペン入れも、長い線や曲線を一発で決めるスキルを身につけたわけで、これは捨てられないですねぇ。(まだまだ、下手くそなまんまですが。)
「一発で決めるスキル」の方が、デジタルで修正するのを前提にしているやり方よりも効率的だからです。

でも、アナログ、デジタルの両方の良さを知っています。

だから、今の私は両方を使います。(彩色はすっかりデジタル派です。)
 
ただ、机上の原稿用紙に向かうのと、モニターを見続ける作業とを比較すると、私の場合、モニターを凝視は辛いです(笑)。
 
アナログの原稿用紙に向かっている方が、同じ疲れ方でも回復が早いです。(私の場合ですが。)
       
原画はアナログで、仕上げはデジタルで、というスタイルになりつつありますね。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-06-11 02:53
いき♂ 様
タブレットペンの紛失騒ぎは、私の部屋が散らかっているので物を迷子にしやすいだけのことかもしれません(恥)。
最近は、整理整頓を心がけていますが、すぐに散らかるのは何故?。
 
マウス以外にもキーボードそのものも苦手だったりします。
キーボードのブラインドタッチが出来る人が凄いと思ったりする私です。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-06-11 02:53
非表示コメント(2009-06-10 23:52 ) 様
いつもお世話になっております。
(タイトルが「?」だけど)楽しみにお待ちしております。
 
実は私の方からも、ナニをナニする予定があります。
(最近のは・・・・・・・・・・です。)
  
タブレット・ペンは使わないなら使わなくても、普通の用途では全く困らないのですけどね。「でも、(私的には)塗り絵、彩色には必須かな。」
単に「馴れ」だと思います。

<< ジャズバー『Whetstone... CLANNAD ~After ... >>