Final Fantasy VIII - Eyes On Me

悲しいことがあって、

その悲しいことを、悲しんでいられないような慌ただしい日々の過ぎるうち、

自分の中に、どうしようもなく「ふさいだ気分」が根付いていることにも気が付く。

(その反動としての、大きなプラス・エネルギーもどんどん溜まっていて、噴き出す頃合いを待っているのですが。)
 
そんなおり、知人が素敵な『動画』を紹介して見せてくれた。
  
(※どんな動画だったのかは秘密♪。・・・私を起点に上手く辿れば、今なら誰にでも見られる動画なので、秘密でもなんでもなくなるのだけれど・・・(笑)。ここでは、一応、伏せておきます。) 
c0137122_673569.jpg
(↑ ※ことわっておくけれど、この画像は後述する事柄に絡む。)
    
その知人の紹介してくれた、とある『動画』を見て、私は知人の思惑通りに"笑顔"になっていた。
    
誰でもノックアウトされる魔力のある「ひと言」がメッセージにあった。   
 
言葉や、その言葉を発する人の仕草は『魔法』のようなチカラがある。
幸せな気持ちにもなれた。
とてもしあわせな気持ち。
・・・いたって、シンプルな情動と反応です。
 
人から貰った笑顔に、自分も笑顔が浮かぶという素直な反応。
 
さて、その『秘密の動画』絡みで、ダイレクトに懐かしく思い出したのがタイトルの
「Final Fantasy VIII (ファイナルファンタジー8)- Eyes On Me」だ。
 
動画のその人が、別のトラックでこの名曲を歌っていたからだ。
 
Final Fantasy VIII - Eyes On Me
紹介するまでもない、超有名な初代プレステ・ゲームの名作タイトルです。
(・・・にしても、あらためて見ても、ホロリとくる。・・・。素晴らしい。妙にリアルすぎて実写と変わらなくなってきた10以降~実写と勘違いするほどになると「絵」にする意味がないでしょ~に比べて、ある意味瑞々しいです。~ラストのラストにFFのメイン・テーマが劇中初めて流れる、オリジナル・ゲームの仕様にも涙ものの感銘を受けました。「絵を作る」という作業に対するリスペクトを感じます。)
  
Faye Wong(フェイ・ウォン)さんの主題歌は私も大好きで、このゲーム自体、当時は100時間以上、繰り返し、プレイし尽くした。(物語や、色々なエピソードに本当に感動したよ。夢中になったものです、当時は。今でもFFの中で「8」がとりわけお気に入りかな。)
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
     
・・・私も、ホントに・・・好きです!。
   
とても素敵な歌声と演奏でしたよ。
・・・いえ、Faye Wongさんの方ではなくて・・・。(*⌒▽⌒*)
                       
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-04-29 06:22 | Comments(6)

Commented at 2009-04-29 07:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cyah at 2009-04-29 22:57 x
プレステ版で一番好きだったのは9ですね。(一番遊べたし、スーファミからの良い意味での遺伝子を引き継いでいたという事で。)
PS3に手を出す根性は今の所ありません。(プレステ2のXIIはやってみてもいいかなと思うけど、今ゲームにつぎ込む時間がありません orz 。)
Commented by PINKNUT_INC at 2009-04-30 05:55
非表示コメント (2009-04-29 07:59) 様
ふふふっ。
貴方と、貴方の知っているレディのことですョ(笑)。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-04-30 06:03
cyah 様
はい。
こういうゲームや趣味嗜好のことに関しては、皆様、それぞれの思い入れが正解です。
(私が「リアルすぎて、ゲームキャラというより、生身の歌手の方が全面に出てきているなぁ・・・」と感じてしまうFF10シリーズも、それが「最高ッ」と思っているファンには、それが正解なんですから♪。)
 
ともあれ、そういうファン層から熱烈に支持され続けている「FFシリーズ」は、どのタイトルも名作揃いだと言えるでしょう。
 
リニューアルしている「FF7」の新しいやつもプレイしてみたいのだけどね。・・・ハードの方を持っていない。(クスン。)
Commented at 2009-05-02 08:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-05-04 06:07
非表示コメント (2009-05-02 08:20 )様
いえいえ、私はオープンに語りかけたいのですが(笑)、語りかけちゃっていいのかな?。
 
ここはオープンにお返事します♪。
 
そうだよね。
劇中でも、あの「名曲」はバーで演奏されていましたよね。
「FF8」は、ストーリーが重層構造になっていて、過去の話や今、そして未来に向けてまで、全てがとても瑞々しく息づいている話として感銘を受けました。
 
貴女の歌声は・・・、私には胸にキュンキュン来ました。(どんな日本語だ(笑)。)
なんと清涼な声質。
素敵です!。
 
すっかり遅くなった贈り物の「イラスト」、ちゃんと完成させますので受け取ってくださいね。
背景は、色々なパターンにして、何種類ものデータをCD-Rに焼き付ける予定です♪。
(〃∇〃) 

<< ファイナルファンタジー 「70,000Hit」有り難うッ! >>