アニメ『さよなら絶望先生』レビューのつづき

アニメ『さよなら絶望先生』レビューのつづきだ。
 
何せ、ストーリーものではなく、「ツッコミ人間図鑑」の様相を呈している内容なので、特徴的なキャラが多い。
 
糸色 望(いとしき のぞむ)という教師が主役ではある。
ちなみに、この名前、このように横書きにして、よく眺めると「ぜつぼう(絶望)」とも読める。
で、『絶望先生』となる。
c0137122_0341490.jpg
c0137122_0343036.jpg
c0137122_0344574.jpg
c0137122_035255.jpg
c0137122_0382011.jpg
こういう出だしながら(笑)、じつはこんな前フリは重要ではない展開になる。 
ポジティブ少女、風浦可符香は人物図鑑の一人にすぎない。
 
さて、キャラ紹介をしていく。
このキャラ紹介の画像の多さだけでどこかからクレームが来そうだ。(だって、仕方がない。こういう論法でレビューするのがいちばん分かり易いんだもん(汗)。)
~権利者からクレームがついたら「全削除させていただきます」(泣笑)ということで、とりあえず、ご紹介。 
 
ひきこもり少女、小森霧(こもり きり→こもりっきり)
c0137122_0383680.jpg
潔癖ロジック少女、木津千里(きつ ちり→きっちり)
c0137122_038569.jpg
ストーカー少女、常月まとい(つねつき まとい→常に付きまとい)
c0137122_039147.jpg
帰国子女で性格がバイリンガル、木村カエレ(和風性格になると「木村楓」)
c0137122_0392984.jpg
絶望先生と木村カエレが早速トラブル。(投身自殺を結果的に止めたのだが)
c0137122_0394432.jpg
不可抗力のパンチラ(チラではなく全開です)
c0137122_040222.jpg
「告訴しま~す!。」「これは完全なるセクハラで~す!。」
c0137122_0414631.jpg
被DV疑惑少女、小節あびる(こぶし あびる)。この子の名前の由来が私には不明。
c0137122_042621.jpg
不法入国少女(?)、関内・マリア・太郎(せきうつ マリア たろう)
c0137122_0431256.jpg
腐女子、 藤吉晴美(ふじよし はるみ)
c0137122_043316.jpg
メール依存少女、音無芽留(おとなし める)~「メールでは毒舌」系。
c0137122_0434957.jpg
めるちゃんと木村カエレのバトル。
c0137122_045988.jpg
さっそくパンツ見せキャラ本領発揮。
c0137122_0452927.jpg
この場合、カエレさんの方が気の毒っぽい(笑)。
c0137122_0454477.jpg
新井智恵先生(つかみどころのない性格)。大人のショートヘアーが私の好み。
c0137122_0455914.jpg
智恵先生のパンチラ・サービスもあった。(あと何故か小森霧との行水シーンとか。)
c0137122_04614100.jpg
ことほどさように、個性豊かなキャラクターのオンパレード。(キャラが多くて紹介しきれない。三珠真夜(見たままよ)とか、日塔奈美(人並み)とか。)

 
そのキャラクターの設定そのものがステレオ・タイプだし、それ自体が時事ネタや批評論調、ツッコミ、ギャグになっている。
 
テレビアニメの第一期では、その個々のキャラクター紹介編に、エピソードの尺がしっかりとあてられていて、そういうアプローチや展開だけで、非情に面白い。(ドラマチックなストーリーなどはない。要はコメディだから。)
     
食わず嫌いをしている人ほど、意外とハマるかも、です。
   
スカート、ヒラヒラとか、軽い露出とか、脈絡のない刹那的なサービスシーンもけっこうある。
絵柄が上品なので本スジとは関係ないが、とてもエロチックだ。ツッコミだけだと殺伐とするから、エロチシズムも何となく緩和剤にもなっている。これは監督の趣味かも。
 
かなり、「毒」のある時事批評ネタが多いようで、突き刺さるようなイヤな感覚が突出するわけではなく、むしろ妙に、「うふふっ」と笑って発散してしまう清々しさはなんだろうか?。(清々しいと書いてしまっては語弊があるかもしれない。)
 
でも、なんとなく、美少女がてんこもりで、糸色先生はパッと見、様子の良い青年なので、いつの間にか女生徒たちのベクトルが糸色先生に向けられている感じもなきにしもあらず。
 
全編のBGMや、オープニング・テーマやエンディング・テーマの歌などもいい。
        
アニメ版の第一期は、私は傑作だと思います。     
(でも、やはり好みの別れる作風やテンションではあるのかな?。)
              
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-01-30 01:56 | Comments(4)

Commented by MAR at 2009-01-30 16:00 x
 こんにちはー。

 小節 あびるちゃんの名前の由来は「被DV疑惑少女」
ということですし、
「拳を浴びる→殴られまくっている」
 ではないでしょうか。多分。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-01-30 21:29
MAR 様
あぁ、成る程!。
私は、 「小節」を←「こせつ」→骨折?、と思っていたので、「あびる」という名前が、タレントからの流用かな?、と整合性のない解釈をしていたのだけど、謎が氷解いたしました。
「拳を浴びる」ね。「こぶし あびる」か。
きっと、それが正解だと思います(笑)。
Commented by cyah at 2009-01-30 23:38 x
原作はもっと毒性が強いですよ。(出来れば原作の方、いっぺん目を通すことをおすすめします。)
それにしても、この作品をよくアニメ化したものです。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-01-31 21:21
cyah 様
それはぜひ読んでみなければなりませんね。
原作をちゃんとコミックス単位では読ませていただいたことがないので。
ネットで検索したら、コミックスの装丁などもとてもお洒落な感じです。

<< アニメ『俗・さよなら絶望先生』 アニメ『さよなら絶望先生』 >>