アニメ『アイドルマスター/XENOGLOSSIA(ゼノグラシア)』

アニメ『アイドルマスター/XENOGLOSSIA(ゼノグラシア)』

サンライズのテレビアニメ、2007年度、全26話。

「アイドルマスター」というのは、そういうアイドル育成ゲームみたいな原作がある。
だから、そのアニメ化なんだと思っていた。
マスメディアと女の子たちの青春ものだと・・・。

だから、あのゲームの「アイドルマスター」?と思って騙されて見ていると、
c0137122_2036439.jpg
タレント・オーディションみたいな導入部があるからその気になるし。
c0137122_203742.jpg
実際、地方の各地からオーディションに合格した女の子達が上京してくる。
c0137122_2037198.jpg
ところが、「アイドル」(!)という名称の"人型メカ"が登場して、
c0137122_20373616.jpg
女の子達は、そのロボ・メカに乗り込む「マスター」要員だと判明。
c0137122_2039224.jpg
視聴者もヒロイン同様に騙される(笑)。そこへ敵メカも登場。
c0137122_20392044.jpg
なしくずし的に、メカバトル・イベント炸裂である。
c0137122_20395141.jpg
c0137122_204012100.jpg
しかしながら、メカバトル以外には、「着ぐるみ芸人娘」が登場したり、
c0137122_20402759.jpg
ルーティーンなサービスで、女の子達の水着イベントの話数もある。
c0137122_20412794.jpg
なんとなく、女子学園ものや、コミカルな要素も多くて貪欲すぎる内容。
c0137122_2042786.jpg
お決まりの『巨乳』VS『貧乳(もしくは普通の乳)』イベントもある。
c0137122_2042227.jpg
「おっぱい」ネタを美少女アニメは避けて通ってはいけないのである(笑)。
c0137122_20423942.jpg
この話数以外にも、女の子達の入浴シーンや着替えシーンは多かった。

そんな、「狙い要素」見え見えの展開から、ずいぶんと脳天気なシナリオを予想するし、途中までのノリは当たらずとも遠からずな内容だったが・・・、ところが!、最終話に向けた後半の展開が、妙なテンションで盛り上がってくるのだ。
 
いつの間にか、かなり本格的な「熱血感動バトル・アニメ」に変質していって、あの名作(?)「トップをねらえ!」の最終話を彷彿とさせるようなクライマックス(感動編)になっていくのである。

最終話を見る前には、主要キャラの女の子たちが「わぁ、何人生き残ってくれるんだろうか・・・」というハラハラな展開になってくる。(敵キャラも含めて、最終話前には既に何人か死んじゃってるし・・・。)
c0137122_2047875.jpg
最終話のタイトルは意味深。
c0137122_20472877.jpg
劇中で登場人物たちによって語られる台詞に『最初のペンギン』というフレーズがある。それの意味する所を私は知らなかった。
「最初のペンギン( first penguin)」~ "不確実性の海へ"。
そういう、言葉があるそうなのである。
つまり「最初に(鳥なのに、空ではなく、よりリスクのある)海に飛び込んだペンギン」とは「勇気ある者」の例えという話。
c0137122_20474449.jpg
ヒロインたちは「最初のペンギン」だったのだ。
c0137122_2048196.jpg
最終話は、壮絶である。
c0137122_20481583.jpg
・・・・あ~、みんなが・・・。
c0137122_20491980.jpg
ネタばれになるから書けない。
c0137122_20493278.jpg
この娘のことも詳しくは語れない。
c0137122_20494816.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
c0137122_2050289.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
c0137122_20501924.jpg
ラストは、もう素直に泣ける人もいるかも。
(この感動の尺度は、見る人のコンディションや、テンションによって変化するから、さほど強引に「感動作品です」とは、私は言明はしません。)
 
ただ、好感は持った。
 
たまに、アニメの長尺のシリーズ作品によっては、エンディングを見た後「今までの私の視聴に浪費した時間を返して!」と言いたくなるような、とんでもない虚無感にとらわれる作品も稀に存在するのだが、本作品『アイドルマスター/XENOGLOSSIA(ゼノグラシア)』は、良い意味で、視聴者を何度も裏切ってくれる、妙な作品である。
 
ここに紹介した要素が、お好きな人なら、ご覧になられて損はないかと・・・。
(圧倒的に、熱烈な推奨をするわけでもないけれど、私は楽しみました♪。) 
            
アイドルマスター XENOGLOSSIA - OP1
    
↓ シリーズ後半、ストーリーの深刻な展開に合わせて、オープニング・アニメが変わる。         
アイドルマスター XENOGLOSSIA - OP2 

アイドルマスター XENOGLOSSIA - ED
                      
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-01-11 20:36 | Comments(6)

Commented by cyah at 2009-01-11 23:03 x
サンライズが「萌えアニメ」やると、伝統的に「燃えアニメ」になってしまうのですよね。(「舞-HiME」シリーズもそうだったし。)
Commented by PINKNUT_INC at 2009-01-11 23:17
cyah 様
cyahさんが、先行してずいぶん前に、このアニメのレビューをブログに書かれていましたが、私も「その感想と同じ感覚」を確認した次第です(笑)。
Commented by ぶぎょう at 2009-01-13 02:35 x
サンライズは最初断ったそうですね そのときにうちに任せるとこんな風にしちゃいますよ
とわざとロボット風味の企画をだしたそうです。
ところが どこの製作会社からも断られたナムコが、それでもいいですと承諾してしまった。
それで あのとんでも設定ができてしまったそうで、ユーザーの気持ちは複雑ですよね。
Commented by PINKNUT_INC at 2009-01-13 05:15
ぶぎょう 様
これはまたユニークな情報を有り難うございます。
面白い裏話ですね。
興味深いというか、それが事実なら、いやはやなんとも、ですね(笑)。
まぁ、企画そのものが、企画室やチームのものだろうから、へそを曲げる個人(原作者や作家)は、別にいないのか。
 
受取手のユーザーの反応に、あとはお任せということでしょうか。
私としては、「普通にアイドル・メーカーなおはなし」も見てみたかったとは思います♪。
Commented by eirand at 2011-03-09 18:47 x
ゼノグラがなにを言われてのあろうとゼノグラは最高作や  これ全話みてもう涙した・・・多分アニメで泣いたのは初めて。普通のアイマスもゼノグラも大好きや
Commented by PINKNUT_INC at 2011-03-13 17:05
eirand 様
いらっしゃいませ♪
 
感動、お気に入りは、みなさんの判断がそれぞれにいちばん正しいのです。
エンターテイメントの価値とはそういうものですから、自分が"マイベスト"と思うものは、不朽の"マイベスト"でいいのですよ!もちろん!。

<< なんだ、なんだ、この寒さはっ アニメ『キディ・グレイド』(K... >>