アニメ『魔法使いTai !』

アニメ『魔法使いTai !』のレビューです。
 
このタイトルは「まほうつかいたい!」と読む。
「~したい」と「隊」をかけているわけだ。
 
高校生の部活動で「魔法」をアカデミックに研究して、人のため、世の中のために魔法を使おうというサークル(同好会)の話である。
 
1996年のOVA版(全6話)が最初で、3年後、WOWOWでテレビアニメ(全13話)としても放送された。
ノベライズもされたし、コミックも2人の作家さんによる(アニメ版と趣の違う)単行本などがあったんじゃなかろうか。
c0137122_23423817.jpg
この子がメイン・ヒロインの沢野口沙絵(さわのぐち さえ)ちゃん。
c0137122_2343134.jpg
沙絵ちゃん、綺麗な横顔だが、じつは終始、稀代のドジっ子キャラである。
c0137122_23431910.jpg
リアルに考えてみれば、箒にのって飛ぶというのは難行なんじゃないか?
c0137122_23443185.jpg
浮こうとする力と重力の拮抗。お股に箒の柄が食い込むのである。
c0137122_23444920.jpg
これは痛い・・・のか?。
c0137122_23451166.jpg
さりげなく、このアニメは妙な所が真剣にリアルなんである。
c0137122_23454520.jpg
で、何故か一介の同好会が、地球侵略に来た宇宙生命体と戦うハメに。
c0137122_23464210.jpg
触手攻撃である。
c0137122_2347051.jpg
下の2枚は妄想部長、メガネの高倉 武男(たかくら たけお)の・・・
c0137122_234724100.jpg
想像逞しいイメージであって、現実ではないサービスカット。
c0137122_2347427.jpg
私は、このアニメが技術的にどうとかこうとか言う以前に、もう「大好き」なのである。
なんと善良で、少しHで、可愛くて、とんでもなく妙なリアリティもある、「素敵」な作品なんだろうか。

人の心のひだを描き込むための描写、演出としてのクォリティには「はっ」とさせられる。そんな話数(エピソード)がある。
~概ねは、ほのぼのと笑いながら見られる展開が主体なんだけど。
そんな作品だから、人生の機微や青春、恋や友情がさりげなく描かれているのは好感が持てる。

中富 七香(なかとみ ななか)ちゃんは、ボーイッシュで、沙絵の親友。
c0137122_193690.jpg
現役アイドルの愛川 茜(あいかわ あかね)ちゃん。
c0137122_19544.jpg
メイン・ヒロインはこの3人で、それぞれのエピソードが巧く絡み合いながらよく描きこまれている。
 
OVA版、テレビアニメ版ともに、文句なく素晴らしいマイ・フェバリット・アニメである。

Mahou tsukai tai ~ OVA版OP

Mahou Tsukai Tai! OVA版 ED - 「Mata Ashita」
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2008-11-03 00:06 | アニメ | Comments(2)

Commented at 2008-11-03 13:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by PINKNUT_INC at 2008-11-04 06:39
非表示コメント 様
も、なんかスパム来るのは防ぐ決定打がないなぁ(笑)。
エキサイトブログさんにシステムとして防御策を頑張ってもらうしかない。
はい。今は個人対策として、スパムが来たら、せっせっと削除するのみです(笑)。

<< ああ、オムライス 星になった声優さん >>